スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の断章 (2)

最初から読む

リズム怪盗Rのストーリーモードをようやくクリア。続編作る気満々かよ。

黒の断章涼崎の口×3

涼崎は、約束していたるみ子との食事に向かう。

インターホン(押す)→画面×3

るみ子に連れられて屋上での食事会。ガードマンの依頼をされる涼崎だが、明日香の顔が浮かんで断る。
「じゃぁ、恋人は?依頼したら、恋人になってくれる?」
誘惑してくるるみ子。断ろうとする涼崎だったが、るみ子が涼崎の手を、その豊満な胸へと誘った。そして両手を涼崎の首に絡め
「…じゃぁ強硬手段しかないね…」
と悪戯っぽく笑う。涼崎の理性が負けた……(家庭用なので自粛)

黒の断章涼崎の口×3→机(書類)→涼崎の口→遥の口×2→涼崎の口→遥の顔×2→遥の口×3→カーテン→遥の口

涼崎が部屋に戻ると遥が訪ねてきた。涼崎に相談に乗ってもらうために。遥は同性愛者だった。希に対して家族として以上の感情を持っていたと。しかし、蛭田に盗撮されていて、希でオナヌーしているところを撮られてしまったのだとか。そして、蛭田に脅され体を要求された。遥はシアナマイドで蛭田を眠らせ、その隙にフィルムを奪おうとしていた。遥が風呂に入って部屋に戻ると、そこで蛭田と希が倒れていた。希は気絶し、蛭田は死んでいた。そして、蛭田に盗撮されたフィルムの奪還を依頼された涼崎は、それを受ける。遥からは50万ほど入った封筒を渡されたが、ここは10万円で依頼を請け負うことにした。

黒の断章涼崎は、遥達の部屋から真下にある蛭田の部屋へ降りて、ベランダから侵入した。

画面→画面外(東側の部屋を調べる)→棚(右の下から2番目)→画面外(寝室を調べる)→右の戸棚(一番左上)→画面外(書斎を調べる)→額→画面外(リビングを調べる)→左上の時計(針の部分)×6→短針を9に長針を3に合わせて金庫を開ける→

現像部屋の棚、寝室の戸棚、書斎の額には、それぞれマザーグースの一節があった。三浦の話では、これが金庫のキーになっているという。
「ちくたく ちくたく ぼおん」
ということで、リビングの時計を調べてビンゴ。マザーグースの詩をヒントに9時15分に時計を合わせて鍵を開けると、金庫が開きました。蛭田は偶数が嫌い、詩に書いてある4つの奇数以外の奇数である「3」と「9」というわけだ。中には大量のフィルムと盗撮写真が入っていた。そして遥の部屋へと戻る。ちなみに、書斎をくまなく調べると蛭田の秘蔵写真が見れますよと。

涼崎の口×4→遥の口→カーテン

希は、どうやらあの現場に誰かに呼び出されて出向いていたらしい。

黒の断章二人の部屋を出た涼崎は、階段の下を指差した。そこで管理人が竹箒を口に突っ込んで死んでいた。死んでまだ間もないようです。涼崎が部屋に戻ると、中で雌蕊魅奈が待っていた。

魅奈の口×5→引き出し(最上段)×2→ソファー×2→魅奈の口

涼崎は魅奈にフィルムを渡して解析を依頼した。魅奈と涼崎は、涼崎が三年前に高価な情報が必要なのに先立つものがなく、雨の中をうなだれていた時に知り合った。そして、魅奈を満足させるという条件で、その情報を受け取った。報酬はそれ以来いつも体で支払っているようです。そして今日も……(家庭用なので自粛)

黒の断章4月22日
朝早くに源さんがやって来ました。

涼崎の口→源さんの口×4→寺田の口×2→源さんの口×2→寺田の口×2→源さんの口→クローゼット→源さんの口→寺田の口→源さんの帽子→涼崎の口×2

昨日の管理人殺害についてでした。知ってはいたが驚く振りをする涼崎。そして、樋口るみ子も前日に殺害されたとのこと。今度は本気で驚く涼崎。自室の浴室で感電死していたそうだ。死体には性交の痕があったらいが、当然その相手は涼崎だ。現在体内に残留していた体液を調べているとのこと。やばい。それと、安藤は行方不明になっていて、重要参考人として警察は追っているようです。

黒の断章まずは瀬尾直美の部屋へ。

直美の口×5→カーテン→直美の口×2

昨日も直美は気絶してしまったらしい。多分ただの病気とかではないんでしょう。それと、昨日蛭田の部屋に何者かが侵入する音を聞いたとかで、それを源さんに話してしまったようだ。つまり涼崎が侵入した時のことだ。涼崎は遥が疑われてしまうと思い、急いで遥の部屋へ向かった。

源さんの口×2→寺田の口×2→源さんの口→ドア→遥の口×2

時既に遅く、遥は重要参考人として警察へと連行されてしまった。涼崎は、遥に頼まれて希を預かることとなった。

希の口→明日香の口×4→希の口

希を連れて部屋に戻った涼崎達。そこへ明日香がやって来た。涼崎は、この事件に自分も何か関係していると感じていた。思い出す6年前の事件。そして、杜松が事件の鍵を握っているだろうと確信した。涼崎達は、希を部屋に残して三浦の部屋へと向かう。

三浦の目→三浦の口×7

三浦から、かつて務めていた製薬会社で人体実験が行われていたことを聞かされる。それで死者が出たことを。それ以上の何かがあったらしいことも言いかけたが、ハッとして口を閉ざした。涼崎もそれ以上は突っ込まなかった。

黒の断章続いては杜松の部屋へ。

杜松の口×4→杜松の手→本棚(右上)→杜松の顔→杜松の口×3→杜松の手

杜松はいつもはアメリカに住んでいる。その場所がメイン州であることを聞いて涼崎は動揺した。蘇る記憶の断片。遺跡のような場所。金髪の女性。杜松の手の傷が気になった涼崎は、医者に見せないのかと尋ねてみる。杜松は病院を毛嫌いしており、魔術も立派に医学だとか何とか演説を繰り広げていた。

再び杜松の部屋へ。

杜松の口×3

杜松から「ベルテインの夜」という言葉が出ると、涼崎は再び記憶混乱を起こした。
「ーー図書館で調べたでしょ、聡!『ベルテインの夜』よ!!…今夜が、その悪ーー」
ノーラという女性が涼崎に語りかけている。そこに、背後から迫る危機という記憶だ。杜松は、涼崎の過去と関係があるっぽい。

三度杜松の部屋へ。

杜松の口×3

涼崎は、自分が杜松を疑っていることを話した。涼崎はそれで杜松にカマをかけようとしたのだが、見事に交わされてしまった。

黒の断章仕方なく部屋へと戻る。

希の口×2

草薙と希を残して、涼崎は一人で直美の部屋を訪ねた。

直美の口→直美の顔×2→直美の体→直美の口×2→直美の手

涼崎は直美に、杜松に注意しろと警告した。気分が悪くなった直美を寝室に送って帰ろうとする涼崎を直美は引き止める。そして、高校時代から涼崎のことが好きだったことを告白した。服を脱ぎ始め、涼崎に馬乗りになる直美。直美のキスを受け入れる涼崎だったが、直美に口移しで錠剤のようなものを送り込まれ、それを飲み込んでしまった。即効性の睡眠導入剤だった。薄れる意識の中で、直美の眼球が上下左右に激しく動いているのが見えた……

黒の断章画面→希の口×2→希の体→画面

涼崎は全然戻ってこなかったが、草薙はまた悪い癖が出た位にしか思っていない。草薙は希が何を見たのか聞いてみた。あの日、遥が蛭田の部屋で大変なことになっているという手紙を受け取り、蛭田の部屋へ行ったらしい。そして、蛭田が死んでいるのを発見した。そして、遥がやったのではないかと思ってショックを受けてしまったようです。草薙はそこで話を切り止め、震える希を寝室へと運んだ。抱きついてくる希にチン棒たまらなくなった草薙は、ベッドに押し倒した。そして愛の告白。希も草薙のことを好きだったようだ。二人はキスをした。しかし、これからというところで、何者かに頭を殴られ気を失ったのでした……

黒の断章4月23日
涼崎が目覚めると、その脇には死に絶えた瀬尾直美が横たわっていた。その側に置いてある手紙。それは直美ではなく杜松からのものでした。

画面

「拝啓。生憎だったね。涼崎君。キミが犯人となってこの事件はハッピーエンドだ。」
やはり、犯人は杜松だったようだ。涼崎をはめるために直美をマインドコントロールで操っていたのだとか。ひょっとしてるみ子も?で、涼崎の記憶障害の原因となった6年前の事件とも関係があるようです。それと、日本に残していた家族という話があったが、あれは希のことでした。希を連れてアメリカに帰るつもりのようである。手紙を読み終わると、その手紙はみるみるとボロボロになって塵と化した。

黒の断章草薙が目を覚ますと、丁度涼崎が帰ってきた。

涼崎の口→メモボード→涼崎の口→涼崎の顔

お互いに今までの経緯を説明する。すると、涼崎がメモボードに貼られていたメモに気付く。そこには、「屋上」とだけ書いてあった。そして、そのメモも先程の手紙同様に塵となって消えた。二人は、罠であることは承知で屋上へと向かった。

ドア(三浦)×2

屋上へ出るドアの前に三浦が磔になっていた。勿論死んでいた。三浦をドアから引き剥がして屋上へ出る二人。既に日は暮れかけていた。

黒の断章二人の前に現れたのは、魅奈と明日香だった。

魅奈の口×6→明日香の口→遥の口×2→魅奈の口→明日香の口

魅奈と杜松はグルだったのだ。21年前、蛭田と三浦はある薬品の開発に携わっていた。それは不老不死の薬だった。開発には成功したものの、成功率は低かった。開発の主任だった人物は、倫理に反するとして実験を破棄しようとした。しかし、蛭田たちはそれをよしとせず、逆にその主任で人体実験を行ってしまう。主任は副作用で死亡した。部下である妻の目の前で。その妻にも口封じのために薬剤が投与された。そして、狂乱状態だった研究員達に犯されてしまう。しかし、その女性の人体実験は成功してしまった。そう、それが雌蕊魅奈だったのである。魅奈はこれまでにも研究員達を殺害してきた。残ったのは蛭田と三浦だけだった。そこへ二週間前に杜松が現れた。杜松の目的は希と涼崎。利害は一致した。どうやら、佐藤一家はデモンストレーション、るみ子と直美は、涼崎と関わったばかりに殺されたらしい。明日香も魅奈が猛反対しなければ殺されるところだったという。

黒の断章そこへ警察に拘束されているはずの遥がやって来た。どうやら犯人(魅奈)から自供書が提出されたらしい。希は杜松の娘とかそういうのではなく、何かに必要な人間みたいです。魅奈は、こうまでして復讐にこだわった理由について語る。それは不老不死の薬のために永久に成長できなくなった人間がもう一人いたから。それは魅奈のお腹の中の胎児でした。魅奈は明日香を開放した。涼崎に、杜松が「全ての鍵は『黒の断章』にある」と言っていたことを教えると、魅奈は持っていた拳銃をこめかみに当てた。涼崎に最期のお願いだと
「私の死に顔は…見ないで…ね…」
と言って引き金を引いた……。涼崎は完全ではないが思い出しかけていた。そして、希がいるであろうメイン州のヒルズハーフエイカーへ向かう。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

最後のシーンが亡くなった魅奈の声優と被ってて泣ける

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。