スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイハード・トリロジー

ダイハード・トリロジー

ダイハード・トリロジー海外タイトル: Die Hard Trilogy
発売日: 1997年1月31日
開発: プローブ
販売: セガ
機種: セガサターン
ジャンル: アクション/ガンシューティング/レーシング
価格: 5800円
製品番号: GS-9123

映画「ダイハード」シリーズの1~3を元にゲーム化したもので、それぞれアクションゲーム、ガンシューティングゲーム、レーシングゲームと全く別のゲームになっている。どれも一応は作り込んであって、ジャンルごったまぜゲームにしては頑張ってるとは思うのだが、グラフィックは雑だし、何より操作性が極悪。同時期に出ていた「ダイナマイト刑事」とどうしても比べてしまうが、尚更お粗末に感じます。PS版のレビュー読むとやたら評価が高いのだが、PS版は出来がいいのだろうか?



ダイハード・トリロジー最初に英文で著作権がどうたらというメッセージが出たところで、CABBYCABBYと入力します。その後、ゲームをスタートさせてポーズすると、メニューの中にチートの項目が出現する。ここで、IMMORTAL MODE(不死モード)をオンにして、LEVEL(面)を一番最後に設定すれば、無敵状態で最終面に進めます。

ダイハード・トリロジーダイハード1は、出来損ないの「バイオハザード」です。鮮血飛び散りまくりです。不死なんで適当でよいですが、敵が固まっているところには手榴弾が効果的。とにかく、ここの操作性が最も極悪で、狭い通路などは思うように進めない・・・

ダイハード・トリロジー敵を全員倒したら、後は爆弾処理です。左下のマップで赤く光っている場所へ30秒以内に急行してください。説明書を読まなかったのが悪いとはいえ、最初はどうすればいいのか全然分からなかった・・・。

ダイハード・トリロジーまずはダイハード1クリア。

ダイハード・トリロジーダイハード2は出来損ないの「バーチャコップ」。一応、バーチャガンも使えますが、面倒だったのでパッドでプレイ。ここは簡単かと。

ダイハード・トリロジーダイハード2クリア。

ダイハード・トリロジーダイハード3は出来損ないの「クレイジータクシー」。車で爆弾を潰していくのが目的。3つの中では一番遊べるかと。

ダイハード・トリロジー最終面は、ヘリコプターを追いかけて、ジャンプして体当たりして撃墜する。「LAUNCH」と表示されている小型爆弾を通過するとジャンプができますので、それまでにヘリを追い詰めてジャンプ。これも、最初は何すればいいのかさっぱり分からんかった。ヘリの後をひたすら追いかけたりしたりして・・・

ここはちょっと難易度が高い。ヘリは一定のコースを進むので、まずはそれを覚えるのが先。タイム加算アイテムもある程度はしっかり取ること。

ダイハード・トリロジー最後のダイハード3もクリア。

ダイハード・トリロジーというわけでエンディングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

このゲームはSS版とPS版を持ってますが、これに関しては断然PS版をおすすめします。
SS版は操作に遅延があり、フレームレートもとても低くてプレイに耐えられませんでした。(SS版ワイプアウトXL以上にカクカク)
PS版は爽快な天然のバカゲーとして今でも時々やりたくなりますw

Re: タイトルなし

ありがとうございます
PS版は出来がいいのですか
確かに丁寧に作り込めば遊べそうなゲームかもですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。