太閤立志伝

太閤立志伝

太閤立志伝発売日: 1993年5月28日
開発: 光栄
販売: 光栄
機種: メガドライブ
ジャンル: シミュレーション
価格: 11800円
製品番号: T-76123

豊臣秀吉の立身出世の生涯を描いたシミュレーションゲーム。信長の家臣を全うして信長に天下を取らせるもよし、史実通りに自分が天下を取るもよし、秀吉自ら信長に謀反を起こすもよし、辻斬りを楽しむもよしと、かなり自由度の高いゲーム設計だった。個人的には、今までプレイした光栄のゲームの中では一番好きかもしれない。



太閤立志伝最初に秀吉の設定から。攻略サイトを巡回した結果、知将型が一番良さそうでした。ボーナスポイントは、魅力と統率に多めに振り分けました。

太閤立志伝最も効率的な攻略法は、チンチロリン。町にある酒場でできますが、セーブ&リセットを繰り返して大金を簡単に(でもないけど)稼げる。

太閤立志伝ゲームは桶狭間の戦いからスタート。毎月頭の評定で仕事を申し付けられますが、最初は身分も最低ランクで、米の買い付けとか地味な仕事しか回ってきません。後は、空いている時間に馬屋や鉄砲鍛冶などで下働きをしながら、地道に騎馬や鉄砲の能力を上げていく。

太閤立志伝地道に信頼度を上げていくと役職がランクアップしていく。評定での進言が通ると、戦にも出してもらえるが、最初は後衛でほとんど戦闘には参加できないので、策略ばっかやってました。

太閤立志伝そのうちに墨俣一夜城のイベントが発生。ここでの活躍で一気に出世街道の軌道に乗ります。

太閤立志伝斎藤家を滅ぼすと金ヶ崎の退き口イベント発生。戦いには惨敗したが、見事殿の任務をこなす。

太閤立志伝間髪入れずに姉川の合戦へ。一番手柄は取れなかったが、楽々浅井を打ち破る。

太閤立志伝暇さえあればそこいら中で辻斬り三昧。武力はいつの間にか90オーバーとなるも、やりすぎで魅力が激減したのでいい加減自重する。北条氏政や武田勝頼といった大物もぶっ殺しました。

太閤立志伝1562年に長浜城の城主に任命され、名前を羽柴秀吉に改名した。城主になってからは自由度が上がるが、最初は金も兵もないので苦労する。浅井討伐の任務を言い渡されたものの、信長様自らが出陣してあっという間にやっつけてしまいました・・・。小谷城にいた家臣をほとんど引き抜いたんですけど、手柄にはならないようです・・・

太閤立志伝浅井家が滅びると、安土城の築城イベントが発生。

太閤立志伝1563年3月。中国出兵の命が下されたので、手薄だという高槻城へと攻めこんだらイベント発生。本能寺の変が起きてしまった。明智軍が近づいてきたので調べてみたら、こちら6000に対し、向こうの兵力は3000のみ。楽勝であった。これで信長に代わって、秀吉が天下に号令することになった。

太閤立志伝機内を平定し、毛利攻めに備えて本願寺城に居城を移転したところ、大坂城建築イベントが発生。

太閤立志伝毛利の配下の武将を徹底的に引き抜きつつ、拒否ってきた武将はタイマン勝負でブチ殺していく。最終的に毛利元就は配下ゼロという状況になった。すると、何を思ったか、元就が新しく居城にした姫路城に単身攻め込んできたので、籠城戦でこれを撃退。すぐさま秀吉を城から出して、逃げ帰ろうとする元就を辻斬りでブチ殺したw。毛利の領内の城が全部空き城になって、占領することもできなくなってしまったが、まあいいだろう。

太閤立志伝徳川と北条とは同盟関係を結んでいたので、残るは武田のみ。ちなみに、上杉は武田に滅ぼされました。毛利と似たような戦法で追い込んでいたが、さすがに殺しまくってたので秀吉の魅力はゼロまで落ちてましたw。で、威圧したら降伏してきました。しかし、ゲームは一向に終わる気配がない・・・。まさか、同盟国も滅ぼさないと天下統一にならないんかい。ここで、ネットの情報を探ってみたら、関白になればエンディングになるというのを知ったので、朝廷工作やりまくったが、現状では太政大臣以上は無理らしく、しかたなく徳川と北条も攻め滅ぼすことに。徳川を降伏させて、北条を攻めているうちに、評定で朝廷工作を勧められるようになって、これは?と思って工作してみたら、見事関白になることができました。今思うと、毛利元就を殺さずに降伏させていれば、もっと早く終わっていたっぽいな・・・

太閤立志伝というわけで、エンディングです。


スポンサーサイト

Jリーグチャンピオンサッカー

Jリーグチャンピオンサッカー

Jリーグチャンピオンサッカー海外タイトル: World Trophy Soccer
発売日: 1993年2月26日
開発: クリサリスソフトウェア
販売: ゲームアーツ/小学館プロダクション
機種: メガドライブ
ジャンル: スポーツ(サッカー)
価格: 6800円
製品番号: T-105013

Jリーグを舞台にしたサッカーゲームで、登場する選手はすべて実名。横スクロール方式だが、操作性はよくない。特にルーズボールを拾うのが難しすぎる。対CPU戦では基本ドリブル突破は難しく、逆に相手のドリブルは操作性の悪さもあって止めづらい。操作選手が頻繁に切り替わるのもその一因。そのため、かなりストレスが溜まってしまいますね。



JリーグチャンピオンサッカーJリーグモードでパスワード画面を開き、「CREDITS」と入力。

Jリーグチャンピオンサッカーというわけでエンディングです。こういう楽なゲームは助かるw

Jリーグチャンピオンサッカーこれだけではなんなので、一応ゲームの方も説明。一応、Jリーグモードでファーストステージ優勝するまでやってみました。やっと終わったと思ったら(18試合)、セカンドステージが始まったのでそっとリセット・・・。とにかくドリブル突破は難しいし、パスも全然つながらない。ボタン長押ししないと強いパスが出せないので、ちょろいパス出して相手にカットされまくる。しかし、中央からロングシュートを何本も打ってればそのうち決まるので問題はない。つまんないけど。守りも相手のボールを全然カットできずにイライラしますが、キーパーが優秀な上に、CPUはゴールがガラ空きでもバックパスしたりするので、それほど点を取られなかったりする。

Jリーグチャンピオンサッカーゴォォォォォォル!!!!


Ever 17 -the out of infinity-

Ever 17 -the out of infinity-

Ever 17 -the out of infinity-発売日: 2002年8月29日/2003年11月27日(Premium Edition)/2004年11月11日(ドリコレ)
開発: キッド
販売: キッド
機種: ドリームキャスト
ジャンル: 恋愛アドベンチャー
価格: 6800円/4800円(Premium Edition)/2800円(ドリコレ)
製品番号: T-19716M/T-19723M(Premium Edition)/T-19723M-1(ドリコレ)

時間ループもの「infinity」シリーズの2作目だが、前作の「Never 7」とは直接的な繋がりはない。恋愛アドベンチャーというジャンルにはなっているが、ノベルゲームとしての評価も非常に高い作品です。Premium Editionは、改良を施されてPCに移植されたものをDCとPS2に逆移植したものです。当然、ドリコレ版の内容はPremium Editionになっています。



Ever 17 -the out of infinity-ゲームは選択肢によってストーリーが分岐していく、いわゆるサウンドノベルというやつで、ゲーム性というのは皆無に等しいです。全てのルートを攻略することで、話の全貌が分かるというタイプ。

Ever 17 -the out of infinity-小町つぐみ
5月1日
米っちょを聞く→タヌキが……→お前こそなんなんだ→俺は―― →そんなことより……→さっきはありがとうな→……あれっ?→イルカメリーゴーランド→倉庫→キャラクターグッズの売店→一般用エレベーター→倉庫→納得しない→ミスはだれにでもあるよ→つぐみはどこに~

5月2日
挨拶する→つぐみを捜す→つぐみを手伝う→頭でも洗おうかな→知ってる→発電室の気圧について→知らない→それはなんだよ→やらない→エレベーターホール→憩いの間→タツタサンドの売店

5月3日
もうひとつ食うか?→時計回り→反時計回り→行かない

5月4日
ゴメン、と謝る→つぐみに会いに行った→黙って見ている

5月5日
ボタンを押す→知らない→救護室へ→少年を殴る

5月6日
つぐみに訊く→優に訊く→よし、行くぞ!

Ever 17 -the out of infinity-茜ヶ崎空
5月1日
係員の説明が~→なんでもない→黙ってる→俺は―― →あんたのせいじゃない→なんでムスッと~→主任代理ねぇ……→警備室→キャラクターグッズの売店→一般用エレベーター→倉庫→納得する→ミスはだれにでもあるよ→空はいつ~

5月2日
向こうが何か~→制御室の空のもとへ→空を捜すのが先だ→逃げる→知らない→何故LeMUのこと~→知らない→いや、言うな~→やる→中央制御室→レムリア遺跡→タツタサンドの売店

5月3日
今朝どこへ~→反時計回り→反時計回り→行く→知らない→もっと聞く→わからない

5月4日
何も言わない→いない→説明できない→空に会ってた→うむ、めでたしめでたし→同時に言おう

5月5日
ボタンを押す→知らない→中央制御室へ→警備室へ→殴らない→ある→ある

5月6日
空に訊く→優に訊く→よし、行くぞ!

Ever 17 -the out of infinity-田中優美清春香菜
5月1日
係員の説明が~→タヌキが……→謝る→ぼくは―― →ありがとう→聞く→優にも訊いてみる→外部へ連絡~→心配いらない→三上智也→まだちゃんと~→わかった→それでも無理だ→メリーゴーランドへ→クラゲゴンドラへ→倉庫へ→制御室へ

5月2日
優→わかってる→優を手伝う→まだ抵抗する→いやだ→ハッカーって何?→わかった→優についていく→中央制御室へ→レムリア遺跡へ→エレベーターホールへ→憩いの間へ

5月3日
わからない→わかった→傾けてみれば……→縦にギリギリまで~

5月4日
8通り?→ウムラウトが~→見えない

5月6日
第3視点の話→優に声をかけた

Ever 17 -the out of infinity-松永沙羅
5月1日
係員の説明が~→なんでもない→謝る→ぼくは―― →いらない→聞かない→訊かない→それ以外の~→心配する→三上智也→まだちゃんと~→いまいち→それならなんとか→メリーゴーランドへ→クラゲゴンドラへ→倉庫へ→制御室へ

5月2日
生意気な赤ちゃん→わかりません→ここで待ってる→いいよ→訊くまでもなく~→わからない→沙羅と空に~→中央制御室へ→レムリア遺跡へ→エレベーターホールへ→憩いの間へ

5月3日
わかる→沙羅と一緒に~

5月4日
しょうがないなぁ……

5月6日
ツヴァイトシュトックから捜す

Ever 17 -the out of infinity-八神ココ
5月1日
米っちょを聞く→なんでもない→謝る→俺は―― →あんたのせいじゃない→今なんか~→頭上を仰いだ→さっきはありがとうな→……あれっ?→イルカメリーゴーランド→キャラクターグッズの売店→一般用エレベーター→倉庫→納得する→空の責任じゃないよ→ほんとに減圧症なのか?→やっぱりココは~

5月2日
挨拶する→つぐみを捜す→つぐみを手伝う→逃げる→知ってる→発電室の気圧~→勿論知ってる→それはなんだよ→試してみる→気になる→ひとり暮らしだ→やる→エレベーターホール→タツタサンドの売店→憩いの間→沙羅と倉庫へ

5月3日
知ってる→ない

Ever 17 -the out of infinity-というわけでエンディングです。


ブログ内検索

RSSフィード

リンク