バッケンローダー 後編「陽の当たる丘」

バッケンローダー 後編「陽の当たる丘」


前編はこちら


バッケンローダー

裁きの塔へ乗り込んだ俺達は、塔を護るチェザールを撃退し、囚われていたデュレンの救出に成功した。

バッケンローダー

皇都からの脱出を図る俺達の前に立ち塞がったのはカリフであった。かつて、俺が妹のために闘技会へ出場するための切符を争って闘った男である。
「また、勝てなかった…」
再度俺に敗れたカリフは、己の過去を告白する。彼は島の外の世界からやって来たという。島の外に別の世界があると聞いて、俺は驚愕するのであった。だが、島の霧に包まれて記憶を失ってしまったようだ。そして、カリフは息絶えた。

バッケンローダー

デュレンと共に、杜人の隠れ里へ向かう。重水処理施設は、杜人の守る古代遺跡を復元したもので、デュレンが平和利用のために杜人から譲り受けた技術であった。しかし、それをヴラドが悪用しようと、デュレンを失脚させ、杜人を迫害しているようだ。そこに襲いかかってくるベリル率いる美少年部隊。ナヨっとした風貌とは裏腹に手強い相手だった。俺達は追い詰められてしまったが、そこにブルーオイスターが現れて助けられる。俺達は遺跡に招かれた。そこで語られた杜人の真実。かつてエドゥアルド島を含む島々は、陸続きの大陸であった。そこで彼らは常温核融合の技術を持っていたが、それを悪用した者の実験のせいで大陸のほとんどが水没してしまったという。今やヴラドが、あの悪夢を繰り返そうとしているのであった。俺達は、何かを知っていると思われるレオーメのいる煙都へと向かった。

バッケンローダー

レオーメ宮を強行突破してレオーメと謁見する。国王とキャロルの行方については知らぬ存ぜぬの一点張りだった。彼女のかたくなさの裏にあるのは、ヘルダーに対する恋心なのか?しかし、彼らが幽閉されていると思われる、さまよえる塔「ジェントルジャイアント」の名前を出すと、その塔が煙都で制御できることを教えてくれた。

バッケンローダー

制御室へ行ってみると、そこは数多くのガーディアンで厳重に警備されていた。やはり塔に何かがあるようだ。俺達は警備兵を殲滅した。そして、オレンジが厳重なセキュリティーを解除して、制御装置の作動に成功。大きな振動と共に、砂漠に巨大な塔が出現した。

バッケンローダー

塔の内部に潜入。そこには囚われの身となったキャロルと国王の姿があった。それを守るワルターを倒し、2人の救出に成功したのであった。

バッケンローダー

国王の拉致監禁もヴラドの仕業だった。デュレンは、国王と共に一旦暴都に退いて体制を整えることに。一方、ザッパ達は身分をわきまえて、この戦いから身を引くことを決意するのでした。

バッケンローダー

暴都では、国王と剣帝3人による会議が行われ、ヴラドから皇都を奪還することが決議された。手始めに、重水処理施設のある霧都と、レアメタル採掘坑のヘビィ・Dを確保することとなった。俺は、当初はこれ以上危険な任務を続行する気はなかったが、最後まで見届けたいと、キャロルがこの作戦に同行すると言い出したので、自分が代わりに見届けてやると説得して、作戦に参加することになった。そして、一旦戦列を離れていたザッパ達も、再び仲間に加わったのである。

バッケンローダー

重水処理施設では、ヘルダー達が待ち構えていた。ヘルダーは、重水処理施設こそがこの世界を救う物だと信じて疑わず、かつてこの施設の暴走で双子島が沈んだというデュレンの言葉には耳を貸さなかった。俺達は、力づくで施設を占拠した。

バッケンローダー

しかし、すでに施設は稼動してしまっていた。オレンジが、施設の中枢につながる装置を発見したが、これを破壊すれば制御室ごと吹き飛んでしまう。それを聞いたザッパは、全員を施設から遠ざけると、単身で装置を破壊した。轟音と共に施設は破壊された。しかし、ザッパが戻ってくることはなかった。俺達は、自らの命と引き替えにこの世界を救ったザッパに敬意を表しつつ、重い足を前に踏み出すのであった。

バッケンローダー

続いてヘビィ・Dを管理する煙都のレオーメ宮へ向かったが、煙都は無残にも破壊され、レオーメも、故郷の双子島の水没がヴラドの仕業であったことを知ったヘルダーによって幽閉されてしまっていた。どうにかレオーメの救出に成功したかに思えたが、そこへヘルダーが現れて、再びレオーメは連れ去られてしまう。俺達も後を追った。

バッケンローダー

ヘルダーは、レオーメに動力制御室まで案内させ、動力をカーペッツエリアへと配分させた。そして、制御装置を破壊して制御不能にしてしまった。レオーメによれば、カーペッツエリアには、機鉄走バルケンホフという兵器があるそうだ。

バッケンローダー

杜人の持つ飛行艇「アル・アラーフ」を目指し、煙都からの脱出を計ったが、街は完全にガーディアン達に占拠されており、ネズミ一匹通り抜ける隙もない。そこへケミカル一座が現れた。そして、秘密の抜け道を教えてくれました。

バッケンローダー

飛行艇の中にいたのはブルー・オイスターでした。そして、快く協力を約束してくれたのでした。アル・アラーフは、燃え盛る煙都を後に、一路カーペッツエリアの第17倉庫を目指す。

バッケンローダー

しかし、すでにバルケンホフは動き出してしまっていた。ヘルダーは、ヴラドへの復讐心から、暴走したバルケンホフを皇都に突撃させ、皇都もろともヴラドを葬り去ろうと考えていた。俺達はヴァルケンホフへと飛び移り、内部へと侵入した。

バッケンローダー

立ちはだかるガーディアン達を倒し、遂にはヘルダーも打ち倒した。レオーメとオレンジによって、どうにかバルケンホフの暴走は食い止められたが、動力炉は限界を超えており、爆発は避けられなかった。ヘルダーは自分が使っていたスレッジを手渡し、打倒ヴラドの希望を俺に託す。そして、俺達を列車から脱出させると、自らはバルケンホフと運命を共にしたのであった。

バッケンローダー

いよいよ皇都へと乗り込む。城門前で剣帝ブノワの軍勢に取り囲まれてしまったが、ここにゲオルグとレオノーラが助っ人にやって来てくれた。頼もしい仲間を得て、俺達はブノワの軍勢を討ち滅ぼした。

バッケンローダー

宮殿内で立ちはだかったのはヴラドの側近ワルターだったが、遂にこの因縁の相手も最期の時を迎える。
「ヴラド様に栄光あれ!」

バッケンローダー

ヴラドの研究室に突入。遂にヴラドを追い詰めた。己の自己満足を大層な大義名分で正当化しようとするヴラド。自分の研究のためならば、どんな犠牲も厭わない。邪魔をする者は、神といえど許さないと言う。こんな大馬鹿者にはキツイお仕置きが必要だ。

バッケンローダー

やけにあっさり倒されるヴラドだったが、このパターンからしてやはり化け物に変身した。いよいよ最後の戦いが始まったのだ。

バッケンローダー

遂にヴラドの野望は打ち砕かれた。ヴラドにはヴラドなりの正義はあったようだが。自分がなすべき事を自覚した俺は、皇都の騎士になることを断って、キャロルの元を離れた。これまでの事を死んだ妹の墓へ報告しに行くと、そこにヴェルヴェットが現れました。俺はお墓に優しく語りかける。
「ただいま、約束を果たしに来たよ。」

バッケンローダー

(おしまい)

セガガガ 後編「セガなんか死んじゃえ!」

セガガガ 後編「セガなんか死んじゃえ!」


前編はこちら


セガガガ

最下層で萌え老なる老人と出会った。元々C研は「萌え研」と呼ばれていた部署で、萌えによって大ヒットを飛ばしていた開発室であった。しかし、萌えを理解できない上層部が恐れを抱き、萌えを弾圧したのだという。萌えとは何か、そして萌えの重要性を説く萌え老だった。

セガガガ

最下層から脱出するには、伝説の萌え萌え姫が必要だという。
「その者、額に白銀の兜をかむりて開発の野に降り立つべし。失われし社会との絆を結び、ついに人々を青き萌え萌えの地に導かん」
こんな言い伝えがあるそうだ。ピンと来た。弥生を呼び出すと、萌えに飢えたスタッフ達がワラワラと群がってきた。そして、「萌エレベータ」が出現した。

セガガガ

俺は萌エレベーターに乗って、萌えの心を忘れてすっかり増長しているCマンのいる最上階へと向かった。そして、新たに習得した必殺技「萌え萌え」によってCマンを倒したのだった。

セガガガ

C研は元の萌え溢れる開発部に戻った。同じくすっかり元に戻ったCマンも、ゲーム開発の協力を申し出てくれた。いよいよカオリンとの萌えゲー対決に挑む。

セガガガ

カオリンに対抗すべく萌えゲー開発に乗り出した。スタッフを馬車馬の如く働かせ、採算度外視の宣伝も垂れ流す。

セガガガ

遂にソフトが完成した。タイトルは「激萌秘書アリサ」。セガの社長秘書をモデルにした恋愛アドベンチャーゲームである。結果は126万本のミリオンセラーとなった。情弱を騙すのは簡単だ。

セガガガ

同時期にカオリンも新作ソフト「もえもえパラダイス」を発売。しかし、我々のソフトの前では凡百のギャルゲーだった。こうして俺はカオリンとの萌えゲー対決を制し、セガの窮地を救ったのだった。

セガガガ

萌えゲー対決に敗れたドグマ社が、新しいゲーム機を発表してきた。そして、ドリームキャストの300倍のパワーを謳って、大々的な宣伝活動を行っていたのである。これに対抗すべく、セガも超次世代機の開発に着手することになり、俺と弥生はD研へと向かった。

セガガガ

しかし、ここで人交社長がアメリカで倒れたという一報が入る。新たにセガガガの指揮を採ることになったのが、クール特務部長だった。クールは、アメリカにおけるセガのシェアを1年で3倍にしたやり手であったが、同時にセガガガの設立に最も反対した人物でもあった。

セガガガ

再度D研に向かったが、そこはクール特務部長によって閉鎖されていた。俺と弥生は夜を待って潜入に成功し、D研の奥に眠っていたドルメヒカという謎の物体に出会った。しかし、そこへクール特務部長が現れ、弥生をスパイとして拘束してしまった。

セガガガ

セガを追われた俺は、ゲームショップ「BUG大鳥居」でバイトをしながら、平穏な日々を送っていた。そこで俺は、セガガガに対するユーザーの生の声を聞くことになる。それは、売れ筋ばかり狙っている現在のセガガガへの批判だったが、一部のマニアではなく、多くのライトユーザーに向けてゲームを作っている現在のセガガガこそユーザーフレンドリーであるという意見もあり、それを聞いた俺の信念は揺らいだ。

セガガガ

今までやってきたことは間違いだったのか?河原の土手で夕日を眺めながら、俺は悩んでいた。そこへアレク店長がやってきた。自分も同じだったと言う店長。実は店長は、任天○のマ○オさんに対抗するため生み出されたセガ期待のゲームキャラクターだったが、結果が出せずに、後から出てきたハリネズミに取って代わられたのだ。
「俺は…ゲームキャラだからさ、誰かが操作してくれない限り、いつまでもこうやって止まってることしかできないんだ。次のステージがくるのを待ちつづけて、ずっとな。止まった時間の中で、また開発室に呼ばれる日をただずっと待ったんだ。だけど、お前は違うだろ。お前は進みたかったら、自分で先に行けるじゃないか。お前は、いまここで止まってる。でも、それはお前が自分で止まることを選んでるだけだ。」
アレク店長の言葉が重く突き刺さる。

セガガガ

アレク店長は、俺をとある居酒屋に連れて来た。そこには、かつて戦ったA研部長がいたのだ。俺は、ゲームに対する思いの丈をA研部長にぶつけた。そしてA研部長にセガ系列のバイトを紹介してもらったのだった。

セガガガ

最初の仕事は、ハイテクセガランド西蒲田店での筐体拭きだった。どうやったらそんなに黒くなるんだと突っ込みながら、せっせと筐体を磨いていった。意味もなくボーナスポイントをゲットした。

セガガガ

次の仕事は、倉庫での積荷作業だった。床に散らばったドリキャスを、蹴っ飛ばしてトラックに積み込んでいく。倉庫内では、ガーション・キングスレイの「ポップコーン」がBGMに流れている。レゲーファンならお馴染みの「ペンゴ」の曲だ。しか~し、よく聞いてみると似ているけど違う曲だった。

セガガガ

俺はD研への再潜入に成功した。そこで俺が見たものは、実験台にされている羽田弥生の姿であった。クールは、セガの地下に眠っていたドルメヒカを使って、ゲーム業界だけでなく世界全体を支配しようと企んでいた。俺はクールに立ち向かった。しかし、クールの思念体の圧倒的なパワーの前にどうすることもできない。その時弥生が目覚めた。実験装置は大爆発を起こして、クールは消し飛んだ。閉じ込められていた水槽から抜け出した弥生だったが、力尽きて倒れてしまうのだった。

セガガガ

怪我で入院した弥生を見舞いに行ったが、彼女が何者なのかは聞かなかった。俺を利用したことをしきりに謝る彼女に、そのおかげで大好きなゲームを作ることができるようになったと、ポジティブ思考でお礼を言ったのだった。

セガガガ

俺は超次世代機開発のため、再びD研に入った。そこで待ち受けていたのは、歴代のセガのゲームキャラであった。中でも、「大統領の娘」というキャラクターの破壊力は別格であった。

セガガガ

セガのゲームキャラを説得し続け、そこで集めた様々な魂の中から、「腐」「夢」「星」の3つでゲーム機を開発した。出来上がった超次世代機は「魑魅魍魎」でした。

セガガガ

ドグマ社の人工生命体Eが、新作ソフトを発売する。そのような情報をキャッチした俺は、D研で捕まえたゲームキャラをスタッフに起用して、新たなゲーム開発に乗り出した。

セガガガ

できあがったのセガマークIII版の「ファンタジーゾーン」だった。アーケードの名作横スクロールシューティングの移植作である。

セガガガ

というわけで、短期間での制作を余儀なくされたものの、採算度外視の宣伝活動もあって70万本のヒットとなった。人工生命体Eとの対決を制し、業界でのシェアは95%にまで達した。セガのゲーム業界制圧まであと僅かだ。

セガガガ

ドグマ社は、新たな刺客としてドグマ博士を送り込んできた。ドグマ博士の開発するゲームに対抗して、俺も新しいゲームの開発に着手した。出来上がったのはマークIIIの「スペースハリアー3D」だった。

セガガガ

3Dグラス専用ソフトという高いハードルだったが、莫大な宣伝費で補って130万本の大ヒットに導いた。こうして遂にゲーム業界のシェア100%を達成したのだった。

セガガガ

ドグマ社が日本ゲームショーにおいて超次世代機を発表した。それは、人間の脳に直接接続する究極のゲーム「ドグマメット」だった。しかし、それはクールがドルメヒカを悪用して作った危険なゲーム機である。更に、そのニュースを見た弥生が病院を抜け出したという一報も入った。俺はクールの野望を阻止し、弥生を救うためにドグマ社に向かうことを決断したのだった。

セガガガ

セガを捨ててまで弥生を助けたいという俺の熱い想いに惹かれ、A研部長、フラグマン、ラマン、Cマンの4人が協力を申し出てくれた。ドグマ社では様々なトラップが仕掛けられていたが、4人が自らを犠牲にして助けてくれた。そして、とうとうドグマ社の中心部へと辿り着いたのでした。

セガガガ

カオリン、人工生命体E、ドグマ博士のドグマ三人衆を説得した俺は、最後に現れたドグマ社長もどうにか説得することができた。しかし、黒幕は他にいた。クールであった。ドルメヒカは、セガだけでなくドグマ社の地下にも眠っていた。それを使って、クールは新しいゲーム機「ドグマメット2」を開発していたのだ。俺は人類の存亡をかけてクールと対決した。

セガガガ

弥生は自らのドルメヒカを発動させた。クールの持つドルメヒカの破片と合わせて完全体にし、その力でクールを封印しようとしていたのだった。弥生とクールは宇宙へと飛び去っていった。しかし、衝撃でドルメヒカの一部が欠け落ちて俺の前に落ちてきた。これを弥生に届けなければならない。

セガガガ

俺は落ちたドルメヒカの欠片を弥生に届けるべく、セガのメカトロ研に眠る名機R-720で宇宙に飛ぶことにした。アリサに連絡すると、セガ最速のあのキャラクターを迎えによこした。ソニックだった。確かに、これほど頼りになる奴は、セガ中探したっていやしない。

セガガガ

セガ本社に着いた俺はメカトロ研へ急行。R-720に3百円を投入して起動させた。R-720は宇宙へと飛び立った。随分と安上がりな宇宙飛行ではある。

セガガガ

その間にも、ドグマ社からモンスターが次々と飛来していた。セガは歴代の全キャラクターを総動員して、これを迎撃した。秘書のアリサも実はセガのキャラクターだった。初代ファンタシースターのヒロインだったあのアリサだったのである。

セガガガ

R-720で宇宙へと飛んだ俺は、さながらサンダーフォースの如き空中戦を強いられた。遂には歴代のセガハードが次々と出現し、よく見知ったキャラクター達が攻撃してきたのであった。

セガガガ

しかしながら、俺はそれらの厳しい攻撃をかいくぐり、遂にはクールの野望を打倒したのであった。眩い閃光の中で滅びゆくクール。戦いは終わった……

セガガガ

弥生を迎えに来た同胞達。弥生はドルメヒカの真髄について語り始めた。
「ゲームはドルメヒカの極小さな現れ。遊ぶという行いは、この宇宙の本当の仕組みに人間が至るための鍵なの。もし人間が、遊ぶことの本当の意味に気づいたら、その時、新しい世界が出現するわ。でも、もし判断を誤れば、それは恐ろしい墓場になる。」

セガガガ

「俺、ゲームを作るよ。まだずっと先の事になるかもしれないけど。きっと、すっごく面白いやつを作るよ。人が褒めてくれるような大したもんじゃないかもしれないけど、遊んでくれた人がさ、『あぁ、面白かった』って、それで、元気になってくれるようなやつを作るよ。きっと作るよ。だから、その時はまた……」
そう約束して弥生と別れ、俺はオパオパで地球へと帰還したのであった。

(おしまい)

オセロ

オセロ

オセロ発売日: 1985年
開発: ツクダオリジナル
機種: SG/SCシリーズ共用カートリッジ
ジャンル: テーブル
価格: 4300円
製品番号: G-1044

誰もが知っているシンプルなテーブルゲーム。説明の必要はないでしょう。オセロは将棋や囲碁とは違ってシンプルってこともあるのだろうが、当時の貧弱なCPUでもやたらと強い。

※追記。ドリキャスのリバーシソフトと対戦させてみた。



オセロレベルは5段階ある。一番低いレベル1でもそこそこ強く。レベル5になると強すぎて手が付けられない。20回対戦してみたが、1回接戦になっただけで20連敗。定石とか相当勉強しないと勝てないレベルですね。

ゲーム画面画面はこんな感じ。まあ普通です。

オセロ終局です。レベル1なら、まあそれなりに戦い方を知っていれば何とかなる。

オセロそもそも、レベル1だとヒントが使えるので、その通りに打っていれば勝てるんですがね。リプレイとかもあるので、打ち方の勉強にはなるかもしれない。

オセロドリキャスの「森田の最強リバーシ」というソフトをゲットしてきたので、これを使ってレベル5と対戦。さすがは14年間進化してきたCPUだけのことはある。40-24で勝利しました。てか、思ったより接戦?

ブログ内検索

RSSフィード

リンク