シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ海外タイトル: Shadow Dancer: The Secret Of Shinobi
発売日: 1990年12月1日
開発: セガ
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: アクション
価格: 6000円
製品番号: G-4043

名作忍者アクションゲーム「ザ・スーパー忍」の外伝的な作品。忍犬を使った協力攻撃が特色です。難易度的にはほどよい感じ。パターンを覚えてしまえばサクサク進める。スーパー忍と比較すると、これといった裏技がない分こちらの方が若干難度は高いかもしれない。一撃で即死だし。とはいえ、スーパー忍に勝るとも劣らぬ傑作です。



シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ敵によって攻撃のパターンが変わります。大体こんな感じかと。

通常の戦闘員・・・雑魚。説明不要。
ピストル戦闘員・・・スタンド・中腰・伏せの3段階で攻撃してくるので、多少はパターンを覚える必要あり。3発銃撃した後に弾を込め直す時に隙ができるのでその隙に攻撃。上下にいる場合は近くに飛び上がり(降り)、近接攻撃でよい。
鉄の爪・・・赤くて回転してるやつ。慎重に戦えば難しい相手ではないが、無理に攻撃せずジャンプなどで交わした方が手間はかからない。
蟷螂・・・緑色のやつ。遠目から手裏剣で攻撃してもガードされるので、近接攻撃をしないとならない。カマを投げてくるが、攻撃が終わると隙ができるのでその隙に近づいて攻撃。上下にいる場合は飛び上がり(降り)の近接攻撃でよい。後半になるとカマを2回投げてくるので注意。
やもり・・・全身緑色のやつ。飛び掛られる前に倒せば楽勝。特に説明不要。
忍者・・・こいつらは2回攻撃しないと倒せない。青と黄色は楽勝です。赤はピョンピョン飛び跳ねるので、複数同時に出てこられると結構やっかいです。忍術を使ってしまうというのも手。黒忍者は3回攻撃しないと倒せない。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ忍術は火炎・風神・飛岩の3種類があるが、ステージ毎に使える忍術は決まっており、1ステージに1回しか使えない。通常のステージでは赤忍者が複数同時に出てくるところで使うのがオススメ。ボス戦では確実に2つのダメージを与えられるので、あれば使った方がよい。ボスの体力が残り2になるまでは使わずに、やばい状況の時に出せば危機回避としても使える。

尚、このゲーム特有の忍犬攻撃(Bボタンでゲージを溜めて離す)というのがあるのだが、別に使わなくてもクリアできます。これ使った方が効率がいい場合もあるかもしれないが、全く使わなかったのでわかりません。チビ犬になるとメチャ可愛いです。

※動画撮影のためにやり直して気付いたが、忍犬攻撃はピストル戦闘員に対してかなり有効な手段でした。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンドクリアする度にボーナスステージとなる。ここではクリアの内容によって様々な隠しボーナスがあります。忍者を一人も倒さずにクリアすると1UP、全員を倒すと3UPのボーナスです。左端で連射していれば簡単なのでパーフェクト狙いでいいだろう。万が一1人逃しても2UPですし。2人逃しても1UPにはなる。2UP以上は確実だと思う。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンド1

ここからは各ラウンドをボス戦中心に解説。通常ステージはパターンを覚えていけばよい。1-1はマンホールから炎が吹く出すので注意。途中蟷螂とピストル戦闘員が乗っている凸の上に1UPがある。1-2は途中上に鉄の爪が1人いる場所の真ん中下に1UP。ボスの鎧は上から岩を落とし、炎を吐いてくる。ジャンプして着地すると、上から岩が落ちてくるので、その時は攻撃せずに避けに徹し、炎を吐いてきたらしゃがんで避け。その隙に頭を狙って攻撃していく。慣れれば楽勝です。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンド2

2-2の赤忍者3人が出てきた後の金網の上に1UP。赤忍者3人のところは忍術使ったほうが確実。ボスの壁は腕を伸ばして攻撃してくる。遠くに出現した時はそのまま頭を攻撃すればいいが、近くに出現したらとりあえず逃げて腕が落ちてから攻撃。左右の移動だけで大概は避けられます。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンド3

3-1の3段目の右端に1UP。ステージ3-2のヘリコプターの攻撃はジャンプで避け。赤忍者4人のところは忍術を使ってもよい。ボスの刃はのこぎりを投げて攻撃してくる。のこぎりをジャンプで交わすタイミングさえ覚えれば楽勝です。攻撃できるのは、恐らくのこぎりを投げてきた時のみ。ジャンプして攻撃する。個人的には最初から右端か左端でずっと戦うのが一定のリズムで戦えるのでオススメ。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンド4

ここはボスに辿り着くまでが一苦労です。特にステージ4-2は、自分や敵が影で見えなくなったりするので危険。敵の出現パターンを覚えないとまず無理です。パワーアップして忍者を一撃で倒せればまだ楽なんだが、パワーアップ後にやられてしまうと、ステージ後半でかなり苦労させられること必至。ボスの車火は逆に一番楽勝です。回転した後停止して炎を吐いてきます。この停止してから炎を吐き出すまでの間に中心部に手裏剣を撃ち込めばダメージを与えられます。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビラウンド5

ここはルーム1~5を突破するとラスボスの部屋に行ける。ルーム1はピストル戦闘員、ルーム2は鉄の爪、ルーム3はやもり、ルーム4は赤と青の忍者、ルーム5は黒忍者のオンパレードです。ルーム1~3はパターンを覚えれば楽勝ですが、問題は忍者オンパレードなルーム4と5です。基本的に飛び掛ってくる忍者は、飛び掛った時のプレイヤーの位置に攻撃してくるので、左右どちらかにずれて着地してくるところを攻撃すればいいのだが、これが3人4人同時だと、アドリブで交わしていくのはもはや神技です。パターン化して攻撃手順を組み立てた方がいいでしょう。黒忍者の後半は一度に滅茶苦茶出現してくるので、ここは忍術を使った方がよい。

ラスボスはでかい鎧兜です。黒忍者を出現させ、一定時間がすぎると頭と胴体を切り離し、上から炎を落としてきます。この時胴体で光っている玉が唯一の急所となります。こいつを倒すために知っておかなければならないのは、黒忍者は飛んでくるのと転がってくるのの2パターンがあり、転がってくるのはジャンプで避けてしまえば、そのまま画面外に転がって消えるということです。転がってくるやつまで相手していたら、倒すのはまず無理でしょう。それから、炎を落とされるまでに、黒忍者をきっちり全滅させておかないと厳しいですので、ここでもパターン化して攻撃していった方がいいです。

シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビというわけでエンディング。さすがに忍シリーズだけあって面白い。しかし、TO BE CONTINUE...って出てるんだが、ひょっとして真のエンディングとかあるのか?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク