D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ あらすじ 後編

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ あらすじ 後編


前編はこちら


D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

先に進むとフレアウェポンがいた。炎を操る強敵だったが、苦闘の末にこれを討ち果たす。一段落ついたので、街に戻ってサブキャラ達との情事を楽しんだ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟に戻って先へ進むと、テレスが再びスレインと対峙していた。しかし、実力の差はいかんともしがたく、あっけなく倒されてしまう。このままではテレスが殺されそうだったので、助太刀に入る。スレインは時間の無駄だと言って消えてしまったので、とりあえず命拾いしたようです。だが、自分の力の無さを恨むテレスは、かなり思いつめた様子でした。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

シヅキさんが話があるというので、夜に俺の部屋にやって来た。話はユウラのことでした。俺は隠していた事を全て話し、シヅキさんも俺がユウラを真剣に救おうとしていることを理解してくれた。話が終わって帰ろうとするシヅキさんだったが、こんな夜中に男の部屋に来た女をそのまま帰すほど、俺はお人好しじゃなかった。俺はシヅキさんを強引にベッドに押し倒した。しかし、押し倒されていたのは俺の方だった。ちっ。ちなみにエロゲ版では成功(性交)するみたいです。シヅキさんを見送った後、夜の街を一人で歩いているテレスを見かけたが、ここは放っておいた。しかし、翌朝になって診療所からユウラが姿を消していた。どうもテレスが連れ出したくさい。俺は再び洞窟へ潜入する。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

ユウナを連れて洞窟を進むテレスの前に、スレインが現れた。ユウナは拉致され、テレスも捕まってしまった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

スレインは俺の事を待っていたようだ。目当ては、俺の持っているアミュレット。テレスを人質に取られていては為す術もなく、アミュレットはスレインの手に。スレインが消えた後、何やこんながあって、テレスとチュー。そして……(家庭用なので自粛)

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

サギアとの再戦に。すんなり倒すことはできたが、サギアの目的はただの足止めだったようだ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟の奥にスレインがいた。その両脇にはユウラとアミュレットが。ユウラの体には無数の光る紋様が浮かんでいる。出会った時のように。スレインは、遺跡を封印するためだけに作られた人形、つまりは道具にすぎないと言って、ユウラを蔑んだ。俺は遺跡の解放を止めようとしたが、時既に遅かった。遺跡のドアが開き、スレインはその奥へと姿を消してしまった。自分が人間ではないことを悟って気が動転しているユウラを、俺は何とかなだめて地上へと連れ帰った。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

その夜、ユウラに誘われて診療所の外へ。
「……好き……です……。」
ユウラに告白された。
「ハイドさん……お願い……です……もっと…もっと、強く…抱きしめてください…。」
というわけで家庭用なので自粛。翌朝、サクラに叩き起こされた。ユウラが診療所から姿を消したというのだ。恐らく遺跡に向かったのだろう。ユウラを追って遺跡に入ろうとするとサクラに呼び止められた。俺にこれ以上危険なマネはしないで欲しいと哀願される。サクラには悪いが、ユウラを放っておくわけにはいかなかった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

スレインが入っていった扉の奥へ足を踏み入れると、そこにはウォードラゴンが待ち構えていた。苦闘の末、俺はウォードラゴンを倒し、ユウラの足取りを追った。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟の奥の扉の前にユウラがいたが、守りたい人のために自分ができることはこれしかないと、旧世界の遺産の封印のために一人で遺跡の奥へと行ってしまった。旧世界の遺産とは、人間が精霊の力を手に入れるための危険な装置らしい。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

すっかりやる気を失くした俺は自暴自棄になっていた。ギュランからアミュレットを受け取ったが、今更な気分だった。しかし、そんな俺を見かねたサクラの
「そんなの……ハイドらしくない」
という言葉に発奮。お互いの愛を確かめ合い、そのままベッドインした。我ながらホント節操のない男だ。翌朝、遺跡に向かおうとする俺をサクラが呼び止めた。忘れ物だと言って熱い口づけを。そして、絶対に帰ってくると約束して洞窟へと入っていったのでした。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟の最深部にはスレインがいた。ヤツの目的は、旧世界の遺産によって生み出された化け物を甦らせることであった。そして、それをただ見たかっただけだとか。よく分からない自分哲学を振りかざして、それを正当化していた。こんな野郎は必殺のインフェルノで瞬殺だ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

更に奥へと進むと、ユウラが封印の作業を行なっていた。しかし、あまりの強大な力の前に、カストールとかいう遺産が産み出した化け物に、逆に取り込まれてしまった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

すると、アミュレットが共鳴し、カストールの中のユウラが語りかけてきた。カストールの力を少しの間封じ込むから、その間に倒してくれという話だった。カストールを倒したら中のユウラがどうなるか分からなかった、今の俺に熟慮する時間はなかった。ここはやはりインフェルノで撃退する。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

ユウラは無事でした。しかし、カストールから解放された精霊の力が暴走してしまう。そこへ、テレスが助けに来てくれたが、生きていたスレインの仕業で遺跡内に閉じ込められてしまった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

ここでユウラが暴走した精霊の力を封印する事を決断した。俺は必死に止めたが、ユウラの決意は固かった。こうする以外に、この世界を、愛する人を守る術は無いのだと。俺はユウラと最後の口づけを交わした。
「わたし、ハイドさんに出会えて……本当にうれしかったよ…………。神様に感謝しなくちゃ……ハイドさんに出会えたこと……ハイドさんを愛することができたのを…………。ハイドさんに出会えてよかった……。愛しています……心から…………。」
そして、全てが真っ白な光に包まれた……

アーヴィルの街は、今日も変わらることなく平和そのものだった。あの時遺跡で起こった出来事……。街ではちょっとした地震騒ぎがあったそうだが、特に大きな被害は出なかったそうだ。遺跡での一連の出来事は、街の人々に知られる事は無かった。アーヴィルの街は、何も知らず、平穏な時を送っていた……。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

テレスは自分探しの旅に出た。ギュランは、何かは知らないが自分の役目を終えたとかで街を去って行った。みんな自分の道を新たに踏み出していったが、俺は自分のやったことが正しかったのかと悩み、これからどうすればいいのか分からなかった。落ち込んでいる俺のもとにサクラがやって来た。そして、ユウラは幸せだったと励ましてくれた。俺はサクラの胸の中で男泣きした。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

運命は、変えられないのかもしれない。
だけど、生きているのは、俺たちだ。
俺たちは変わる事ができるのだと思う。
大切なのは今ここに俺がいる事。
サクラがいる事。
そしてユウラがいた事ーー
ここに”愛”がある事ーー

(おしまい)

バーチャフォトスタジオ

バーチャフォトスタジオ

バーチャフォトスタジオ発売日: 1996年3月29日
開発: ハイテクラボジャパン/トランスペガサス/ライトプレーン
販売: アクレイムジャパン
機種: セガサターン
ジャンル: シミュレーション
価格: 6800円
製品番号: T-8103G

実写の18禁ゲー。プレイヤーはカメラマンのアシスタントとなり、3人のモデルを撮影していく。無論、セガのバーチャシリーズとは関係ない。撮影の成功不成功の判定基準が単純にシャッターのタイミングと思われる。成功するタイミングにもある程度の法則があるので、最初は難しく感じましたが、要領が分かれば結構簡単です。



バーチャフォトスタジオ選べるモデルはこの3人。一番左の浅川優保さんは、グーグルさんに聞いてもわかりませんでしたが、真ん中の杉浦あゆみさんと右の中井淳子さんは元AV女優らしい。杉浦あゆみさんに関しては、ペナルティーワッキーの結婚の記事が一杯出てきたw

バーチャフォトスタジオまずはリハーサル撮影です。ここはポージングした瞬間を狙っていれば軽くクリアできます。

バーチャフォトスタジオ成功すれば、師匠から褒められて、次のステップに進むことができる。失敗すれば即ゲームオーバーです。この役者さんは蛍雪次朗さんという。テレビなどでも結構見る顔ですね。

バーチャフォトスタジオ次のステップはコスプレ撮影です。5種類からコスプレを選べ、この段階でモデルさんはヌードになっちゃいます。撮影が成功したかどうかは、画面右下のゲージを見れば分かる。このゲージがアップすると成功、ダウンすると失敗です。大成功なら師匠の顔マークが出ます。このゲージが満タンになるとステージクリアとなるので、ゲージが満タンになったら、その後は無理に撮影する必要はないです。まあ、終盤に撮影失敗というのは滅多にないので大丈夫だとは思いますが。コスプレ撮影は、全て成功させる必要はありません。

バーチャフォトスタジオ最終ステップはランジェリー撮影。これは3種類から選択できる。コスプレとランジェリーに共通する攻略法としては、序盤は確実にポイントを稼げる場所以外ではフィルムは温存しておくのがよい。おっぱいがオープンしてからが本番なので、モデルさんがポーズを決めてもスルー推奨。大抵は、おっぱいをポロンした直後にたくさんの成功ポイントがあるので、ここで連射して荒稼ぎするのだ。場合によっては、そこだけでクリアできたりもします。

バーチャフォトスタジオ撮影中に、いきなりモデルがやる気を無くすトラブルモードというのも発生する。発生はランダムではなく、撮影するコスプレやランジェリーで固定です。ここの選択肢に失敗すればゲームオーバー、成功なら撮影続行となる。一度成功させてしまえば、次回以降はその撮影を選択してもトラブルモードは発生しません。正解パターンの一例は以下の通りです。

浅川優保
コスプレ(5つ目の女王様)・・・「すぐ終わるから~」→「そんなにスグ~」→「後でシャワーを~」→「汗かくのは~」→「プロが仕事を~」→「多少我慢~」→「終わった後で~」→「メイクさんが~」→「ひどいな~」
ランジェリー(2つ目の青いキャミ)・・・「大丈夫~」→「何でも悪いほうに~」→「ひどいな~」→「プロは~」→「ゴキブリなんかに~」→「じゃ~」→「出てきたら~」→「ゴキブリは~」→「絶対に大丈夫!」
杉浦あゆみ
コスプレ(最初の女子高生)・・・「大人は~」→「悩むことない~」→「そうか~」→「そこが君の魅力~」→「いまの自然な~」→「本気だよ~」→「おねがい~」→「大丈夫~」→「これでも~」
ランジェリー(最初のエプロン風)・・・「どうして~」→「もっと早く~」→「メイクさんが~」→「これなら~」→「はやく君を~」
中井淳子
コスプレ(4番目のボディコン)・・・「大丈夫かい?」→「その前に~」→「御願い~」→「ボクは~」→「正直なとこが~」→「もちろんだよ」→「君なら~」→「トップモデルなら~」
ランジェリー(3つ目の豹柄)・・・「肌あれなんて~」→「見れば見るほど~」→「本当だって~」→「さすがだね」→「仕事をのばすのは~」→「ね、とにかく~」→「他の魅力で~」→「君みたいな~」→「撮らせてもらえて~」

バーチャフォトスタジオ撮影した写真の中から、気に入ったものは保存していつでも見れますよと。

バーチャフォトスタジオ3種類のランジェリー撮影を全て成功させると、最初からフルオープンなボーナス撮影ができます。これには成功も失敗もありませんので、煮るなり焼くなりどうぞ。

バーチャフォトスタジオ3人全員クリアすれば、パプアニューギニアへ移住する師匠の後を継ぐことに。

バーチャフォトスタジオというわけでエンディングです。

F1サーカスMD

F1サーカスMD

F1サーカスMD発売日: 1991年12月20日
開発: 日本物産
販売: 日本物産
機種: メガドライブ
ジャンル: レーシング
価格: 7500円
製品番号: T-71013

PCエンジンで公表を博したトップビューF1ゲームのメガドラ版。コースの再現性はかなり低く、かなり直線的なコースなので、とても周回している感じはしない。この手のゲームの元祖でもある「モナコGP」を複雑にしたような感じ。その分コースがシンプルなのでスピード感は味わえるのだが、理不尽なもらい事故も多いし、敵車の当たり判定まで削って爽快感を出した初代「ファミリーサーキット」の方が好きだな。



F1サーカスMDワールドチャンピオンシップモードでプレイ。最初は弱小の3チームしか選べません。ただでさえゲームが難しいのに、車は遅い。

F1サーカスMDチュートリアルなトレーニングモードがあって、ステップ6までクリアすれば、もうちょっとマシな車も選べます。

F1サーカスMD予選は失敗しても予選落ちにはならない。予選通過するまでやり直しです。この頃のF1には予選用のQタイヤというのがあって、通常のタイヤよりも性能が段違いなので、セッティングでQというのを選択しておくように。

F1サーカスMD決勝スタート。とにかくスタート直後は要注意です。前方で接触事故があったりすると多重クラッシュに巻き込まれてしまいます。とにかく敵車との接触が怖すぎる。いきなり失速してる奴とか、後ろから突然カマ掘ってくる奴とかいますから。

F1サーカスMDそんなわけで滅茶苦茶難しいです。まあ、レース毎にセーブできるのが救いですけどね。

F1サーカスMDそんなヘタレドライバーに朗報。エンディングが直で拝める裏技があります。最初のネームエントリーで、右下の決定マークにカーソルを合わせ、左上をホールド(親指1本ではなく2本指で上と左を抑えた方が確実)しつつ、BボタンとスタートボタンもホールドしてAボタンを押せば成功です。

F1サーカスMDというわけでエンディングです。これほどの手抜き記事は久々だなw

ブログ内検索

RSSフィード

リンク