スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどきペンギンランド

どきどきペンギンランド

どきどきペンギンランド発売日: 1985年
開発: セガ
販売: セガ
機種: マイカード
ジャンル: アクション/パズル
価格: 4800円
製品番号: C-50

タイトル: SEGA AGES/メモリアルセレクションVOL.2
発売日: 1997年11月27日
機種: セガサターン
ジャンル: アクション/パズル
価格: 4800円
製品番号: GS-9163

全25ラウンド。同名アーケードゲームの移植版。ペンギンのアデリーを操作して、卵を最下層にいる恋人フェアリーの下へ届けるというアクションパズルゲーム。以前紹介した続編の宇宙大冒険はパズル性の高いゲームだったが、初代はアクション性が高く、ルート選択も自由度が高い。個人的にはこちらの方が断然好き。



どきどきペンギンランド最初はセガサターン版でやってまして、私このゲーム全部で16面だと勘違いしてましたが、16面終わってもループしません(確実にペンゴと混同してたw)。サターン版の説明書には面数が書いてなかったので、マイカード版を引っ張り出して説明書を見たら25面でした・・・。そこで気付いたが、マイカード版はそういやステージセレクトが標準で出来たのですね。ということでマイカード版に切り替えましたが、スクリーンショット撮り直すの面倒だったんでゲームの説明はサターン版で。ちなみにステージ構成は全く同じです。

どきどきペンギンランドアイスブロックはアデリーが向いている方向の隣のブロックを崩せます。たまに意図したところと違う場所に穴を開けて号泣ということもあります。ただ、宇宙大冒険と違って多少のミスは取り返せる可能性はある。

どきどきペンギンランドとにかくこのゲームのポイントは、ルート上にいる白熊のゲンゴウをどう封じるかです。岩で潰すのが一般的です。岩は横から揺らす。押して穴に落とす。下からヘディングする。というアクションで下に落とせます。他に、横に岩を押して潰したり、下に突き落とすということもできる。岩で潰す以外にも、穴を掘って下に落としたり生き埋めにするのも効果的。

どきどきペンギンランド厄介なのがモグラのノソラです。たまに出現しては卵にのそのそと近付きます。それだけならかわいいのだが、目を離した隙に卵の場所に直で出現することもあって、結構理不尽です。マイカード版は動きがオリジナルよりスローかも。

どきどきペンギンランド黄色いパイプは、卵を貫通させることができる。横からボタンを押せば落とせます。ただし、アデリーはここを抜けることができません。

どきどきペンギンランド宇宙大冒険とは違い、一番下のアイスブロックは崩せません。ですので、画面写真のように上に上がれない&下に穴が開いてないという状況になったら、もはやなす術はなくなります・・・

どきどきペンギンランドではマイカード版で25面をセレクトしてスタートです。

どきどきペンギンランド25面クリア。大して難しくはないが、最後は右から回した方が楽ですね。

どきどきペンギンランドで、エンディングなどはなく1面にループです。終了。


全機種板

セガサターン版
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。