スーパーハングオン

スーパーハングオン

スーパーハングオン海外タイトル: Super Hang-On
発売日: 1989年10月7日
開発: セガ
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: レーシング
価格: 6000円
製品番号: G-4011

歴史的名作「ハングオン」の続編。アーケードモードの他に、家庭用オリジナルの育成モードが追加されている。後にサターンで発売された「ハングオンGP'95」と比べれば、ハングオンらしさはあるのでまあ悪くはないのだが、オリジナルモードがちょっとアレな出来で残念。



スーパーハングオンタイトル画面でAボタンを押しながらスタートを押すとオプション画面になるので、難易度をイージーに。そして、パスワードで「51B04000A0500070J0CG976ACMGI」と入れて始めると・・・


スーパーハングオン資金マックスで始められる。これで最初から最高のメカニックを雇うことができ、パーツも最高級品を揃えることが可能。尚、最高のメカニックはシゲオ・トドロキだが、どうしてもミキティーがイイ!という人はミキ・モリタでも別に構わない。多分、パーツ消耗のアドバイスが変わるのだろうと思うが、資金は潤沢なので、毎回パーツ全交換できるし。

スーパーハングオンシゲオ・トドロキなら、アドバイス通りに交換していれば問題はない。試しに安いノーマルタイヤで走ってみたら、ちょっとダートを走っただけでパンクしやがった・・・。普通に始めたら結構きつそうだな。最高級のパーツでも、クラッシュしたり敵車に当たったりしてそこそこのダメージを受けると、破損してリタイヤになります。

スーパーハングオンこのモードの何が辛いって、同じコースを何周も回るということを5回も繰り返さないと先に進めないこと。最後の相手などは計30周も同じコースを周回しなければクリアできない。敵車を抜くときは、コーナー入り口ではインを突き、緩いコーナーでは外から抜くというのが基本。まあ、ちょっとやればパターンは分かると思いますが。中盤までは多少クラッシュしても勝てます。

スーパーハングオン最後の敵は3年連続世界GPチャンピオンというアーサー・シモンズ。ライバルと入ってもコース上で競い合うことはなく、単にラップタイムが表示されるだけ。最後のコースは1試合6周だが、後半になるほど敵車が増えていき難易度が増していく。ここは1回のクラッシュなら何とかなるかな、という感じ。

スーパーハングオンというわけで、ようやくエンディングに辿り着いた。しかし、これだけ苦労した挙句に、アーサーが一言「キミガ キングダ!」と言ってオシマイ・・・。ゲームをクリアして、これほどの殺意を覚えたのは初めてだ(苦笑)

スーパーハングオン納得がいかなかったので、アーケードモードもクリアしてやった。こっちの方が百万倍面白い。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コレ

BEメガの評価があまりにクソゲーだったので
手を出さなかった代物w
乙です。

確かに酷い内容でした。ハングオンの家庭用ゲームってロクなのないからなw満足したのは、シェンムーのおまけゲームだけ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク