スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の継承者 ファンタシースターIII ケインの章

時の継承者 ファンタシースターIII ケインの章


時の継承者 ファンタシースターIII(元記事)

「時の継承者 ファンタシースターIII]」をストーリーを追いつつプレイ。誰と結婚するかによってシナリオが分岐していくのですが、相手は自分の好みで決めてます。ファンタシースターといえば、セガは「PSO2」をPS Vitaで発売すると発表して、色々と物議をあしちゃってますね。PSUの悪夢があるだけに確かに不安だよなあ。セガは好きだけど、信用はできないからなw

時の継承者 ファンタシースターIII

1000年前、ライアという魔女が生まれた・・・。ライアは、モンスター軍団を作り出し、世界を征服しようと企んだ・・・。しかし、英雄オラキオが、ロボット軍団を率いてライアに立ち向かった。二つの軍団は、世界を二つにして戦いを続け、最後は、ライアとオラキオは相打ちになり、ともにこの世から消えた。この時、ライアに組みして戦った人々の子孫は、ライアの民と・・・。オラキオに味方して戦った人々の子孫は、オラキオの民と名乗っている。この戦争によって、星の世界を旅するほど栄えた文明は滅び、人々の生活は中世の時代と変わらぬものとなった・・・

時の継承者 ファンタシースターIII

ケイン・サ・リーク。彼はオラキオの民が住むリーク王国の王子である。今、この国は、ケインとマーリナ姫の結婚の話題で持ちきりだった。彼女は、城の近くの海岸に流れ着いたところをケインが助けた美少女だ。しかし、マーリナという名前以外の一切の記憶を失っていた。

時の継承者 ファンタシースターIII

「ハハハ!俺はライアの一族!マーリナ姫はいただいていく!」
結婚式の席上で、突然現れた黄金の竜によって、マーリナは連れ去られてしまった。頭に血が上ったケインは、騎士団に命じてライア一族の掃討を叫んだが、父である王に諌められる。そして、頭を冷やせと言われ、地下牢に幽閉されてしまいました。

時の継承者 ファンタシースターIII

リナと名乗る少女によって、牢獄からの脱出に成功。マーリナ救出のために、ケインは街を後にした。

時の継承者 ファンタシースターIII

ヤータという港町に到着。渡し舟があったが、渡し守のじいさんに「男と2人で乗ってもつまらない」と言われて断られてしまった。フューリという島の町では、北東の湖にまばたきをしないライアの少女がいるという噂を聞いたので行ってみる。そこにいたのはライアの一族ではなく、ミューというアンドロイドでした。エネルギーが切れて長い間湖の中で眠っていたそうだが、何者かによって目覚めさせられたらしい。その後ずっと人々に追い回されていた彼女は、ケインと行動を共にすることとなった。ミューを連れてヤータにいる渡し守のところへ行くと態度が一変。南の島へと舟で連れていってくれた。

時の継承者 ファンタシースターIII

島の洞窟へと突入。その奥では、ライル・ラ・ミラーと名乗るライアの民が待っていた。そして、盗んだリーク王家の宝「森のサファイア」をあっさりと返して消えていった。一体何者なのか?悪いやつではなさそうだが。

時の継承者 ファンタシースターIII

東の洞窟を抜けると、そこは雪原地帯だった。近くの漁師町ライスルの住人によると、ある日突然冬が襲ってきて、こんな状態になってしまったんだと。
「砂漠のあの子に会いたけりゃ4つの砦の真ん中に。海のあの子に会いたけりゃふたつの月の輝く海に。」
そんな古くから伝わる歌を吟遊詩人のマイから聞いたケイン達は、そのヒントを頼りに、砂漠にある忘れ去られた村ハサタカへと向かった。ライスルの吹雪は、どうやら気象コントロールタワーの故障が原因で、それを直せるのは西の洞窟にいるシーレンだけらしい。

時の継承者 ファンタシースターIII

西の洞窟で、シーレン・タイプ386システムを仲間に加えた。彼は、オラキオ一族に仕えるようにプログラムされたロボットでした。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象コントロールタワーへ行くと、あのライルがいた。彼も気象システムを修復しようとやって来たようだが、彼の手に負える代物ではなかった。ケイン達の中にシーレンがいるのを見つけたライルは、気象システムの修復を懇願。その代わりに仲間になってくれました。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象システムの修復に成功。ライルは、お礼として、彼の国にケイン達を招待してくれるそうだ。

時の継承者 ファンタシースターIII

ライスルの町に戻ると、町はすっかり元の姿を取り戻していた。これで舟を使って海を渡ることができる。海を渡った場所に2つの国があったが、この2国は戦争状態にあった。片や、アゴエというオラキオの民の国、片やシューソランというライアの民の国。アゴエでは、女の子がシューソランの城に連れ込まれたという話や、シューソランの噴水から怪物が出てくるのを見たという話を聞いた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シューソランの噴水は地下への隠し扉となっていた。奥へと進み、間もなく王の間というところで
「・・・ケイン君、この先へ進む前に、君の力を試したい。」
と言って、ライルが単独で先へ進んでしまった。そして、王の間でライルが待ち構えていました。
「さあ、ケイン君!武器を取れ!君がどれほどの男か、見てやろう!」
ケインは苦闘の末にライルを打ち倒した。

時の継承者 ファンタシースターIII

ケインの力を認めたライルは、一人の女性を紹介してくれた。かつて、地下牢からケインを救い出したリナであった。彼女の話では、マーリナはこの城の裏門から向かいの島に連れ去られてしまったようだ。新たな仲間を加えて、ケイン達は再び気象コントロールタワーへと向かった。

時の継承者 ファンタシースターIII

気象コントロールタワー2階にあるサテライトシステムのパネルに月の石と月の涙をはめ込むと、それまで遠ざかっていた紫の月と青の月が急接近し始めた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シューソランに戻って北の岬に行ってみると、月の引力によって潮が引き浅瀬の道が現れた。それを渡るとシールという町にたどり着きました。どうやらマーリナはこの国の王女であった。ライアの民である国民は、オラキアの民であるケインとマーリナの結婚に猛反対していた。

時の継承者 ファンタシースターIII

シールの国王、つまりはマーリナの父親に謁見するも、問答無用で戦闘に。国王を倒して実力が認められたケインは、マーリナとの結婚も認められた。しかし、仲間であるリナが、実は隣国サテラの王女であり、ケインの許嫁であったことが発覚してしまう……

時の継承者 ファンタシースターIII

ケインには選択が迫られていた。マーリナと結婚すべきか、リナと結婚すべきか。ケインは庶民派のリナよりも、神秘的な魅力のマーリナを選んだ。

時の継承者 ファンタシースターIII

故郷と王位継承権を捨て、シールの新たな国王となったケイン。そして、マーリナとの間にアインという王子を授かった。物語は次代へと継承されていく……

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。