スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァーミリオン ダンジョンマップ&ストーリー 後編

ヴァーミリオン ダンジョンマップ&ストーリー 後編


前編はこちら

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

クレアラに到着。しかし街の人々から、俺は凶悪な犯罪者扱いされてしまった。どうやら、俺の名を語る何者かが悪さをしているようだ。おまけに美の指輪まで奪っていったという。俺は偽物のいるタイレルの洞穴へと向かった。A:アレスシールド・B:地図・C:バーバリアンソード・D:ボス

ヴァーミリオン

偽物を発見。本性は魔導師でした。俺は魔導師の攻撃をしゃがみでかわしつつ、スケルトンを斬りつけながら徐々に前進。最後は魔導師の懐に入って一気に片をつけてやった。

ヴァーミリオン

ラジェルに到着したが、ここは男性が炭鉱送りにされているため女性しかいなかった。男性達はジェラルトの洞穴に連行されているようだ。宿屋では、男日照りの人妻に誘惑されて、思わず体を許してしまった。ちなみに、その後も人妻との情事を何度も重ねていると、HPがなくなって死んでしまいます。このゲーム最大の見せ場ともいえるシーンなので、事前にセーブして一度は拝んでおきましょう。ゲームなので復活できはできますが、神父に大目玉を食らってレベルを1に戻されてしまいます。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ジェラルトの洞穴で男共を救出した。宿屋にいた人妻のところにも夫が戻っていたが、どうやら俺と奥さんの間に流れる空気から、完全に疑いを持たれてしまったようです。長居は無用だ。A:地図・B:村の男

ヴァーミリオン

マコーミックの王様に、大地の指輪を譲ってもらうようにかけあってみたが、交換条件として、ノーザスの洞穴にあるホワイト・クリスタルを取ってくるように言われたので行ってみる。A:ボス・B:地図

ヴァーミリオン

ホワイト・クリスタルは、ダーク・デーモンが守っていた。その場で剣を振りまくっていたらHPギリギリ1残しで勝利した。ちなみに、レベルは19、バーバリアンソード、ドラゴンシールド、ナイトアーマーを装備。ゴリ押しで勝つにはこれが最低ラインのようだ。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ホワイト・クリスタルを王様に届けたが、今度はサーザスの洞穴にあるレッド・クリスタルを要求された。それを守るブラッド・デーモンを全く同じパターンで倒して入手。レベルも上がっていたからか、今度は余裕だった。A:地図・B:ボス

ヴァーミリオン ヴァーミリオン ヴァーミリオン ヴァーミリオン ヴァーミリオン

今度はウーザスの洞穴にあるブルー・クリスタルを要求される。いいように使われている感はあったが、大地の指輪が向こうの手の中にある以上は不本意ながら従うしかない。ブルー・クリスタルを守るグレイ・デーモンをやはり同じパターンで撃破した。A:地図・B:ボス・C:クリティカルソード

ヴァーミリオン

ようやくドケチな王様が折れてくれた。これでやっと先に進めます。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

全ての指輪を集め、フョールドへと向かう。最初の洞窟を突破。入り口が2つあるが南東から。A:地図

ヴァーミリオン

2つめの洞窟を突破。A:地図

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

3つ目の洞窟を突破。A:地図

ヴァーミリオン

ようやくヒョードルに到着。ここは俺の生まれ故郷だった。しかし、街はすっかり荒廃しており、そこにはシェリムという老人がいるのみ。シェリムに指輪を見せたが、どうもドケチな王様からもらった大地の指輪は偽物でした。仕方なくマコーミックに戻ってみたが、ここもアーネスト軍に襲われて壊滅状態でした。街の人々から見捨てられた王様が残されていたが、これまでの悪政を悔いながら息絶えた。本物の指輪もアーネストに奪われてしまったようだ。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

うっかり、シークレット・キーを売りさばいてしまい、シークレットの洞穴に行けなくなってしまったのでマップもカットします(地図も手に入らない)。手に入るのがソード・オブ・デスだけなので、別に行く必要もない。続くラグラッツでは、ファンだという女の子の手料理を御馳走になったが、毒を盛られてしまった。これが教会でも魔法でも治せない強力なものだったので、ハビタルの洞穴にあるホスルの草を取りに行くハメに。A:地図・B:ホルスの草・C:オールドニックアーマー

ヴァーミリオン

体調も戻ったので、ラフロスにいるブモじいさんから通行証を買って、いよいよアーネスト城へと乗り込んだ。城にいた側近がドラゴン化したので、サクっと倒しておく。ロルカとかいう親玉は、指輪を持ってグラーネスの洞穴に行ったようだ。街の住人が盗んでおいたというグラーネスの鍵を受け取って、いよいよ最終決戦に臨む。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン ヴァーミリオン

立ちはだかるモンスターを次々と倒し、力、美、地の指輪を奪還した。中ボス1は炎を撃ってきたら下がってのヒットアンドアウェイで倒し、中ボス2は上段の炎をしゃがんで交わし、下段の炎を剣で打ち消しながら前進し、懐に入ったら剣を振り回す。中ボス3は、強引に頭を斬りつけて倒した。ちなみに、アトラスの鏡を使うと、この世界のマップが全てオープンする。A:中ボス1(ゴールドキー)・B:力の指輪・C:中ボス2(シルバーキー)・D:美の指輪・E:中ボス3(ブロンズキー)・F:地の指輪・G:ラスボス・H:アトラスの鏡・I:シークレストアーマー

ヴァーミリオン

最後の敵はロルカ。俺の父親だと言い出したので、実の父親とかそういう展開かと思ったら、俺の母親と再婚したので義理の父親になったという話でした。そして、俺のことを悪の道に誘ってきたが、当然答えはノーだ。さすがの強敵だったが、何度か転生を繰り返した挙句、強引に突っ込んで何とか倒すことができた。正気に戻ったロルカ。どうやら、この人物は俺の父親の戦友だったらしい。二人は、平和のために善悪それぞれ8つの指輪を集めたが、ロルカの心のなかの悪と8つの悪の指輪が同調してしまい、悪魔に心を支配され始めたそうだ。そして、父も悪魔に蝕まれ始め、二人は互いを殺し合う決意をしたが、ロルカだけが生き残ってしまったと。そして、亡き父に詫びながら、ロルカは息絶えた。

ヴァーミリオン

指輪の力により、国々に平和が戻った。イーデンにいた王女を迎えに行き、母と3人で厳かに暮らしていたが、それから数年後、今は亡き2人の父の遺志を継ぎ、歴史に名を刻む立派な指導者として、誰からも尊敬される王様になった。

ヴァーミリオン

(おしまい)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

game bot

すべてのゲームで使用可能なオートマウス(至尊マクロ)があります。
Banになる心配無用。 唯一の100%ハードウェアタイプです。
すべてのゲームに応用して作動する製品です。
自動狩りなど色んな機能がその場所に応用して使用可能です。
詳しいことは一応下記のホームページで詳しい機能を参考にして見て下さい.(見て損なし!)
これを買ってからは不安を思いながらBOTを使う必要なしです。
疲れた時は至尊マクロを使ってみて下さい。 ゲーム生活が豊かになります。
(www.automouse.jp)

間違い

タイレルの洞窟の右側のマップ、BとCのアイテムが逆ですよ。

Re: 間違い

ご指摘ありがとうございます。
修正させていただきます。

Re: Re: 間違い

お手数かけてすいません
これってBがバーバリアンソードでCが地図ってことでよろしいでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。