スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラ -列島震撼- 全ステージ通常攻略

ゴジラ -列島震撼- 全ステージ通常攻略


ゴジラ -列島震撼-(元記事)

セガサターンの「ゴジラ -列島震撼-」の全ステージを普通に攻略してみました。本腰入れてやったら、バトラ面とかも鬼という程は難しいというわけでもなかったです。



チューチューロケット!作戦1 ー大阪ー 古代怪獣出現
「あのゴジラが最後の1匹だったとは、どうしても思えん」41年前の山根博士の言葉が今、現実となった。しかもゴジラだけではなく、未確認の怪獣も大阪に現れたというのだ。剛田、西、将馬らGフォースは、2体の怪獣を退けるべく、大阪に急行する。

作戦目標:ゴジラの撃退、アンギラスの撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


ここは、コジラの近くで待機しておき、ゴジラとアンギラスが戦うのを高みの見物。アンギラスが倒されたら一気に攻撃を仕掛ければ速攻で片がつく。果敢に攻撃するの命令伝達でもよい。

大阪を襲った怪獣のうち1体は、見好博士により分析され、15000年前に地球上に生息していた恐竜、アンキロサウルスの生き残りであることが判明した。この怪獣もゴジラと同じく何らかの形で放射能を浴びたものと推測され、アンギラスと命名された。

チューチューロケット!作戦2 ー晴海ー インファント島からの使者
現在、晴海埠頭に停泊中の貨物船には、マスコミでも話題となっている巨大な卵が積まれている。しかし、その卵に引き寄せられるかのように、未確認の巨大怪獣が出現した。この怪獣は首都方面に進行する可能性がある。Gフォース各隊はこれを迎撃し、その進行を何としてもくい止めるのだ。

作戦目標:ゴジラの撃退、モスラ2体の撃退
作戦失敗:卵を積んだ貨物船の沈没、将馬司令部の倒壊


ここは攻撃ユニット1つを使って、ゴジラをモスラの攻撃範囲まで誘導する。この誘導テクニックがこのゲームの肝である。まずは対象相手に攻撃を仕掛ける。するとこちらに向かってくるので、相手の攻撃範囲に入らないように、少しずつ移動して誘導していく。モスラとぶつけてゴジラの体力が消耗したところに攻撃をしかける。ここも果敢に攻撃するでよい。

ゴジラと2体のモスラ幼虫を退けたその時、インファント島から来たという2人の小美人が現れる。小美人によると、巨大な卵はモスラの卵で、自分たちに返してほしいというのだ。どうやらこの卵、製薬会社の黒金という人物が自社の宣伝用の素材として、勝手に持ち去ったらしい。しかし、黒金の証言には曖昧な点が多く、ゴジラを日本に再上陸させようとした、何者かの陰謀ではという可能性が出てきた。

チューチューロケット!作戦3 ー熊本ー ロボット怪獣の脅威
Gフォース本部に、昨日夕刻より熊本市内に飛行型怪獣とゴジラが出現したとの情報が入った。その怪獣は阿蘇山の火口から現れたもので、2億年前に地球上に棲息していたといわれる翼竜、プテラノドンに似ていることから、ラドンと呼ばれる。しかも、今回はゴジラとラドンだけではなく、何とゴジラがもう1体いるらしいのだ。この3体の怪獣を前に、先に現地で作戦行動をとっている部隊が危機的状況に直面。Gフォースの各隊は熊本へと急行する。

作戦目標:ゴジラの撃退、にせゴジラの撃退、ラドンの撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


最初はヘリでラドンをにせゴジラ(真ん中にいる方のゴジラ)誘導してみたわけだが、これが全く思うようにいってくれません。ちなみにラドンは対地攻撃しかできないので、飛行ユニットで誘導するのが安全だ。で、結局自然ににせゴジラが自然とラドンの方に寄ってきて戦いが始まった。こんなことならにせゴジラの方を誘導した方が早かったんじゃね?という。にせゴジラは弱いが、やられるとメカゴジラに変身する。で、ラドンがやられるのを見届けてから、今度はメカゴジラをゴジラに誘導する。こっちは簡単だった。で、戦いが始まったら、こちらも1ユニットずつチクチクと体力的に有利なゴジラの背後から攻撃してメカゴジラをさりげなくサポート。どちらも消耗させれば後が簡単になる。最後は青息吐息で生き残ったゴジラに総攻撃でとどめ。

怪獣3体を撃退すると、本部からの通信が入る。その内容はブラックホール第三惑星人と名乗るものが、国連総本部に対して宣戦を布告したというものだ。今回現れたメカゴジラも、第三惑星人によって造られたことが判明。その後、インターポールの働きで、沖縄にある前線基地を発見し、これを破壊したのだった。

チューチューロケット!作戦4 ー札幌ー 第三惑星人の侵略
先の熊本でのメカゴジラに続いて、地球圏外からやって来たと思われる怪獣が、札幌に出現したとの情報が入った。ブラックホール第三惑星人のような、新たな侵略者である可能性も高い。Gフォースは、その真相を究明するために札幌へ向かい、怪獣に挑む。

作戦目標:ゴジラの撃退、ガイガンの撃退
作戦失敗:モスラの死亡、将馬司令部の倒壊


モスラは味方です。双子にゴジラを誘導するように言われるが、そんな事はする必要がない。序盤のモスラとガイガンの戦いは、航空基地から支援を送るだけでよい。航空基地のユニットは絶対にやられないので、フル稼働しない手はないです。ガイガンに勝つと、今度はゴジラに向かうので、全軍突撃。まあ、問題ないでしょう。

ガイガンとゴジラを撃退すると、突如謎の円盤が飛来する。その正体はブラックホール第三惑星人。彼らは「これ以上抵抗を続けるつもりなら、我らはX星人とともに新たな怪獣を日本に上陸させる。」というのだ。そのX星人の新怪獣の名はキングギドラ。いかなる破壊力を秘めているかも判らない、この宇宙超怪獣の来襲を前に、怪獣迎撃本部は緊迫していた。

チューチューロケット!作戦5 ー名古屋ー 宇宙怪獣の猛威
札幌でのブラックホール第三惑星人の予告通り、名古屋にメカゴジラとキングギドラが出現。先に現地で行動中の、剛田司令部との通信が途絶えており、一刻も早い増援が望まれる。将馬隊は戦友であり、ライバルでもある剛田を助けるため、名古屋へ向かう。

作戦目標:ゴジラの撃退、キングギドラの撃退、メカゴジラの撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


最初にヘリでゴジラをキングギドラに誘導して戦わせる。ゴジラがやられたら、メカゴジラを誘導してキングギドラと戦わせる。後はいつものように体力に少ない方を支援しつつ見守り、生き残った方を叩いてクリア。

怪獣撃退後、またもや空飛ぶ円盤が飛来。Gフォースの戦いぶりを見て、ブラックホール第三惑星人とX星人は戦線を離脱する。しかしキングギドラを始めとする、メカゴジラ、ゴジラの波状攻撃で、名古屋市はかつてない被害に見舞われ、人々は恐怖した。そして剛田、西を失ったGフォースは新たな部隊編成を再構築することになる。

チューチューロケット!作戦6 ー青森ー 原発の危機
軍の対潜哨戒機が、海上から青森県の六ヶ所村に上陸するゴジラを捉えた。六ヶ所村には原子力発電所があり、現在ゴジラは、その原発の2号炉に接近中。しかも原発はいまだ運転中だというのだ。Gフォースでは2号炉を止めるために、以前剛田隊に所属していた森隊長を中心とする特別組織を編成。森が2号炉を停止させる間に、ゴジラを撃滅するのだ。

作戦目標:ゴジラの撃退、ビオランテの撃退
作戦失敗:原発の倒壊、将馬司令部の倒壊


今だったらシャレにならないステージ。てか、メカゴジラは仲間だったのか。どおりで攻撃が全然できないわけだ。とりあえず、ゴジラとビオランテは勝手に戦いをおっぱじめます。そのうち、メカゴジラも加わっての三つ巴の戦いに。まあ、メカゴジラをどうにか攻撃しようとあがきつつ、序盤に航空基地からゴジラを攻撃した以外はほとんど何もしていなかったのだが、いつの間にか終ってたw

間一髪で原発の停止に成功したが、その後ゴジラは停止した原発を容赦なく攻撃し、多量の放射能を吸収して去っていった。また、突如として現れたビオランテは、遺伝子レベルで人間の優しさが残っていたため、攻撃を停止し金色の霧となって天に昇ったという。

チューチューロケット!作戦7 ー横浜ー 魔獣の復活
昨日、横浜に怪獣が出現。その怪獣についてインファント島からの使者、小美人が話をしたいと来訪してきた。彼女たちの話では今回出現した怪獣、バトラはかつてモスラによって北の海に封印された、破滅の魔獣だという。それが度重なる怪獣の出現による、地球環境の荒廃のため復活したのだ。Gフォースは横浜に急行する。

作戦目標:バトラ2体の撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


このゲーム最大の難所と知られるバトラ面です。とりあえず、攻略本の方法で2回やってみたが失敗し、元記事のコメ欄に投稿していただいた(ありがとうございます)パターンも2回試したがやはりうまくいかない。やり方がちゃんとしてないからだろうけど。で、5回目に一か八かで、最後のバトラが成虫化したところに総攻撃かけたら、後一歩のところまで追い詰めることができた。ていうか、絶対いけると確信できたのだが、残りHP300というところでいきなりゲームオーバーに。司令部の近くで戦っていたから、司令部が倒壊してしまったっぽいね。

ということで、6回目は5回目と基本的に同じ戦い方で、基地から離れた場所で戦闘することに。手順としては、最初にスーパーメカゴジラとバトラの幼虫が戦い始めるので、味方のスーパーメカゴジラを支援する。幼虫がやられて成虫になったら、バトラのHPが2500辺りでスーパーメカゴジラがやられるように支援。その後バトラ同士が戦いだしたら、将馬の部隊をマップの右上に移動させる。バトラは幼虫の方がやられると、成虫2体になって一緒にこちらに攻撃を始めるので、成虫がやられるように。最初の成虫バトラのHPが2500くらいまで削ってあれば問題はないかと思うが、動きによってはやばいこともあるので、その辺は調整。成虫がやられたら幼虫を攻撃して成虫にする。そこで全軍に果敢に攻撃を指示し、その後は航空部隊もフル活用したら問題なく倒せました。こうしてみるとそんなに難しくもないですね。

この戦いでGフォース特殊兵器部隊の宮田が戦死した。Gフォースにとって宮田の欠落は多大な影響を残し、多くの関係者は彼の死を嘆き悲しんだ。しかし今回の作戦遂行中に、ゴジラが京都に出現したとの情報を得たGフォースは、将馬を中心とした特殊兵器部隊を編成。新生Gフォースは悲しみにくれる間もなく、ゴジラの迎撃に赴こうとしていた。

チューチューロケット!作戦8 ー京都ー 破壊神の光臨
将馬たちが横浜でバトラと交戦している間に、京都の上空に大型飛行物体が接近。その飛行物体の正体は大型怪獣、スペースゴジラだということが判明した。京都ではすでに迎撃部隊が活動を始めていたが、怪獣はその防衛ラインを突破。通信回線も電波障害が激しいため、途絶している。将馬をはじめとするGフォースの各部隊は現地に急行し、怪獣迎撃作戦の行動に移る。

作戦目標:ゴジラの撃退、スペースゴジラの撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


序盤は、F-1やスペースファルコンを使って結晶体を破壊していく。結晶体を10個破壊しないとスペースゴジラにダメージを与えることはできません。とはいえ、スペースゴジラも、自分で放射能吐いてクリスタル壊しちゃいますけど。さすが恐竜脳。結晶体が10個破壊されるとメッセージが出るので、飛行ユニットでゴジラをスペースゴジラまで誘導して戦わせる。その間は基地発進でゴジラを全面サポート。攻略本にはスペースゴジラが生き残るはずと書かれていたが、ゴジラが余裕で生き残ったので、最後はモゲラでゴジラを攻撃してクリア。

スペースゴジラ撃退後、この新型怪獣について調査を進め、以下の事実が判明した。その事実とは、先の青森は六ヶ所村で霧となって消滅したビオランテが、ゴジラ細胞を含んだまま宇宙空間をさまよい、その間にゴジラ細胞が急速に成長。スペースゴジラを誕生させたというのだ。この予想だにしない研究結果に、関係者は戦慄をおぼえた。

チューチューロケット!作戦9 ー広島ー オキシジェン・デストロイヤー
調査によると、ゴジラは太平洋に浮かぶバース島という島を拠点に行動していることがわかっている。そこにはゴジラの他に、人類に危害を加えない性格のゴジラジュニアも棲息していた。しかし、昨日そのバース島が、島の地層に含まれた天然ウランの流出による核分裂反応で消滅したのだ。そして現在、広島市に凶悪な怪獣が現れ、そこにゴジラジュニアらしき怪獣もいるとの情報が入った。Gフォースのメンバーはその事実の確認と、新たな怪獣を迎撃するため広島市に向かった。

作戦目標:デストロイア2体の撃退
作戦失敗:将馬司令部の倒壊


ゴジラジュニアがデストロイアと戦うので、これをサポートする。デストロイアの方が体力が圧倒的な上に2体もいるのだが、ゴジラジュニアは回復力が高い。コジラとは別方向に兵器を移動させて攻撃し、デストロイアの注意を引き付けてやる感じで、空軍は勿論フル稼働。とりあえず、一発でクリアできたが、ゴジラジュニアは途中で一度どっかへ行ってしまい、ある程度弱っていたとはいえ、その間に遊軍の猛攻撃で1体を倒してしまいました。残りの1体を攻撃していたら、途中でゴジラジュニアが戻ってきておいしいとこだけ持っていったw。ゴジラジュニアいなくても倒せそうな気がしないでもなかった。

ゴジラジュニアはバース島消滅後、親であるゴジラを追っていた。そして、日本の本土に接近したゴジラジュニアは、広島の地にゴジラの面影のようなものを感じ、そこを荒らすデストロイアを追い払うために上陸したのだった。

チューチューロケット!作戦10 ー東京ー 列島震撼
先の広島に現れたデストロイアは、41年前に芹沢博士が開発し、ゴジラを海底に葬った兵器、オキシジェン・デストロイヤーが作り出したものだということが判明した。そして、そのオキシジェン・デストロイヤーから生まれたデストロイアは、ゴジラにとっていわば天敵。つまりデストロイア現るところには、かならずゴジラが出現するのだ。現在、デストロイアは更なる変態を遂げ、東京の有楽町方面に向かっているという。このまま進めば国会、警視庁、そして怪獣迎撃組織Gフォースの本部などの日本の中枢機関が破壊されつくしてしまう。その前に何としてでもデストロイアをくい止めるのだ。

作戦目標:デストロイアの撃退
作戦失敗:ゴジラの死亡、将馬司令部の倒壊


攻略本では、ゴジラジュニアがやられた後にゴジラを誘導してデストロイアと戦わせるとあったが、ゴジラジュニアを支援してたら、ゴジラジュニアが普通に勝ってしまいました。ゴジラの体力がマックスまで回復するとメルトダウンを起こしてゲームオーバーになるので、適度に攻撃しておかないといけないようです。前にやった時は、意味が分かってなかったのでゴジラには一切手を出さずにクリアしたが、一応今回はスターファルコンをゴジラ攻撃専用にしておきました。

完全体に進化したデストロイアは恐るべき怪獣だった。おそらくゴジラジュニアがいなければ、この怪獣は更なる進化を遂げ、とうてい人類で撃退するのは不可能な存在になっていたに違いなかった。しかし、四散したデストロイアの一部が、地球のどこかで進化を続けている可能性も捨てきれない……。いつ再び、さらにおそろしい怪獣となって出現しないとも限らないのである……。

チューチューロケット!そんな感じでオシマイです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

めちゃめちゃ懐かしい。バトラ戦難しかったなというか、よく分からないまま勝ってた記憶くらいしかありません。
因みに僕は、メカゴジラ×メカゴジラ のステージが好きでしたね。敵のメカゴジラは、偽ゴジラ倒すと露になるというやつ
しかし懐かしいですな~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。