麻雀巌流島

麻雀巌流島

麻雀巌流島発売日: 1995年3月10日
開発: コスモスコンピューター
販売: アスキー
機種: セガサターン
ジャンル: テーブル(麻雀)
価格: 6800円
製品番号: T-2101G

ゲーム評価:★☆☆☆☆
クリア難度:★★☆☆☆

江戸時代の剣豪と打てる麻雀ゲーム。歴史上の人物と麻雀というコンセプトは、コーエーの「麻雀大会」シリーズと同じです。剣豪に絞っているこっちの方がマニアックで俺好みだったが、剣豪じゃない人が多数いる上、ゲームの出来自体があまりにも酷すぎだった。



麻雀巌流島モードは、御前試合で実在の有名剣客達相手に戦い抜く「剣豪麻雀」と、実在する5名の有名人を含む21人相手にフリーで打てる「現代麻雀」の2つがある。現代麻雀の方に登場する有名人にしても、阿佐田哲也は麻雀打ちとしても有名だからまあいいが、他は赤塚不二夫、水森亜土、マーサ三宅、夏聖千加という面子である。赤塚不二夫+セガハード=クソゲーの法則はここでも健在である。後ろ2人は誰?って感じだが、説明書によるとジャズミュージシャンらしい。で、マーサ三宅は大橋巨泉の奥さんで、夏聖千加はその2人の娘だという……

麻雀巌流島「剣豪麻雀」の方も、半分くらいはちゃんとした剣豪なのだが、残りは、支倉常長、山田長政、天草四郎時貞など、剣豪と言われてもピンと来ない人物ばかり。挙句の果てには、出雲ノ阿国まで出てきますw。そもそも、プレイヤーキャラがどうして花魁なんだよ。

麻雀巌流島ここまでは、ネタとしてオッケーなところはある。しかし、肝心の麻雀部分が全くなっていない。特にひどいのがインターフェイスです。チーやポンやロンで選択ウィンドウが自動的に出るのは麻雀ゲームとしては当然なのですが、このゲームは聴牌した時も自動的にリーチするかどうかの選択ウィンドウが出るので、ダマテンするときなどはイチイチキャンセルする必要があってウザイ。暗カンしたくない時も選択ウィンドウが一々出るのでウザイ。選択ウィンドウはデフォルトでキャンセル状態なのは、チーやポンならいいのだが、ロンでもキャンセル状態になっているので、ロン牌が出たら方向キーでロンを有効にしないといけない。なので、うっかり見逃してしまうことがある。普通の麻雀ゲームなら、ロンやツモの時はデフォルトでオンになっているので、ついついそのまま決定しちゃうんだよね……

麻雀巌流島国士無双をあがったでりゃんす。

麻雀巌流島最後は宮本武蔵を蹴散らしてエンディングです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク