忍者プリンセス

忍者プリンセス

忍者プリンセス発売日: 1986年
開発: セガ
販売: セガ
機種: マイカード
ジャンル: アクション
価格: 4300円
製品番号: C-65

タイトル: 忍者
海外タイトル: The Ninja
発売日: 1987年3月15日
開発: セガ
販売: セガ
機種: ゴールドカートリッジ
ジャンル: アクション
価格: 5000円
製品番号: G-1308

タイトル: SEGA AGES/メモリアルセレクションVOL.2
発売日: 1997年11月27日
開発: セガ
販売: セガ
機種: セガサターン
ジャンル: コンピレーション
価格: 4800円
製品番号: GS-9163

全16面。同名アーケードゲームの移植版。ギャルゲーの元祖と言われることもある。フリープレイ以外でエンディングに辿り着ける気が全くしない・・・。マイカード版はかなりアレンジされており、比較的オリジナルに近いマークIII版は、主人公が男忍者の風丸に差し変わっています。この2つは、巻物を揃えないとクリアできないというオリジナルな要素がある。ちなみに、自分が戦国大戦で使っている君主名のくるみ姫はこのゲームのヒロインからとっています。

参考サイト
レトロゲーム忍法帖(SG-1000版)
SEGA POWER(マークIII版[ザ・忍者])



忍者プリンセスオプションでレベルをイージー、ライフをフリーに。これでゲームオーバーになることはありません。これでやっても少々難しいんだが。

忍者プリンセスボスはずっと同じですが(終盤は殿様です)、いろいろとパターンが変わります。基本的にクルミ姫を敵の正面に位置し、下がったりしながら距離を保って前方攻撃すると楽勝。下がりながらの前方攻撃というのはボスに限らず基本的な攻撃パターンです。八方向攻撃は慣れないと自在に撃てません。

忍者プリンセス3面の岩ステージです。岩が飛んでくる中を敵の忍者も攻撃してくるので、最初のうちはかなりの難所ですが、隠れ身の術を上手に使えば結構楽勝です。この隠れ身の術はかなり重要なテクニックかと思われる。最後のボスは横スクロールなので下から攻撃できないが、懐にもぐりこんで連射すれば速攻で片付く。

忍者プリンセス多分4面だったと思うが、ここのボスは撃ち落せない手裏剣を撃ってきます。つまり正面から攻撃し辛くなります。ここは、ボスの縦軸からズレたところで待ち受け、撃ってきたらすぐに正面に入って前方攻撃。これの繰り返しです。周りの雑魚もうざいので中々苦労する。このタイプはこの後もう1回登場します。

忍者プリンセス6面の川を渡るステージ。ここは木の上を飛び移りながら敵を攻撃していく。移動範囲が狭いので手裏剣を撃たれたら隠れ身の術しかない。真ん中の木で待ち受けて敵が出てきたら上下に斜め撃ち。たまに正面からこられた時がかなり厳しいですけど。ボスは向こうから近づいてくるので、正面に入ったら連射で秒殺。

忍者プリンセス城下町のステージでは、突然地面から忍者が出てきたり、屋敷の影から突然斬り付けられたりする。出現ポイントを把握して慎重に進めば問題はない。

忍者プリンセスここの馬は当たるとやられます。ここは3面の岩ステージと同じような感じ。

忍者プリンセス城壁のステージは2つある。ここは、やられると下のお堀に落下してしまうので最初からやり直しとなってしまう。動きも鈍くなるので、闇雲に昇っていくよりも、ある程度攻略パターンを確立した方がよい。最初の城壁のボスは同じ横軸まで上がってそこからボスに向かいながら攻撃していったら速攻で倒せたが、周りの雑魚を一掃してからの方が無難かも。

忍者プリンセスいよいよ城内へ侵入。ここのボスはお殿様だが、バカ殿なので、柱の方へ誘導すると引っかかって動けなくなる。後は手裏剣をブチ込むのみ。

忍者プリンセスラスボスのお殿様はピストルを連射してきます。結構手強かった。

忍者プリンセスというわけでエンディングです。

忍者プリンセスこちらがマークIII版の「忍者」。中々よくできているが、やっぱクルミ姫じゃないとやる気が出んよ・・・。ほぼ同内容のゲームなんでいっしょくたでいいでしょ。そもそもクリアできる気がしないんで。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク