スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人造人間ハカイダー ラストジャッジメント あらすじ

人造人間ハカイダー ラストジャッジメント あらすじ


人造人間ハカイダー ラストジャッジメント(元記事)

セガサターンのガンシューティングゲーム「人造人間ハカイダー ラストジャッジメント」をストーリーを追いつつプレイ。前にやった時は、ムービー飛ばしまくって話がさっぱり分からなかったので、改めてやってみました。ブラウン管テレビ処分しちゃったから、バーチャガンは使えなくなりました。たまにしかやらないガンシューのために置いておくには粗大すぎた……

ロードス島戦記 英雄戦争

時は近未来…。絶海の孤島に封じ込まれ、長き眠りより目覚めた究極の戦闘マシーン「ハカイダー」は失われた記憶を求めさまよい、偽りの平和に包まれた未来都市国家「ジーザスタウン」にたどり着く。ハカイダーは、そこでジーザスタウンの独裁者であった元老院の首領、そしてハカイダーの生みの親である「グルジェフ」との激闘の末、ジーザスタウンに平和をよみがえらせた。

ロードス島戦記 英雄戦争

十年後…。「監獄島」で眠りについていたハカイダーを起こさせたのは、新たなるジーザスタウンの独裁者、元老院首領「ギル」からのメッセージだった。「我が軍門に降れ!」ギルの執拗な誘いを無視したハカイダーに、ギルは剣士「ワルダー」を刺客として差し向けた。長く激しい死闘の後、ワルダーはハカイダーの右腕を切り落とし、その腕を持ち去った。腕を奪われ、誇りを傷つけられたハカイダーは再びジーザスタウンに乗り込むため、愛車ギルティーにまたがった。そして傲慢なる独裁者ギルに「ジャッジ」を下すため、新たなる戦いへ旅立った…。

ロードス島戦記 英雄戦争

門番のシルバーホースを倒してジーザスタウンに突入。中で重武装兵が少女ルビーを襲っていた。助けに入った少女の祖父が殴り倒される。そこへ後ろからアントグレーが襲ってきた。戦いの最中、ベリドットという女性が割って入り、アントグレーは退散。追いかけたが墓地に逃げられてしまった。ベリドットの占いから、墓地に入る鍵が町外れの倉庫にあると分かり、ルビーの案内で倉庫へと向かった。そして、そこで高周波爆弾を手に入れた。墓地の入口を爆弾で破壊し中へ突入。重武装兵格納庫で重武装兵の大軍を倒し、その後探し出したアントグレーを葬った。

ロードス島戦記 英雄戦争

墓地から出ると、サファイアとクリスタルという二人組に呼び止められた。どうやら、あの爆弾は彼らの物で、地下に閉じ込められているという仲間を救うために使おうとしていたらしい。彼らの後をついて地下水道へ向かうハカイダー。入口にはもう一人の仲間ダイヤモンドがいた。ハカイダーは、爆弾を使った報いのために、彼らによって敵中に放り込まれてしまうのだった。そこで指揮を採っていたのはビジンダーだった。人間の味方をするハカイダーに疑問を感じるビジンダーだったが、「敵はギル」というハカイダーの言葉に何かを感じるのであった。

ロードス島戦記 英雄戦争

そこへピンクヒポポタマスが襲ってきたが、軽く撃退した。地下水道の奥に赤い扉を見つけて入るハカイダーだったが、扉が閉まり突然の大爆発。罠だったようだ。もはやこれまでかと思われた時、何者かの足音が近付いてくるのが聞こえたが、ハカイダーはそのまま意識を失ってしまった。気が付くと見慣れぬ部屋で寝ていた。そこには、どこかで見覚えのある人間の女性の写真が飾ってあった。外へ出るとあの三人組が待っていた。どうやら他の仲間は全員殺されてしまったようだ。と、そこへ重武装兵が襲ってきた。四六時中こんな状態だそうだ。俺に街を出て行けというサファイアだったが、俺の目的がギルだと知ったダイアモンドは、元老院本部への手引きをしてくれた。

ロードス島戦記 英雄戦争

突入して最初に出迎えたのはミカエルだった。ミカエルは醜く変形してハイパーミカエルとなったが、どうにか撃退できた。次の相手はビジンダーだった。しかし、激闘の最中にギルの仕掛けた罠が作動して、ハカイダーは窮地に陥る。それを救ったのはビジンダーだった。ギルはこの街で人間のロボット化という実験をしており、ビジンダーはその成功者第一号だったのだ。そして、自らの体内に仕込んであった爆弾を爆発させて、罠を破壊したのであった。

ロードス島戦記 英雄戦争

悲しみにくれる間もなくワルダーとの戦いに挑んだハカイダーは、これを打ち破り、かつて失った誇りを取り戻した。そして、いつしか二人の間には奇妙な友情が芽生えていた。ビジンダーは、ハカイダーを倒せば人間に戻してやるとギルに言われていたらしい。その願いを叶えてくれと、ビジンダーの記憶チップをハカイダーに渡し、ワルダーは力尽きたのだった。

ロードス島戦記 英雄戦争

いよいよ元老院で最後の敵ギルとの戦いへ。宿敵ギルを討ち果たしたハカイダーであったが、そこに青い色のハカイダーが登場。それは10年前に倒したはずのグルジェフであった。ギルはグルジェフが替え玉として作ったロボットだったのだ。そして、グルジェフはハカイダータイプのボディで生まれ変わったのであった。自分と共に世界を創造し直そうと提案するグルジェフだったが、ハカイダーはそれを拒絶した。そして、激闘の末グルジェルを打ち破った。

ロードス島戦記 英雄戦争

ビジンダーの声を聞いたハカイダーは、ビジンダーの元の体が入れられているポッドを発見し、ワルダーから渡された記憶チップを挿入した。奇跡は起こった。愛車ギルティーでシーザスタウンを脱出するハカイダー。その後ろには、ビジンダーの元となった女性カレンが乗っていた。カレンを抱きながら崖から海を見下ろすハカイダー。カレンが目を覚ました。ハカイダーは黙ってその場を去って行った……

ロードス島戦記 英雄戦争

(おしまい)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。