ポピュラス

ポピュラス

ポピュラス海外タイトル: Populous
発売日: 1991年8月9日
開発: ブルフロッグ
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: シミュレーション
価格: 6000円
製品番号: G-4057

全494面。リアルタイムシミュレーションの傑作「ポピュラス」のメガドライブ版。メガドラ版は、面数が半数以下で(これでも充分過ぎるほど多いですが)、カスタマイズモードがない、プレイ途中でのセーブができないなど、スーパーファミコン版よりも後発なのに結構グレードダウンしてます。ただ、セーブできないのは、かえって面白味を上げていると思う。昔、友人がスーファミでプレイしていたのを見て、面白そうだなとは思っていたが、今回が初体験でした。プレイヤーは神となり、自分を崇拝する民衆を操って、悪魔を崇拝する民族を滅亡させるという設定も強烈だが、何よりゲームとしてのアイデアが斬新で秀逸です。



ポピュラス494面あるので、普通に最初からというのはきつい。とはいっても、獲得スコアでステージはスキップされるので、全部クリアする必要はないですけど。ゲームをスタートすると、パスワードの入力画面になるので、そこでまんま「494」と入れれば、いきなり最終面です。最終面の「WEAVUSPERT」は、人口1対13という圧倒的不利な状況からのスタートとなる。

初心者なのに、いきなりこんな面から始めたのも悪いが、最初は何がなんだかさっぱり分からず、敵のナイトが攻めてきて蹂躙されるの連続・・・。メガドラ版の攻略サイトなんて全く見当たらなかったが、スーファミ版の攻略サイトやクリア動画なんかをチェックしつつ、何度もプレイした結果、敵のナイトをどうにかすれば、何とかなりそうだなと理解できた。

ポピュラスようやく辿り着いた、最終面の攻略手順です。まずは基本の整地からです。土地を上げ下げして広い平地を作っていく。土地が広くなると建物がバージョンアップしていき、最終的には城になります。しかし城になると、中の住民が中々出てこなくなるので、城のそばの土地を盛り上げて、わざと建物をグレードダウンさせます。そうすれば、中の住民が出てきて、早く次の建物を建ててくれるので効率的です。住民が出てきたら、盛り上げた土地を元に戻せば、すぐに建物も城に戻ります。それから、序盤はとにかく時間との勝負なので、カーソルを移動するときはポーズをかけて移動すること。そうしないと、サイコフレームが充分に上がる前に、敵のナイトが進軍してきてしまいます。

ポピュラス町が発展し住民が増えてきたら、今度は合体です。合体することによって、民の力が上がっていきます。

沼その内、敵がナイトを作って攻めてきます。ナイトを作った時は特別な音がするので分かります。こいつに好き勝手やられたらお手上げです。防衛する方法は2つ。一番手っ取り早いのは、沼に沈めるというものですが、サイコフレームが4段階までいかないと使えませんし、確実に成功させる方法は分かりませんでした。とりあえず、こいつが平地を移動している時にポーズをかけ、沼アイコンを選択。そいつの進路上の手前にカーソルを移動させ、ポーズを解除して発動させる。ということをやっていたが、成功率は50%ほど・・・。失敗すればサイコフレームも下がるので連発できないので、その場合はとにかく耐える。建物を破壊されると復活できないばかりか、城を作るスペースがなくなってしまうので、そいつが攻め込もうとしている建物は土地を盛り上げて消していく、という作業をナイトが消滅するまで繰り返します。

ポピュラスある程度余裕ができて、サイコフレームが5段階まで上がったら、いよいよ反撃に転じます。まずは最前線にシンボルを立てて、集合アイコンを使います。その際に、そこら辺の城をグレードダウンさせれば、早く集まります。リーダーがある程度合体してパワーアップしたら、騎士アイコンでナイトにすれば、後は勝手に敵陣に切り込んで攻撃し続けてくれます。その間に領土を更に拡大しつつ、定期的にナイトを出陣させていけば、その後はあっという間に戦力差がついていくでしょう。

ポピュラス敵の領土を縦横無尽に蹂躙していく我がナイト達。

ポピュラスこのままでも勝てますが、時間がかかるので、最後はハルマゲドンで一気に片をつけます。とはいっても初体験なので、どれほど差がつけば勝てるのか分からなかったため、御覧のような圧倒的な状況で発動。

ポピュラスハルマゲドンを発動すると、世界は全て廃墟と化す。そして愚民どもはワラワラと集まりだして、最終戦争に突入。さすがに速攻で勝てた。

ポピュラスというわけでエンディングです。「悪は敗れた。しかし、決して滅びることはない。」というメッセージと共に最初の面へループ。滅茶苦茶面白いのだが、さすがに後味はよくないな・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク