フォトジェニック 後編「ばいにゃん」

フォトジェニック 後編「ばいにゃん」


前編はこちら

ソニックジェネレーションズは全部ランクSにしました。ということで、再びセガハード中心のゲームライフに戻りつつありますが、息抜きに、ソニックとマリオカートでタイムアタックやネット対戦に興じております。

フォトジェニック

9月。家を出たところで怪しげな男に睨まれた。豊神楽駅では公平に会う。モデルの女の子を見つけたというので、見に行ってみることに。そのモデルは理路でした。レストランLaZEROに綾乃が入っていったので入ってみる。何とバイトしていた。しかし、食事代が5000円って……。日曜日に兼嬢学園に行ったら、昨日の男がいた。どうやら綾乃の幼馴染らしく、俺に嫉妬しているようだ。綾乃に近づくなと言われるがきっぱりと拒否。

次の日曜日に手の平湖周辺を散歩していたら、女の子がいたので近づいてみるといずみちゃんだった。苦手の数学の勉強に悪戦苦闘していたので、気分転換にとネーデルランドへ連れて行ってあげた。

フォトジェニック

翌週、まみたんをスタジオ撮影していた。このクソ暑いのに、まみたんは元気です。夏服だかららしい。公平が来て押し問答していたら、まみたんは寝てしまった。パンツが見えそうだった。日曜日は大戸島美術館でいずみちゃんの撮影。いずみちゃんは20分も前に来ていたようだ。時間を間違えたのかと思った。そんな彼女をパシャリ。努力で夢は叶うか?的なことを聞かれたので、出来ると答えてあげた。

フォトジェニック

次の週、編集部に行くと雨が降ってきた。編集部で置き傘を探そうと思ったら、綾乃がやって来ました。編集部に一緒に入っていったら睦香にからかわれてしまう。傘が1本しかなかったので、相合傘ということに。綾乃を家まで送るが、密着するわけにもいかず自分が濡れるのを我慢。睦香のことをどう思っているのか綾乃が聞いてきたので、綾乃の方が好きだと半告白しちゃったぜ。

日曜日はネーデルランドでまみたんの撮影。駅で待つ間に今までの成果を振り返り、ばっちり撮れていると自信を深める。撮影中、今まみたんが何を考えているかと問われ、まみたんのことだから「食欲魔人の秋」と答えたら大正解。なんじゃそりゃ?お花畑でまみたんをパシャリ。

次の週は、いずみちゃんの部屋に入れてもらった。まるでお父さんの書斎のようなしぶい部屋でした。日曜は八甲山で綾乃の撮影。近くの北条家の別荘で綾乃お手製のお弁当をいただく。初めての料理だと言われ、びびりつつ食べてみたが美味しかった。食後、綾乃が落ち葉の上で転んだところを激写した。

フォトジェニック

10月10日は体育の日ということで、第四高校で体育祭。ブルマを撮影しに行ってみるとまみたんがいた。赤ブルマなのにガックシ。ブルマは紺が基本だ。しかし、いつもと様子が違う。話しかけてみると、今日は体調が悪くて見学しているのだとか。病気は完治してない?

翌週の日曜は綾乃の自宅で撮影。絵を描いていたらしくエプロン姿だったので、活動的に見えると褒めてあげた。綾乃の描いていた絵の感想を聞かれたので、よく描けているけどダメだとダメ出し。自分ならではの絵を描けと、上から目線で言ってみた。

その翌週、睦香が急の仕事で入れておいたスタジオが使えなくなったので、ただで使わせてもらえるということで誘いに乗る。睦香が頼んでいた衣装が届くと、まみたんがそれを着ての撮影に。魔女っ子チックな服でした。その週末には、公園にまみたんがいたので近づいてみるが、階段に座って元気がない。胸が痛いというので、やっぱ来たか!と思ったが、どうも様子が違う。
「どきどきして、きゅっと苦しくて……」
まみたんは恋の病にかかってしまったようです。

フォトジェニック

翌週、まみたんから電話。明日、手術間近の博人のために、まみたんが演奏会を開くそうだ。しかし、博人のイベントなんて全部スキップしていたから、そんなことになっているとは全く気付かなかったですw。外に出たら金持ちそうなばばあに睨まれた。綾乃のおばあさんでしょうな。

その翌日、約束していたまみたんのサックスコンサートを見に行く。観客は雄吾、博人、大成さんの三人。僅か5ヶ月で凄い腕前になってました。そんなまみたんをパシャリと。まみたんの男前な演説で、博人も手術に立ち向かう勇気をもらったようです。

日曜日は海岸公園で綾乃の撮影。夕日を眺めているところを綾乃に脅かされる。全然気付かなかった。今日は撮影を忘れてデートを味わいたい気分だったが、つい写真のことを考えてしまい、正直に話して謝る。そして夕日をバックに綾乃をパシャリ。今年と同じ秋が来年も再来年も来て欲しいと言う綾乃にダメ出し。次の日曜もネーデルランドで綾乃の撮影。風車を見に行こうと提案したが、それは待ち合わせの場所にあったので、牧場へ馬を見に行くことに。綾乃が馬と戯れているところをパシャリ。

フォトジェニック

翌週、睦香から電話でまたスタジオが無駄になりそうだというが、今回は料金もしっかり徴収するつもりのようだ。しかし、ここはまみたんのためになけなしの一万円を支払うことに。衣装は前回と同じ。着替えが遅いので迎えに行ったらまだ着替え中だった。どうやら寝ていたらしい。これだけのために一万円か……

数日後、編集部前でいずみちゃんにバッタリ。クリスマスの予定を聞かれたので何もないと答えたら、教会のクリスマスパーティーに誘われちゃいました。日曜日はネーデルランドでいずみちゃんの撮影。ウォーターランドへ行ってみる。真っ白な水着が妙にエロかった。泳げない俺は一人で練習していたのだが、見事溺れてしまった。気が付いたらいずみちゃんに人工呼吸されてた。溺れてみるもんだ。

翌週、第四高校へ行ってみると屋上に女の子がいたので、望遠レンズで覗いてみる。ホント変質者だな。その女の子は、まみたんでした。更には勝手に学校に入って屋上へ行く。また元気がない様子。ハプニングで俺と抱き合ってしまったが、こうしていると元気が戻って来るんだと言っていた。

フォトジェニック

12月。家を出たら博人がランドセルをしょっていた。手術は成功してたようです。パルゾンデパートでセールをやっていたので行ってみた。屋上にはいずみちゃんがいました。メガネを外したいずみは可愛かった。落ち込んでいるので少し様子を見てから声をかける。いずみちゃんも恋の病みたいね。

後日、手の平湖でいずみちゃんと再会。メガネっ娘はどうかと聞かれたので、無い方がいいと答えてみる。すると、高校生になったらコンタクトにしてみると言われました。いずみちゃんの志望校はどうやら綾乃と同じ兼嬢学園みたいです。

翌週、豊神楽駅で理路に会う。まみたんが病気だということで見舞いに行くことにした。お見舞いにリンゴを買ってまみたん宅へ。少し中にお邪魔した。日曜日には元気になってました。

フォトジェニック

クリスマスイブの撮影にまみたんを誘う。プレゼントは奮発して指輪。待ち合わせは創立記念館。外は雪。まみたんがまだ来てなかったので二階の窓を覗いてみると、雪と戯れているまみたんがいた。高感度フィルムで激写した。食事の後プレゼントをあげる。まみたんからは手編みの手袋をプレゼントされました。

数日後、マキノ写真館に誰もいないのでよく探してみたら、綾乃の子供の頃の写真があった。撮影したのは編集長でした。編集長の割りにはよく撮れていたが、子供の綾乃には表情がありませんでした。

大晦日、初詣にいずみちゃんを誘う。いずみちゃんは振袖姿。何か言ってもらいた気だったので振袖姿を褒めてあげた。境内でいずみちゃんと買い物した後、いずみちゃんの不意を狙って撮影。安産祈願の神様があったので拝んで行こうとボケてみたら、いずみは本気でとらえてしまった……

フォトジェニック

年明けにスキー場でいずみちゃんの撮影。いずみちゃんはかなりの上級者でした。全くの初心者だった俺は、彼女に教えてもらいながら何とか滑れるようにはなりました。その数日後には、今度はまみたんとスキー場で撮影。まみたんは猫耳ルックでした……

翌週もいずみちゃんと撮影の約束をしていたが、朝から頭痛が酷い。家を出るといずみちゃんがいて、いきなり別れを告げるダブルパンチ。
「貴方が……貴方が、私を利用するから……まるで道具のように……私は、モノじゃない!」
俺は走り去るいずみちゃんを追いかけて抱きしめたが、そこでダウン。と思ったらそれは夢で、ベッドの上でいずみちゃんを抱きしめていたというオチ。月末には入試の合格発表だというので一緒に行くことに。兼嬢学園に見事合格してました。おめでとさん。

フォトジェニック

2月。スタジオで綾乃を撮影していたら、面白い衣装を見つけたといって綾乃が着替えてきた。舞台か何かの衣装だろうか、王女様風のエロコスだった。どうやって撮影するか悩んでいたら、綾乃が似合ってないのかと不安がっていたので、似合っていると言ってあげました。

数日後、豊神楽駅で理路に会う。まみたんに大戸島海岸で俺が待っていると嘘を言ったらしい。行ってみると、まみたんが雨の中凍えて立っていました。服はズブ濡れ。午前中からずっと待っていたようだ。遅くなった理由を聞かれ本当のことを話す。

バレンタインデーに自宅を出ると、いずみちゃんがやって来た。今日はメガネをかけていない。そしてバレンタインのチョコをくれました。

フォトジェニック

数日後、理路から電話があった。まみたんが入院してしまったそうだ。すぐに病院へ向かう。面会時間は過ぎていたが構わずに入った。まみたんの病室にこっそり向かったが、廊下で誰かに見つかってしまう。それはまみたんでした。気丈に振舞っていた彼女でしたが
「……でもね、まみたん……もう、だめみたい。」
と弱音を吐いた。「まみたんはいらない子」と卑下するまみたんに
「僕が必要としている!」
と必死に励ます。そして決意の告白をかました。
「……僕のために、生きてみない?」

その2週間後、俺はスタジオで綾乃を撮影していた。綾乃が自分の考えた衣装に着替えに行ったっきり帰ってこないので、純粋に心配して様子を見に行く。そこにはシーツ一枚に生まれたままの姿でくるまっている綾乃が。それはハプニングなどではなく綾乃の提案だった。そして、綾乃のあられもない姿をメロメロになりながら激写した。まみたん?んなもの知らね。

フォトジェニック

コンクールに応募する写真を決めた。まみたんの写真の中から特Aなものを選択しました。そしていよいよ、まみたんの手術の日がやって来た。手術前の面会で不安がるまみたんに、俺はおまじないのチューをしてあげたのでした。

一ヶ月後・・・

フォトコンテストは見事金賞を獲得した。まみたんは手術が成功し無事退院。コンテストが終わっても、二人の関係は続いていた。カメラマンと被写体ではなく恋人同士として。周りからはロリコンとからかわれている。

数年後・・・

フォトジェニック

フォトコンテストで注目されたまみたんはアイドルになってしまいました。しかも、武道館でコンサートを開くトップアイドルに。俺は専属カメラマンとして、そのおこぼれをいただいている。綾乃は画家になりコンテストで大賞を受賞。個展まで開いている。いずみは雑誌のコンテストで入賞し小説家としてデビュー。彼女の小説はドラマ化もされた。俺は編集長の座につき、出した雑誌が業界ナンバーワンに。どいつもこいつも勝ち組すぎる。

そして俺とまみたんはめでたく結婚しましたとさ。

フォトジェニック

(おしまい)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さあ!サックスを吹いてみよう!!

あなたは、競馬で生計を立てている人の殆どが、実は、シンプルな馬券種で勝負をしていることをご存知でしょうか?

ブログ内検索

RSSフィード

リンク