デビルズコース

デビルズコース

デビルズコース発売日: 1994年1月28日
開発: T&Eソフト
機種: メガドライブ
ジャンル: スポーツ(ゴルフ)
価格: 8800円
製品番号: G-5527

T&Eソフトの定番ゴルフゲーム「遥かなるオーガスタ」シリーズの1つ。実在するコースをシミュレートしてきたこのシリーズだが、このゲームではオリジナルのコースとなっていて、その名の通りの物凄いコースです。



デビルズコース基本的にはオーガスタなので、それ系で通用する攻略法はここでも通用する。4人同時プレイにして、前者のショットを参考にしながら打っていくのもよい。それと、風が強かったり逆風だったりした場合は、セーブ&コンティニューすれば、風向きは変わるので、これで風向きの調整をしていくことも可能。

デビルズコースここからは難ホールの解説。とはいっても、全てが難ホールではあるわけで。1番ホールなんかも一見平凡だが、空中に島が浮いていてアプローチの邪魔になってたりします(1打目デフォルトより左に2目盛り動かした方が2打目が打ちやすい)。2番ホールはグリーンがとんでもない高さにある上に結構狭いので、2打目のアプローチが非常に難しい。プレイして上手く乗った時に、クラブと打つ強さ、ヤード数をメモっておくことをオススメする。感覚だけで乗せるのは至難の業。

デビルズコース5番ホールは超近距離なのにパー5。それもそのはず、ここもグリーンがとてつもない高さにあるため、直接グリーンなど狙えない。1打目は右のフェアウェイを狙う(デフォルトの方向でよい)。注意したいのはデフォルトでクラブがPWになっているので1Wに切り替えること。1Wのフルショットでボールの2段階下を打って高くボールを上げること。2打目もグリーンは狙えないので、中央のフェアウェイを狙う。但し、グリーンに向かうほど高くなっているので後ろ目を狙った方がよい。1打目でちゃんと打っていれば、大体右に15ほどずらして9番アイアンで打つ。3打目は高低差があって狙いづらいが(メモ作戦が有効)、この通りに打っていれば残り50ヤードほどかと思われるので、PWの3番目の目盛りフルあたりで打つと丁度良い(風がない状態で)。パターン化できれば結構簡単にバーディーは取れます。

デビルズコース6番ホールは右奥に見える長い針山が2打目の障害となる。当然左から迂回して思いっきりボールを曲げて打つことになるが、少なくとも1打目で280ヤードは飛ばさないと2オンはほぼ絶望的。なので、セーブ&リセットを繰り返して追い風になるのを待つのがよいでしょう。滅多にバーディーは取れない。

デビルズコース8番ホールは左から攻めるか右から攻めるかの2通りある。1打目は右の方が簡単ですが、2打目を考えると左から攻めたい。但し、逆風の時はフェアウェイに届かないリスクがあるので右から。セーブ&リセットで風向きが変わるのを待ったほうがいいですけど。左を攻める時は、デフォルトの位置から左へ9ずらして打つと丁度良い。

9番ホールはショートホールですが、距離が長い。1打目は1Wで、ゲージの赤い部分の半分ほどの力で打つと丁度よい感じ。コースの白い部分は一部を除いてほとんどはバンカーではないです。10番ホールは2打目が難所。ピン方向はOBになるので、少し左目に打つ。左側の崖を飛び越える感じで。

デビルズコース11番ホールは、高い柱が大量に立っていて、その隙間を狙って打っていく。1打目はデフォルトの位置では柱に命中する。左にちょっとずれましょう。2打目は狭い隙間を狙うことになるが、画面に定規でも当てて調整すれば問題ないでしょう。1打目の場所によってはかなり厳しくはなります。

デビルズコース14番ホールは、1打目で崖の狭い隙間を通すことになる。右に4つほど曲げて打つとよい。右に狙いすぎて、崖に当たってしまうと悲惨なことになります。

15番ホールは直接グリーンを狙うことも可能だが、グリーン周りはOBゾーンなためリスクがでかすぎる。1打目は左側のフェアウェイを狙いましょう。左奥にバンカーがあるので、右側の崖スレスレを狙う(デフォルトの位置から右へ6つあたり)。

デビルズコース16番は距離は短いのだが、グリーン以外は岩になっていて、直接グリーンに落とさないと大きく弾んでしまってグリーンには乗らないし、岩からのアプローチは難度が高いので、グリーンを外せば厳しくなります。17番はフェアウェイに岩がある。1打目で飛ばしすぎると岩に乗ってしまうことがあるので、少しパワー抑え目で打った方がよい。1打目でフェアウェイをキープできれば逆にイーグルチャンスです。最終ホールはそれほど難しくはないが、1打目は3Wで打つこと。

デビルズコース8アンダーで優勝しました。最初はこんなの優勝できるか心配だったが、このシリーズは結構慣れていたし、優勝ラインも低いので、思ったよりは苦労しなかったな。

エンディングというわけでエンディングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク