ウイニングポスト2 ファイナル'97

ウイニングポスト2 ファイナル'97

ウイニングポスト2 ファイナル'97発売日: 1997年10月2日
開発: 光栄
販売: 光栄
機種: セガサターン
ジャンル: シミュレーション
価格: 7800円
製品番号: T-7647G

ゲーム評価:★★★☆☆
クリア難度:★★☆☆☆

「ウイニングポスト2」の1997年度版。名前の通りファイナルです。システム的には結構変更されていて、ゲーム画面から直接セーブデータをロードできたり、最大で1年間一気に飛ばせたりと、プレイ環境が改善された。というかよりヌルくなった。他にもスーパーホースの見分け方が変わったり、アイテムがもらえたりします。

ウイニングポスト2(無印版)

参考サイト
「ウイニングポスト」攻略ページ(仮)!

参考文献
ウイニングポスト2 ファイナル'97 ハイパーガイドブック(光栄)



ウイニングポスト2 ファイナル'97基本的にはプログラム'96の攻略法はそのまま通用する感じだが、若干レースレベルは上がっているかもしれない。'96で楽々勝てていた重賞が勝てなくなっていたため、1年目牧場マックス計画は結構ギリギリでした。カップルイベントや馬主紹介イベントはフルに活用です。単に引きが悪かっただけという可能性はあるが。「G1を狙える」馬は、やはり無印版のような破壊力はなかった。

ウイニングポスト2 ファイナル'97馬券に関しては、前作までのように、どのレースでどの組み合わせというような定番パターンは無くなった。ただ、万馬券率は異様に高いので儲けやすいかも。そんな中で唯一ともいえる定番パターンが春の天皇賞。ここでは人気薄のエモーションホースが確実に激走します。大抵は人気サイドのメインイベンターが絡んでくるのだが、たまに人気の無いユーエスエスケープとの組み合わせで決まる事がある。これさえ取れれば、それだけで牧場の開設資金がまかなえてしまうのです。

ウイニングポスト2 ファイナル'97年に2回アイテムを売りに来ますが、所有馬の能力を上げる効果のアイテムも少なくない。全部で120種類もあって、これを30年間でコンプリートするのはかなり大変そうです。上記のサイトに全て載ってますが、出現条件の分からないアイテムも多いですし。

ウイニングポスト2 ファイナル'9797では、牧場を開設すると種牡馬をパスワードで登録するなどして自分の牧場に3頭まで繋養する事ができます。パスワード種牡馬も全部上記サイトに載ってます。以前のプレイで作ったプレイヤーオリジナルの種牡馬も登録できたりするのかな?

ウイニングポスト2 ファイナル'9797では競走馬のグラフィックが変わったので、スーパーホースの見分け方も全然違います。ポイントは後ろ脚の付け根部分。脚の隙間が狭いのがスーパーホースで、広いのがノーマルホース。毛色による違いも無いので、区別は簡単に付くようになりました。

ウイニングポスト2 ファイナル'97無印版では1回限りだった牧童イベントが、2021年までなら何度でも繰り返し発生します。プログラム'96も同じだったはず。発生時期は1~3月と7~9月で、友好度150以上の牧場の2歳のノーマルホースを所有した状態で当該牧場へ行くと発生します。具体的には、高能力の繁殖牝馬を種付けして受胎した後、その牝馬を友好牧場に売りさばき、そこで生まれた仔馬を購入。2歳になってイベント発生でウマー。これで、好きな配合の馬を確実にスーパーホースにする事ができちゃうのである。それから、新イベントとしては、「伝説の名馬」イベントというのがある。条件は5歳になって10戦2勝で連対率5割未満、主戦が設定主戦騎手で、近5走で3走以上乗っている、距離適正が長距離です。でも、面倒そうだし、わざわざ狙いたくなるようなイベントでもない。

ウイニングポスト2 ファイナル'97牧場をマックスにした時点で、目的の95%を達成。5年ほどダラダラとプレイしてみたが、全G1制覇のイベントはプログラム'96とほとんど同じだし、ウイポ2自体に飽きてきたのでモチベーションが上がらない。そこで、30年間やりきると見られる真のエンディングを見る事にしました。97なら、1年間一気にすっ飛ばせるので楽だというのもあるし。というわけで、所有馬を全て引退させ、繁殖牝馬と幼駒も全部処分。後は、ひたすら年月を進めるのみです。そして、いよいよ迎えたグランドフィナーレ。馬主評価はさすがに低いですが、最初の5年で国内のG1は全部勝っており、それでまずまずの成功とはこれ如何に。

ウイニングポスト2 ファイナル'97設定主戦騎手にした氷室明日菜は、序盤以外は私の支援が無かったにもかかわらず、通算1600勝という大ジョッキーに成長してくれました。最初は本当に下手糞で、特に苦手な脚質の馬だと、一流ジョッキーなら楽勝できる馬でも惨敗したりしてました。

ウイニングポスト2 ファイナル'97その後、思い出の名馬達が紹介される。最初の5年間だけだったとはいえ、一番活躍したのは非スーパーホースだったソニックアークでした。4歳の時に牝馬三冠+エリザベス女王杯を制し、古馬になってジャパンカップと有馬記念を連覇、宝塚記念と天皇賞・秋も勝ちました。1年目のセリで買える2歳馬なので、是非見つけたらお買い求めいただければと。

ウイニングポスト2 ファイナル'97そして井坂修三郎の手紙と共に思い出の名場面が流れてフィニッシュしました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク