時の継承者 ファンタシースターIII ケインの章

時の継承者 ファンタシースターIII ケインの章


時の継承者 ファンタシースターIII(元記事)

「時の継承者 ファンタシースターIII]」をストーリーを追いつつプレイ。誰と結婚するかによってシナリオが分岐していくのですが、相手は自分の好みで決めてます。ファンタシースターといえば、セガは「PSO2」をPS Vitaで発売すると発表して、色々と物議をあしちゃってますね。PSUの悪夢があるだけに確かに不安だよなあ。セガは好きだけど、信用はできないからなw

時の継承者 ファンタシースターIII

1000年前、ライアという魔女が生まれた・・・。ライアは、モンスター軍団を作り出し、世界を征服しようと企んだ・・・。しかし、英雄オラキオが、ロボット軍団を率いてライアに立ち向かった。二つの軍団は、世界を二つにして戦いを続け、最後は、ライアとオラキオは相打ちになり、ともにこの世から消えた。この時、ライアに組みして戦った人々の子孫は、ライアの民と・・・。オラキオに味方して戦った人々の子孫は、オラキオの民と名乗っている。この戦争によって、星の世界を旅するほど栄えた文明は滅び、人々の生活は中世の時代と変わらぬものとなった・・・

時の継承者 ファンタシースターIII

ケイン・サ・リーク。彼はオラキオの民が住むリーク王国の王子である。今、この国は、ケインとマーリナ姫の結婚の話題で持ちきりだった。彼女は、城の近くの海岸に流れ着いたところをケインが助けた美少女だ。しかし、マーリナという名前以外の一切の記憶を失っていた。

時の継承者 ファンタシースターIII

「ハハハ!俺はライアの一族!マーリナ姫はいただいていく!」
結婚式の席上で、突然現れた黄金の竜によって、マーリナは連れ去られてしまった。頭に血が上ったケインは、騎士団に命じてライア一族の掃討を叫んだが、父である王に諌められる。そして、頭を冷やせと言われ、地下牢に幽閉されてしまいました。

時の継承者 ファンタシースターIII

リナと名乗る少女によって、牢獄からの脱出に成功。マーリナ救出のために、ケインは街を後にした。

時の継承者 ファンタシースターIII

ヤータという港町に到着。渡し舟があったが、渡し守のじいさんに「男と2人で乗ってもつまらない」と言われて断られてしまった。フューリという島の町では、北東の湖にまばたきをしないライアの少女がいるという噂を聞いたので行ってみる。そこにいたのはライアの一族ではなく、ミューというアンドロイドでした。エネルギーが切れて長い間湖の中で眠っていたそうだが、何者かによって目覚めさせられたらしい。その後ずっと人々に追い回されていた彼女は、ケインと行動を共にすることとなった。ミューを連れてヤータにいる渡し守のところへ行くと態度が一変。南の島へと舟で連れていってくれた。

時の継承者 ファンタシースターIII

島の洞窟へと突入。その奥では、ライル・ラ・ミラーと名乗るライアの民が待っていた。そして、盗んだリーク王家の宝「森のサファイア」をあっさりと返して消えていった。一体何者なのか?悪いやつではなさそうだが。

時の継承者 ファンタシースターIII

東の洞窟を抜けると、そこは雪原地帯だった。近くの漁師町ライスルの住人によると、ある日突然冬が襲ってきて、こんな状態になってしまったんだと。
「砂漠のあの子に会いたけりゃ4つの砦の真ん中に。海のあの子に会いたけりゃふたつの月の輝く海に。」
そんな古くから伝わる歌を吟遊詩人のマイから聞いたケイン達は、そのヒントを頼りに、砂漠にある忘れ去られた村ハサタカへと向かった。ライスルの吹雪は、どうやら気象コントロールタワーの故障が原因で、それを直せるのは西の洞窟にいるシーレンだけらしい。

時の継承者 ファンタシースターIII

西の洞窟で、シーレン・タイプ386システムを仲間に加えた。彼は、オラキオ一族に仕えるようにプログラムされたロボットでした。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象コントロールタワーへ行くと、あのライルがいた。彼も気象システムを修復しようとやって来たようだが、彼の手に負える代物ではなかった。ケイン達の中にシーレンがいるのを見つけたライルは、気象システムの修復を懇願。その代わりに仲間になってくれました。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象システムの修復に成功。ライルは、お礼として、彼の国にケイン達を招待してくれるそうだ。

時の継承者 ファンタシースターIII

ライスルの町に戻ると、町はすっかり元の姿を取り戻していた。これで舟を使って海を渡ることができる。海を渡った場所に2つの国があったが、この2国は戦争状態にあった。片や、アゴエというオラキオの民の国、片やシューソランというライアの民の国。アゴエでは、女の子がシューソランの城に連れ込まれたという話や、シューソランの噴水から怪物が出てくるのを見たという話を聞いた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シューソランの噴水は地下への隠し扉となっていた。奥へと進み、間もなく王の間というところで
「・・・ケイン君、この先へ進む前に、君の力を試したい。」
と言って、ライルが単独で先へ進んでしまった。そして、王の間でライルが待ち構えていました。
「さあ、ケイン君!武器を取れ!君がどれほどの男か、見てやろう!」
ケインは苦闘の末にライルを打ち倒した。

時の継承者 ファンタシースターIII

ケインの力を認めたライルは、一人の女性を紹介してくれた。かつて、地下牢からケインを救い出したリナであった。彼女の話では、マーリナはこの城の裏門から向かいの島に連れ去られてしまったようだ。新たな仲間を加えて、ケイン達は再び気象コントロールタワーへと向かった。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象コントロールタワー2階にあるサテライトシステムのパネルに月の石と月の涙をはめ込むと、それまで遠ざかっていた紫の月と青の月が急接近し始めた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シューソランに戻って北の岬に行ってみると、月の引力によって潮が引き浅瀬の道が現れた。それを渡るとシールという町にたどり着きました。どうやらマーリナはこの国の王女であった。ライアの民である国民は、オラキアの民であるケインとマーリナの結婚に猛反対していた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シールの国王、つまりはマーリナの父親に謁見するも、問答無用で戦闘に。国王を倒して実力が認められたケインは、マーリナとの結婚も認められた。しかし、仲間であるリナが、実は隣国サテラの王女であり、ケインの許嫁であったことが発覚してしまう……

時の継承者 ファンタシースターIII

ケインには選択が迫られていた。マーリナと結婚すべきか、リナと結婚すべきか。ケインは庶民派のリナよりも、神秘的な魅力のマーリナを選んだ。

時の継承者 ファンタシースターIII

故郷と王位継承権を捨て、シールの新たな国王となったケイン。そして、マーリナとの間にアインという王子を授かった。物語は次代へと継承されていく……

(つづく)

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ あらすじ前編

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ あらすじ前編


D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ(本記事)

「D+VINE[LUV]」をストーリーを追いつつプレイ。

本日は「初音ミク and Future Stars Project mirai」(3DS)の発売日。ということで、限定版のぷちぷくパックが売っていたので買ってしまいました。初音ミクの曲とか全く知らなかったんだけど、初音ミクのセーガー♪に脳天直撃されたw。リズムゲームとしては、予想通り「リズム怪盗R」と比べたら平凡ですが、誰にでも手軽にというのがコンセプトっぽいので、ミク好きなら悪くないかなと。恐らく低年齢層も意識して作ってるだろうからね。それなら、もっと判定甘い方が気持ち良かったとは思ったけどね。良い意味で裏切られたのはARカード。ライブカード9枚キャラカード6枚の計15枚だが、ライブカードは1曲丸々フルでライブしてくれる。もっとショボイのかと思ってた。メガドラタワーの上で踊らせたりして楽しんでしまったよ。手乗りミクは当然やるよね。写真も取れるので後でアップしてみよっかな。これだけでも買う価値あるかもだね。しか~し、このゲームを遊ぶ上で、私には致命的な欠陥があることが判明した。3DSは同じ4つボタンのドリームキャストとボタン配置が真逆だったのです。AとB、XとYが逆になってるのだ。いやあ、今まであまり意識してなかったから気付かなかった。ドリキャスが現役バリバリの私には厳しすぎる。知らなかったが、任天堂はスーファミからこの配置なんだとか。ちなみにXboxはドリキャスと同じ配置。PS系はアルファベットじゃないが、XボタンがPSの×(バツ)ボタンと位置が違うからPSユーザーもやりづらいかも(そんなことないか?)。Xが横、Yが縦というセガ&マイクロソフトの方が、贔屓抜きで理屈にあってると思うがな。ともかく、これのせいで特にハードモードのトコトンなんて頭がパニクってしまう。セガが作ってるんだから、その辺も考慮してくれよと。まあ、逆さまレインボーという曲のミクさんが、あまりにも可愛すぎたから許すけどw

――旧世界。人類と精霊がともに築き上げた、絶対的な力を持っていたと言われる超魔法文明。そして、その時代を指す言葉。その強大な力を持った文明もいつしか歴史とともに幕を閉じ、今では伝説として伝えられるにすぎない。しかしここに、歴史が伝えるもう一つの伝説がある。”旧世界”が残したと言われる、その”大いなる遺産”――今も、世界のどこかに眠っているという”旧世界”の”遺産”――

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

サクラにたたき起こされる。このだらしなさそうな男こそ、このゲームの主人公ハイドである。仕方なく食堂へ行くと、ナリアとルーンがいた。この宿屋の女将と娘のようだ。俺は、古代遺跡の情報を聞きつけて、サクラとこの街に来ている。ナリアの話では、その洞窟にはモンスターが住み着いているらしく、街の人間も滅多に寄り付かない場所だそうだ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

街中で、藁を素肌に巻いただけのみすぼらしい女の子と出会う。「す巻きちゃん」と勝手に命名したら、嫌われてしまった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

とりあえず一人でアーヴィルの洞窟へと向かった。洞窟には名もない戦士が倒れていたが、俺が話しかけると息絶えてしまった。男の手にはアミュレットが握られており、俺はそれを頂戴しておいた。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟の地下2階には、ギュランと呼ばれる傭兵風な男が率いる盗掘団があちこちにいた。今はこいつらが敵か味方か分からないので、迂闊に近づくのは止めておいた。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟の一角には、いかにも怪しい開かずの扉があった。右往左往していたら、死んだ戦士からくすねていたアミュレットが光りだし扉が開きました。中にはクリスタルに閉じ込められた少女の姿が。少女に近づくと、再びアミュレットが光り出し、少女が目を覚ました。彼女は「ユウラ」と名乗っている。ユウラは俺の持っているアミュレットに気付いて手を伸ばした。すると再びアミュレットが光り出す。ユウラは悲鳴を上げると気を失ってしまいました。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

俺は彼女を街の病院へと連れて帰った。女医のシヅキ先生によれば、肉体的な異常はないらしい。そのうちユウラが目を覚ました。しかし、彼女は洞窟にいたことも、俺に助けられたことも全く覚えていなかった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

洞窟へ戻り、地下3階でボス戦になった。これを倒すと、地下4階への階段が出現。そこへ洞窟団が駆けつけた。お互い腹の探り合いをしつつ、先へと進むのであった。そして、女剣士のテレスは、遺跡から手を引くように脅しをかけてきた。当然お断りだ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

一度戻って病院へ行ってみる。ユウラの様子を見てみるが、あまりの美しさにしばし見とれてしまった。その後、ユウラとちょっと話してみたが、どうもユウラは俺に興味津々みたいです。洞窟では再びギュランの一行と出会った。また仲間が一人やられてしまったようだ。テレスはやけにツンケンしていて仲間と口論になっていた。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

病院に戻ると、ユウラの病室に見知らぬ女性がいたが、ユウラ本人でした。髪が短くなっていたので気付かなかった。どうやら、シヅキ先生に切られてしまったようです。で、今のシヅキ先生の服ではサイズが合わないため、先生が学生時代に着ていた制服(?)を着せていました。洞窟に戻ると、テレスが一人でいた。どうやらギュラン達とはぐれてしまったらしい。相変わらずの態度です。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

ダンジョンを進むと、盗掘団の一人が瀕死の重傷で倒れていた。すでに手遅れだった。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

その近くでは、テレスがスレインという男と対峙していた。その周りでは他の盗掘団の面々も倒れている。テレスは、かつてスレインに仲間を殺されたことがあり、盗掘団の仲間になったのは、どうやらスレインへの仇討ちが目的だったようだ。しかし、スレインと一緒にいたサギタという女魔導士によって、テレスも倒されてしまう。スレインが去った後、俺はサギタを撃退した。テレスは深手を追いながらも、スレインを追って行ってしまいました。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

サクラの話では、スレインというのは残虐非道なトレジャーハンターで、そのあまりの強さから誰も手出しができないという超危険人物だった。テレスの身が案じられます。洞窟へ戻った俺は、メタルブレイドを倒して先へと急いだ。再びテレスに会うが、やはり素っ気なく行ってしまう。ギュランにも再会した。ギュランは、仲間を見捨てて速攻トンズラこいたので無事だったようだ。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

一度戻って宿屋で一泊したらイベント発生。ルーンがナリアさんに俺との再婚を薦めている。そこにサクラがやって来て嫉妬。煮え切らない母の態度に、ルーンが父親は二度と戻ってこないとズバリ。ナリアさんの平手打ちが炸裂しました。翌朝、家を飛び出したルーンが洞窟へ行ってしまったと聞かされた。急いで探さなければ。てか、画面上にサクラが2人いますよw

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

といいつつ、病院にユウラの様子を見に行く。元気のないユウラを外に連れ出し、林の中を散策した。どうやら、俺が自分のために危険な洞窟へ入っていることを心配していたようだ。うい奴じゃ。俺は、旧世界の遺産という真の目的をユウラに告げて、ユウラのためだけではないことを教えたが、どっちにしろ危険なことに変わりはないと俺の身を案じてくれました。うい奴じゃ。てか、さっさとルーンを探しに行けよと。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

ユウラとのイチャイチャを楽しんでルーンの探索へ。ルーンは最初の階層でヌルヌルされてました。ルーンを連れて宿屋へ戻った夜、ナリアさんが部屋を訪ねてきた。ルーンは父親の生死を確認するために洞窟へ行ったようです。夫の事がいつまでも忘れられない自分の責任だと感じたナリアさんは、俺にご主人の事を忘れさせてもらおうとやって来たわけです。
「ごめんなさい……はしたない女だって……そう……思うかもしれないけど…………。それでも……私は……。あ……。」
「いいのかい……俺だって、男だぜ……?こんな事されたら……。」
というわけで、家庭用なので自粛入ってますが、ゴチになったようです。未亡人は極上の味。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

再び洞窟へ。またテレスがいました。オークの大群と戦って怪我を追っていたので手当をしてあげる。余計なことをするなと言いつつ顔を赤らめ、俺が遺産を探す理由を熱く語って謙遜したら
「そんな事……そんな事はない……。とても、素敵だと思う……。」
と遂にデレちゃいました。

D+VINE[LUV] ディヴァイン ラヴ

どうやら、ユウラとのイチャイチャをサクラに見られてしまったようだ。宿屋に戻ったら怒ってました。おまけに、ヤキモチ焼いてるのか?と火に油を注ぐ発言で殴り飛ばされました。洞窟へ戻るとまたテレスが。テレスから、スレインとの因縁を聞かされた。かつての仲間が皆殺しにされた過去を。何も言ってあげることができなかった。

(つづく)

スペースチャンネル5 ぎゅんぎゅん救出リポート

スペースチャンネル5 ぎゅんぎゅん救出リポート


スペースチャンネル5(元記事)

「スペースチャンネル5」をストーリーを追いつつプレイ。

うらら登場!の巻
スペースチャンネル5

西暦2489年、スペースシップ遭難事故で最後の行方不明となっていた少女がチャンネル5によって救出された。その10年後の西暦2499年、謎の宇宙人モロ星人が地球のスペースポートに襲来し、踊らせビームを使って罪の無い人々を踊らせていた。事件の一報を入手したスペースチャンネル5は、うららに出動命令を出した。うららは10年前に遭難事故に遭ったあの少女であり、2年前からスペースチャンネル5に入社し、特別報道チーム所属のリポーターになっていた。

スペースチャンネル5

スペースポートに急行したうららは、現場をリポートしながら、スペースニホン人など踊らされていた人々を次々と救出していった。

スペースチャンネル5

出動したものの逆に踊らされてしまっていたスペースレスキュー隊を管制塔で救出したうららの前に
「リポート見るなら42ちゃ~ん」
と、ライバル局のリポーター「プリン」が颯爽と現れて、踊り勝負を持ちかけてきた。しかし、これをあえなく退けてプリンは退散していった。

スペースチャンネル5

その後、宇宙船の中から出てきた侵略舞踏メカ「ココ★タピオカ」という怪しいロボットを倒したうららは、無事スペースポートのモロ星人を掃討したのであった。

スペースシップS.O.S!の巻
スペースチャンネル5

最初の作戦を失敗したモロ星人が作戦会議を開いていた。彼らは前回の作戦が正直すぎたという反省から、次は卑劣で卑怯、けど優雅な作戦を取る事に決めた。

スペースチャンネル5

うららの次のリポートの現場は、モロ星人が暴れているという知らせの入ったスペース豪華客船だった。まずはコクピットで踊らされていたスペースキャプテン達を救出したうららは、ビュッフェでも踊らされていたスペーススーパーモデル達の救出に成功した。

スペースチャンネル5

「チャンネル5、番組はいただくぞ!」
突然そこに現れた謎の巨大宇宙船。それは宇宙海賊放送艇「バッドチューニング号」だった。そして、宇宙海賊放送局のリポーター「ジャガー」がうららに踊りの勝負を挑んできた。しかし、これも撃退に成功。ジャガーは退散していった。

スペースチャンネル5

パノラマ展望室にやって来たうららだったが、UFOの母艦は撤退を始めており、それをジャガーの船が追いかけていた。しかし、うららの目の前にはえっちぃな舞踏メカ「モロリーナ」が転送されてきた。その手にはスペース小学生達が捕まっていた。小学生達を救出した後、舌でぐるぐる巻きにされてしまったうららでしたが、どうにか倒す事に成功した。

突撃!スクープ合戦!の巻
スペースチャンネル5

UFOを追跡されて秘密基地のありかがバレてしまったモロ星人陣営が、再び作戦会議を行っている。対応策を練っていた彼らは、秘密基地周辺に「隕石型踊らせミサイル」を、基地内部通路に「精鋭部隊」を、そして中心部には最強の舞踏メカを配置したのであった。

スペースチャンネル5

うららは秘密基地への潜入リポートを敢行。隕石型踊らせミサイルを華麗なダンスで破壊していくうららの前に、再びジャガーが立ちはだかったが、これを返り討ちにする。

スペースチャンネル5

「リポート見るなら42ちゃ~ん」
しかし、その隙にプリンが先を越してしまう。三つ巴の激しいスクープ合戦が展開されていた。基地にうららが突入すると、プリンの悲鳴も聞こえてきた。そしてプリンはモロ星人の精鋭部隊に踊らされてしまっていた。

スペースチャンネル5

プリンを無事に救い出し、奥にある中心部へと進んだうららの前に巨大なテレビモニターが怪しい気配をギュンギュンさせていた。これこそが最強の舞踏メカ「モロリン!モンロー!」だった。この強敵に苦戦していたうららの元へジャガー軍団が到着。ここは負けられないと、うららも必死で応戦。遂にモロリン!モンロー!を踊り倒し、モロ星人の秘密基地の殲滅に成功した。

スペースチャンネル5

しかし、ホッとしたのも束の間、大勢のモロ星人がうらら達に襲い掛かってきた。しかし、モロ星人の様子がおかしい。ヒューズの指示通りにうららがテレビのモニターを破壊すると、モロ星人達は正気を取り戻した。彼らも何者かに踊らされていただけだったようです。そして基地が誘爆を起こし始めたので脱出。爆風で飛ばされてくるモロ星人もBボタンビームで救出していった。

銀河最大の悪を暴け!の巻
スペースチャンネル5

ジャガーが、洗脳放送の周波数がチャンネル5と同じである事を突き止めた。モロ星人の作戦会議室に乗り込む、うらら、ジャガー、プリンの3人。モロ星人を操っていたのはスペースチャンネル5の局長「ブランク」であった。

スペースチャンネル5

不適に笑みを浮かべるブランクの前で、デラックスAボタンビームを使ってモロ星人の洗脳を解いていく。消えたブランクを追って奥へと進むと、「スペースマイケル(本人)」が踊らされていた。ポーポーうるさかったが助けてあげる。

スペースチャンネル5

コントロールルームで踊らされた「キーボードギャル」を救出し、メインアンテナへと向かったうらら達の前に、冷徹なパーフェクトリポーター「イビラ」が立ちはだかった。ブランクに言わせれば、リポーターは真実など追究せず、自分のために視聴率さえ稼いでいればよいという。しかし、魂のないリポーターに、うららが負けることはなかった。

スペースチャンネル5

「ただの操り人形にリポートは無理なんだよ。」
イビラを倒したうららだったが、今度はヒューズがジャイアントイビラに捕まってしまった。うらら達は、ヒューズの乗るアストロビート号を避けながらAボタンビームを繰り出していった。途中でプリンとジャガーが突き飛ばされてしまい、遂にはうららも暴走したジャイアントイビラの攻撃に対処しきれなくなり飛ばされてしまう。宇宙空間を漂っていたうららを救ったのはジャガーだった。10年前にうららが救出された時と同じセリフ、同じ声で。

スペースチャンネル5

ジャイアントイビラを倒すと、最後に出てきたのは洗脳放送発信メカ「ブランクTV」だった。ブランクは視聴率に全てを賭けた憐れな男だった。うららの奮闘に、これまで助けてきた地球人とモロ星人も声を合わせて一緒に戦っていた。そして、みんなの踊りエネルギーをアンテナに充填していく。

スペースチャンネル5

「ブランク、悪さが過ぎたようね!」
「真実を歪める奴は許さん!」
「リポーターを道具扱いする奴も許せない!」
「あやつるなんて非道いモロ!」
みんなの掛け声に合わせて踊りエネルギーが射出され、ブランクTVは粉々に砕け散る。

スペースチャンネル5

「ま~た来週~!」
と叫びながらブランクは宇宙の彼方へ消えていった。そして、得意の決めポーズ。

スペースチャンネル5

そして、喜びに沸き踊るうらら達は、銀河の果てまで行進して行ったのであった。

(はい!カット!)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク