ブルースティンガー 第2話「集めろ!スタンプラリー」

ブルースティンガー 第2話「集めろ!スタンプラリー」


第1話はこちら

ブルースティンガー

ラボタウンへと向かったが、安全隔壁が降りているため先へ進めない。ハローカードを拾った俺達は、ジャニーンの指示でハローマーケットへ向かった。そこで待ち受けていたのは、呑気なスタンプラリーイベントであった。しかも、集めるスタンプが「ぺんぺんトライアスロン」という微妙なゲームのキャラクターだった事に、俺達は呆然とさせられたのであった。

ブルースティンガー

ストックヤードへ進むと、スタッフルームでデブリン店長を発見する。デブリンは持病の発作を起こしており、「ドキシン」という薬が必要なようだ。デブリン死亡までのカウントダウンが始まった。デブリンによれば、冷凍庫の鍵はローランド副店長が持っているという。ストックヤードの奥へと向かい、02ストアハウスの部屋にあったパネルを操作。0030と0050のシャッターを解除して店内へと戻った。

ブルースティンガー

3つ目のスタンプまで集めたところで、ジャニーンから連絡が入った。最後のタコペンを探していると言ったらガン無視される。本当の事なのに……。どうでもよいが、タコペンって後ろ向きで泳ぐんだぜ。

ブルースティンガー

エレベーターに乗り込み、副店長のいる2階へ進む。いきなり巨大なモンスターが襲ってきたが、ヒットアンドアウェイで倒して中へと入った。

ブルースティンガー

副店長から鍵の入っている金庫のセイフキーを預かった。ついでにここの自販機でドキシンが売っていたので買っておく。まあ、デブリンは見殺しにしても問題ないんだが、これでもレスキューの端くれだしな。

ブルースティンガー

デブリンの待つスタッフルームへと急行。デブリンにドキシンを渡すと、お礼に第一倉庫キーをくれた。これで「3連ショットガン」が手に入るというわけなんで、助けた甲斐はあるというものだ。この後、机の上の金庫からフリーザールームキーを手に入れ、俺達は冷凍倉庫へと向かった。

ブルースティンガー

冷凍倉庫は極寒の世界。急激に体温が下がるため、モンスターを相手にしている余裕はない。とりあえず、部屋の中は暖かいようだ。しばらく進むと、エレクトリックウォーマーが落ちていた。これでガクガクブルブルがなくなった。

ブルースティンガー

最後の部屋では、巨大な生物が待ち受けていた。名を「アイスドラゴンディノサイト」と言う。しかし、こいつは楽勝だった。氷のドラゴンなんで、第一倉庫で手に入れたナパームランチャーで火まみれにしてやれば速攻だ。何故かドラゴンの体に張り付いていたコントロールキーを入手し、奥のコントロールルームで、コンソールを作動。回転数を5000に設定するのでした。

ブルースティンガー

冷凍庫の奥へと進む。何で冷凍庫が迷路のように入り組んでいるのか、俺達にはそれを疑問に感じる余裕はなかった。2階へ上がると広間があって、何か怪しい物体が氷付けになっている。前回のコントロールルームで室温を暖気状態にするとこの「バッファローディノサイト」とは戦うハメになっていたようだ。奥の部屋から無事ミッドエリアに出ることができた。

ブルースティンガー

ここでジャニーンからの通信。ドッグスが話しかけても無視するジャニーンに、「いけすかねえ女だぜ。親の顔が見てみたいもんだ。」と吐き捨てるドッグス。鏡持って来い。近くのトイレで用を足そうとした俺は、便器の上の通気孔が開いているのに気付き、そこから隣の女子トイレに侵入してみた。変態じゃないもん。しかし、そこにいたのはケツ丸出しの女の子ではなく、何の色気もない化け物だった。俺のショットガンが怒りに吼えた。

ブルースティンガー

トイレから出て、今度はゲーセンに立ち寄ってみる。すると店の奥で女の子が泣いていた。女の子に渡されたコインで射撃ゲームをプレイ。3連ショットガンをぶっ放すという極悪チートでゲームをクリアし、景品のビッグゲーリーを手に入れる。それを女の子にあげたら喜んでくれた。そうか、今日はクリスマスイブなんだね。ということで、何気に暗証番号でロックされているドアに「1224」と入れたら開いた。まあ、いきなりこの暗証番号入れれば開くんだけどねw

ブルースティンガー

床屋さんを抜けて道を進むと、ようやく目的地のラッツバーに到着した。いかにもな壁のスイッチを押すと、秘密の階段が出現。その地下にラッツは隠れていた。ワインセラーの裏に隠してあったIDカードなどを手に入れて店を出る。

ブルースティンガー

帰り道に釣り具屋に寄ってみた。魚の化け物がいっぱいいたので全滅させたら、鍵が化け物に張り付いていた。それを使って裏の釣り場へ行くと、呑気に釣りをしている男がいる。何が起こっているのか知らないのかもしれない。何も告げずに近くに落ちていたピラニアキルを拾って退散した。知らない方が幸せかもしれないしな。

ブルースティンガー

来た道を戻っていくと池があった。ここはピラニアだらけでとても入れないのだが、ピラニアキルを投げ込めば問題解決。早速泳いでいくと、巨大な魚の化け物「バラクーダディノサイト」が泳いでいた。水中では分が悪いので一目散に奥の足場に上陸。ここから攻撃したら簡単に倒せました。というか、こいつが倒せるって事を今回初めて知ったw

ブルースティンガー

息継ぎに注意しながら水路を進んでいくとラボタウンに戻ることができた。早速ジャニーンの元に急行する。クリスのIDカードで情報を引き出そうとしたが、パスワードがかかっていた。やはり、これだけの重要機密となると簡単にはいかないようだ。

ブルースティンガー

クリスの免許証も拾っていたので見てみたら、誕生日が5月13日とある。まさかね、と「0513」と入れてみたら、あっさりビンゴ!。こんな重要機密のプロテクトに誕生日パスワードとは、ソニーもびっくりです。おばちゃんのキャッシュカードかよ……。どうやら、この島の中心部に「フォッシュルーム」なる研究施設があって、そこで秘密の実験が行われているらしい。しかし、そこへ行くには電源を復旧させなくてはならず、まずはパワープラントへと向かう事となった。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

パスワード悩んでたので助かりました。
先に進めます。

Re: タイトルなし

お役に立てて何よりです
頑張ってください

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク