グランチェイサー

グランチェイサー

グランチェイサー海外タイトル: Cyber Speedway
発売日: 1995年5月26日
開発: ネックスエンターテインメント
販売: セガ
機種: セガサターン
ジャンル: レーシング
価格: 5800円
製品番号: GS-9022

「F-ZERO」や「ワイプアウト」のような近未来型のレースゲーム。サイバーレースと呼ばれるレースの結果で宇宙の勢力圏が決定されるという変な設定。武器での攻撃などもできる。マシンデザインは「ブレードランナー」などで有名なシド・ミラーが担当。その筋では凄く有名らしい。もしかしたら「サイバーレース」という海外のPCゲームが元かも。



グランチェイサー難易度を上級(LEVEL ADVANCED)にしないと5面までしかプレイできないので上級で。最終面以外は簡単です。セッティングについては、ミーティングルームのナード・モーガンのアドバイスに従っておけば問題ない。というかセッティングする必要もないかもしれん。

グランチェイサーTERRA
最初の面は地球ステージ。途中水没してコースが切れている場所があるので、そこでコースを外れないように注意していれば他は問題ない。スタート直後や減速した時などはBボタンのアクセルブーストを使って急加速させる。

グランチェイサーGLACIES
続いては氷惑星ステージ。地面から生えている氷柱や、上から落ちてくるつららに当たるとダメージを受けるが、ガンガンぶつかっても問題はない。3位以内に入れば先のステージに進めるのだが、初めてのプレイで最終面まではクリアできてしまうほどの恐るべき難易度の低さです。本来いちいち各ステージを解説するまでもない。

グランチェイサーVASTITAS
ここは岩石惑星ステージ。グラベルではスピードが若干落ちますが、大したロスでもないのでグラベルを走っても問題ないです。LRボタンがサイドブーストという、F-ZEROなんかと同じ操作系統です。

グランチェイサーNUBES
ガス惑星ステージです。このゲームでは、コース上に落ちているミサイルを拾って撃つことができますが、使う必要はない。というか全然当たらない。レースに集中した方がよい。

グランチェイサー火山惑星ステージです。溶岩地帯を走るとダメージを受け、他にも吹き上げる溶岩や火山弾などの障害が多いですが、ここもシールドの限界までダメージを受けるということはないと思う。

グランチェイサーいよいよ最終の機械惑星ステージ。ここだけは優勝しないとダメです。ここはセッティングのスペシャルでシールドを選択しておきたい。ノーマルで最後までシールドを持たせるのは難しいですが、スペシャルでもコースをある程度覚えないと辛いです。無事走りきったとしても中々1位になるのは難しいが、途中のショートカットを使えば勝てます。場所は写真のコースが切れているところを飛び越える箇所。飛び越えてすぐ右に通路があるので、そこを通ればショートカットできます。いずれにせよ、コースをある程度覚え、ある程度のテクニックは身に付ける必要はあります。

グランチェイサーというわけでエンディング。有名な人がマシンデザインしたらしいが、格好いいかコレ?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク