スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローキティのマジカルブロック

ハローキティのマジカルブロック

ハローキティのマジカルブロック発売日: 2000年3月30日
開発: セガ
販売: セガ
機種: ドリームキャスト
ジャンル: アクション/パズル
価格: 2800円
製品番号: HDR-0070

全99面。ハローキティ版の「ペンゴ」です。オリジナルのペンゴよりも、ゲーム自体の難易度は大幅に下がってます。特に敵との当たり判定がやさしくて、ちょっと触れたくらいでは死なないので、ブロックを破壊しながら逃げても大丈夫。でも、99面あるのでクリアしようと思うと相当大変。そのせいでペンゴ本来の楽しさが失われてしますね。キティーちゃんだから女児向けなんだろうけど、とてもそうとは思えない難易度です。



ハローキティのマジカルブロックゲームのルールは「ペンゴ」と全く同じです。当然このゲームの肝である、消えないブロックを3つ並べてのボーナスポイントもある。壁に隣接させずに揃えれば1万点、壁際で揃えれば5000点のボーナスです。

ハローキティのマジカルブロックしかしこのゲーム、ハローキティものとして侮っていたが、全部で99面もある上に、途中のセーブはおろか、コンティニューはおろか、オプション設定すらない。つまり、最初の3人だけでクリアしなければならないのである。一応3万点とその後は10万点ごとに1人ずつ増えますけど。オリジナルより難易度が低いとはいっても、結構大変です。というか、最近クリアしたゲームで一番苦労したなw

なので、1万点ボーナスなど狙う余裕はあまりない。一定時間幽霊を気絶させる壁揺らしなども多用して確実にクリアしていった方がよいだろう。元々ペンゴは面クリアだけを目指すと、結構平凡なアクションゲームと化しますので、これだと面白くないんだよね。

ハローキティのマジカルブロック幽霊を全滅させれば面クリアです。クリアタイムに応じてクリアボーナスが入る。

ハローキティのマジカルブロック5面毎に入るデモも当然キティちゃんです。

ハローキティのマジカルブロックというわけでエンディングですが、ここまでの道のりはかなり厳しかったです。とにかく集中力が持続しない。終盤はほとんど壁揺らしですね。1つアドバイスをするなら、ブロックはギリギリのタイミングではなるべく押さないこと。やられる時の多くが、これで先に消されて敵に突っ込んでしまうというパターンでしょう。それと、終盤に壁揺らしを狙っていると、こちらが壁際を移動して、その1つ内側を同じ方向に敵が移動しているというシチュエーションによく出くわすのですが、あわてて方向転換したりすると高確率で捕まります。角まで移動して壁揺らしするのが一番です。それと、最も危険なのがステージ開始直後。敵の配置が決まってからゲーム開始までが早いので、ここで判断ミスして死ぬことが多い。ステージ開始直後はポーズして、敵の配置をしっかり確認してからスタートした方がいいです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。