太閤立志伝II

太閤立志伝II

太閤立志伝II発売日: 1996年11月29日/1997年11月20日(プレミアムパック)/1998年4月9日(コーエーベストコレクション)
開発: 光栄
販売: 光栄
機種: セガサターン
ジャンル: シミュレーション
価格: 7800円/2800円(コーエーベストコレクション)
製品番号: T-7618G/T-7653G(プレミアムパック)/T-7667G(コーエーベストコレクション)

「太閤立志伝」シリーズの2作目。基本システムはそのままに、東北、四国、九州が加わって、日本全土が舞台となった。また、秀吉以外にも、明智光秀や柴田勝家、新武将でのプレイも可能となり、織田家以外への士官も可能となっている。

参考文献
「太閤立志伝IIハンドブック」(光栄)

参考サイト
江雪斎の城

太閤立志伝II攻略については、上記サイトなどをどうぞ。序盤は半兵衛などの優秀な部下を発掘しつつ、能力を伸ばしていく。仕事は褒美がもらえるし簡単だしな軍馬調達がオススメ。評定前にセーブして、奥州の馬商人がどこにいるかを確認(宿屋の客に聞く)。九州とかあさっての方向にいたらリセットみたいな感じ。褒美もいいものがもらえるまでリセット。

太閤立志伝II城主まで出世したらこっちのもの。国力を付けつつ信長様の主命をこなしていく。しばらくすると本能寺の変が起きて大名となるが、こうなれば率いる兵力が一気に上がるので、戦闘で負けることはほぼなくなります。大阪城の築城までいけば、兵力に関しては苦労することはないでしょう。全ての大名がそうではないが、圧倒的な戦力差があれば、大抵の大名は威圧外交で傘下に入れることができる。ただし、秀吉自らが交渉しないとほぼ成功はしません。

太閤立志伝IIというわけで全国統一を成し遂げてエンディングへ。1567年に終わったので、史実だと織田信長が上洛するよりも前ですね。


機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者

機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者

機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者発売日: 1997年3月7日/1997年8月29日(THE BLUE DESTINY)
開発: バンダイ
販売: バンダイ
機種: セガサターン
ジャンル: アクション
価格: 4800円/14400円(THE BLUE DESTINY)
製品番号: T-13313G/T-13318G(THE BLUE DESTINY)

機動戦士ガンダム外伝シリーズ3部作の最後の作品。一応、外伝IをオールAクリア、外伝IIをオールB以上でクリアしたデータを引き継いで、IIIでオールAクリアすれば最上級のエンディングになるようだが(つまりIII単体では不可能)、自分には無理そうなので最低ランククリアで妥協します。

参考文献
「機動戦士ガンダム外伝 パーフェクトガイド」(ケイブンシャ)

機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者今回は攻略は省きます。個人的には、ミッション2が一番苦労しました。ここはデータ施設(全部で10基)が全滅しちゃってもゲームオーバーなのだが、しょちゅう全滅してしまう。データ施設近辺で戦闘すると、巻き込まれて破壊されちゃうので守るのが難しい。

機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者最後はブルー同士の一騎討ちに。難易度イージーなので、ガンガン突っ込んでいけば倒せます。一応ハードでもやってみたけど、勝てる気がしない・・・。ハードでは、敵の攻撃力が2.5倍くらいあって、装甲も倍近くあるので、闇雲ではどうにもならん。

機動戦士ガンダム外伝III 裁かれし者というわけでエンディングです。


ラスタンサーガII

ラスタンサーガII

ラスタンサーガII海外タイトル: Rastan Saga II
発売日: 1990年8月10日
開発: オペラハウス
販売: タイトー
機種: メガドライブ
ジャンル: アクション
価格: 6800円
製品番号: T-11043

全5ラウンド。メガドライブクソゲー四天王の一角を担うアレなゲームとして有名。通称「落胆サーガ」。同名アーケードゲームの移植版で、PCエンジン版も存在するが、PCエンジン版も同等の評価を受けている。



ラスタンサーガII基本的には難易度の高いゲームだが、無限コンティニューの便利な裏技がある。タイトル画面で、左右左左右左右右と入れるだけ。よくある成功時にSEが鳴ったりはしないので、成功しているかどうかはプレイしてみないと分からない。成功していれば、コンティニューが0になってもコンティニューできるようになります。このゲームは、コンティニューしてもその場からの復帰になるので、実質無敵のようなもの。

ラスタンサーガIIダメージも気にせずドンドン進んでいく。

ラスタンサーガIIこいつがラスボス。上級魔族の中では一番楽勝だったりする。

ラスタンサーガIIというわけでエンディングです。


ブログ内検索

RSSフィード

リンク