スーパーリアルバスケットボール

スーパーリアルバスケットボール

スーパーリアルバスケットボール海外タイトル: Pat Riley Basketball
発売日: 1990年3月2日
開発: セガ
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: スポーツ(バスケットボール)
価格: 6000円
製品番号: G-4021

バスケットボールのゲームです。今見ると、どの辺がスーパーにリアルなのか疑問だが、当時としてはスーパーだったのかもな。そこそこ遊べるが、1試合にかかる時間がちょっと長い気がする。リアルだからだろうか?



スーパーリアルバスケットボール難易度はイージー。モードはもちろんトーナメントモードで。チームはよくわからないので、適当にLAのチームにしておいた。最初の2試合は簡単に勝てるが、決勝戦の相手は少々手強いです。簡単にボールをカットされてしまう。

スーパーリアルバスケットボール決勝は、もたもたしてるとすぐにボールをカットされるので、なるべく足の速い選手にボールを持たせること。それ以外はすぐにパスした方がよい。パスカットされる危険も結構高いが、パスしなければ確実にボール取られますから。ある程度足の速い選手にボールが渡ったら(LAのチームだと黒人選手2人)、真っ直ぐではなくジグザグにドリブルで進めば取られることはあまりない。ゴール近くまで入ってダンクするのが確実です。

スーパーリアルバスケットボールダンクするとダンク画面に切り替わるので、下のゲージを合わせれば決まる。かなりゆっくりなので合わせるのは簡単です。合わせてもごく稀に外しますが。

スーパーリアルバスケットボール裏技で、3ポイントシュートを打って画面が切り替わったら。正面の時にABCABCABCABCABCABCABC、横からの時にABCABCABCABCABと入力すると確実に決まるというのがあるらしいのだが、入力方法が悪いのか、全然決まらない。狙わない方がよい。

スーパーリアルバスケットボール相手コートで、Aボタンを押してピボット状態にしておくと、相手がファールしてくれ、フリースローがもらえる。という技もあるようだが、これもそれほど効果的な技とは思えない。フリースローのゲージは動きが早いけど、慣れればほぼ確実に決まるようにはなるんですが、5秒バイオレーションもあるし、ピボットしてから出すパスはカットされやすいです。

スーパーリアルバスケットボール優勝すると優勝パレードの画面が流れてエンディング。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク