ヴァーミリオン ダンジョンマップ&ストーリー 前編

ヴァーミリオン ダンジョンマップ&ストーリー 前編


ヴァーミリオン(元記事)

AM2研制作のアクションRPG「ヴァーミリオン」をストーリーを追いつつプレイ。ダンジョンマップを公開していたサイトが消滅してたので、ついでにマップも作っておきます。

ヴァーミリオン

「アーネスト国」のロルカ3世(力のセント・ヴァーミリオン)は、平和な「ヒョードル国」に進軍を開始した。「ヒョードル国」のヴァーミリオン達は勇敢に戦ったが力及ばず、遂に城を囲まれてしまった。「ヒョードル国」のリラダン5世(知識のセント・ヴァーミリオン)は覚悟を決め、シャトリアン(テンプル・ヴァーミリオン)にまだ幼い王子と、「知識の指輪」を託し死地から落ちのびさせた。城は炎に包まれ、崩れ落ちていった・・・。幼き王子を連れ一人落ちのびたシャトリアンの瞳には、死んでいった戦友達と「リラダン5世」の顔が映っていた。そして、18年の月日が流れた・・・

ヴァーミリオン

父のシャトリアンは病の床に臥せっていた。死期を悟ったシャトリアンは、俺に真実を打ち明ける。自分が俺の実の父親ではないこと。俺の実の父親がリラダン5世であることを。そして、世界を支配しようと企むアーネスト国の野望を打ち破り、父親の仇を取ってくれと言い残して、あの世へ行ってしまいました。

ヴァーミリオン

父親の形見でもある「知識の指輪」を取りに、村近くのピークの祠へと向かった。その奥にいたジョセフという老人から、知識の指輪を受け取った。A:地図・B:100キム・C:薬草・D:ロウソク・E:知識の指輪

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

エリアスの町の王様に指輪の交渉をしてみたが、テストとしてラドスの洞穴から財宝を取ってくるように言われた。その通り、ラドスの財宝を手に入れて帰ってきたものの、町に留まるよう王様に強制されてしまった。A:薬草・B:ロウソク・C:地図・D:ラドスの財宝・E:300キム・F:スケールアーマー

ヴァーミリオン

再び王様にかけあってみると、王様がドラゴンに変身した。どうやら偽物だったらしい。俺はドラゴンを倒し、地下牢に幽閉されていた本物の王様を救出。「天空の指輪」を手に入れた。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

グローレンという村に辿り着いたが、そこは老人だらけの村だった。どうやら、レドルガの洞穴にいる怪物に若さを吸い取られてしまったようだ。A:地図・B:600キム・C:薬草・D:ボス

ヴァーミリオン

怪物を退治して村人は元に戻りました。しかし、それまでただで利用していた宿屋に法外な宿代を請求されてしまいました……

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

クルトの町にある「風の指輪」を探しに来たが、王様は外出中で城にはいなかった。どうも下々の暮らしをチェックするため町人になりすましているようだ。そこで、ビージャの洞穴に群生しているという王様の大好物「てんたけ」を採取することにした。A:地図・B:ラージシールド・C:700キム・D:てんたけ・E:メタルアーマー・F:マジックシールド

ヴァーミリオン

てんたけで王様のあぶり出しに成功。王様の正体をバラさないことを条件に「風の指輪」をいただきました。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ユルジスの町へ向かう途中にあった洞穴の奥で、少女からキーナの魔法書を売ってもらった。しかし、ユルジスで魔法書の盗難疑惑が持ち上がってしまった。疑惑を晴らすべく、洞穴にいる少女のところへ再び向かったのだが……A:ランタン・B:地図・C:850キム・D:魔法売りの少女(2度目はボス)・E:スケルトンアーマー

ヴァーミリオン

少女はバケモノに変身しました。序盤にしてはかなりの強敵だったが、上段のファイヤーボールをしゃがみで避け、下段のファイヤーボールを刀で切り落としつつ、バケモノの懐に飛び込んだ。ここからはしゃがみ斬りの連打で速攻倒すことができた。少女は反省して立ち去りました。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ユルジスに戻ると、町が襲われていた。どうやらあの少女が指輪を奪っていったようだ。そして、クロルの洞穴へ逃げていったという。さっそく洞穴へ行ってバケモノを倒す。以前よりも強くなっていたが、懐にさえ潜り込めば同じパターンで倒すことができる。そして、無事、指輪の奪還に成功したのだった。A:ロイヤルシールド・B:地図・C:ボス

ヴァーミリオン

次に傷ついた町の人を助けるために、バリッシュにいるパムという腕利きの医者を読んでくることに。パムが宿屋の2階で寝ぼけていたので、道具屋で買った目覚まし時計を耳元で鳴らして叩き起してやった。ユルジスの人々はすっかり元に戻り、喜んだ王様からキールの魔法書をもらいました。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

再びバリッシュに行くと、子供から俺のためにポイゾンシールドを取りに行った父親が帰ってこないというので、父親の向かったというトポルの洞穴に向かう。中で父親を救出し、洞穴の奥に眠っていたポイゾンシールドをゲットしました。A:エメラルドアーマー・B:地図・C:1000キム・D:歩イゾンシールド・E:ミラージュソード

ヴァーミリオン

助けた父親からダンジョンキーをもらったので、それを使って洞窟を抜けてイーデンへ向かう。A:地図

ヴァーミリオン

イーデンは王が不在で、後継者候補の2人の大臣が次の玉座をめぐって争っていた。そんな状況の中、ナスターシャ姫は俺が来るのを待っていた。先代の王から水の指輪を託されたアルムが、俺が来るまで指輪を守ろうと、ルシードの洞穴に見を隠しているという。ルシードの洞穴へ行く前に、フラっと道具屋に寄ってみたら、これがとんでもない悪徳業者だった。エッチな本と引き換えに、全財産とミラージュソードを失ってしまった……

ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ルシードの洞穴でアルムに会ったが、高貴に見えないので、俺がばにいであることを信じてくれない。俺は自分を証明するために、洞穴の奥に眠っているキング・クラウンを取ってきた。俺はアルムに認められ、水の指輪を受け取ったはいいが、勝手にイーデンの新たな王とされてしまうのでした。A:地図・B:アルム・C:クラウン・D:ファントムシールド

ヴァーミリオン

ナスターシャに報告。
「一目あった時から、私は、あなたを……」
俺様にベタ惚れの様子。二人の大臣は、捨て台詞を吐いて消えてしまった。しかし、俺はこんなところで呑気に王様をやっているわけにもいかない。事情をアルムに話し、姫との結婚は使命を終えた後と約束して、イーデンを立ち去ることにした。

ヴァーミリオン ヴァーミリオン ヴァーミリオン

ラフロスの村にいた老人から、ホーンスの洞穴に眠る財宝のことを聞かされた。早速行って、1万5000キムもの大金を頂戴したのだが、老人に報告したら半分の7500キムを情報提供料として持っていかれてしまった。A:地図・B:金・C:グラビドンソード

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック失礼いたします!【疑惑】の内容でリンクしました!

恐れ入ります、リンクさせていただきました。ご不要であればお手数ですが削除お願いいたします。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク