2度あることはサンドア~ル

2度あることはサンドア~ル

2度あることはサンドア~ル発売日: 1996年4月5日/1998年2月11日(サタコレ)
開発: CRI
発売: CRI
機種: セガサターン
ジャンル: パズル/アクション
価格: 5800円/2800円(サタコレ)
製品番号: T-6802G/T-6804G(サタコレ)

「タントア~ル」シリーズの3作目にあたる同名アーケードゲームの移植版。発売はCRI。アーケードモードの他、家庭用オリジナルのオリジナルモードやフリープレイが楽しめます。ミニゲームの種類も増加し、さすがに質的にも向上してるので、純粋にパワーアップしたと言ってよいでしょう。



2度あることはサンドア~ルオリジナルモードでプレイしたかったが、裏技が使えるアーケードモードの方が遥かに楽なのでこちらで。難易度はイージーにするとエンディングが見れないのでノーマルです。

まず普通にアーケードモードを始め、スタートボタンでポーズ画面にする。ここで2P側のコントローラーで、上上下下左右左右Yと入力。画面上に0001とかの数字が出たら成功です。ここで一旦ソフトリセットし、CRIのロゴが出たらRボタンを押しっぱなしにしておき、メニュー画面でスタートボタンを押せばよいです。アーケードモードを選択し、レベル選択の画面になったら、今度は1P側のコントローラーで、LRボタンを押しながら、上上下下右左右左Yと入力。音が鳴れば無限コンティニューになります。

2度あることはサンドア~ルこれでファイナルステージからプレイできます。

2度あることはサンドア~ルいつものようにミニゲームの選択ですが、今作では、ライフアップのラッキーハートが全然出てこないですね。

2度あることはサンドア~ルミニゲームですが、全体的にボタン連打などのアクション系が増えて、頭脳系が減った印象。この辺のバランスは前作までの方が良かったかなとも思う。

2度あることはサンドア~ルノルマを達成すればミニゲームクリアとなる。

2度あることはサンドア~ル今作での一番のお気に入りは「まって GO!GO!GO!」ですかな。赤信号に捕まらないように、制限時間内に女の子の待つゴールまで辿り着くというゲーム。

2度あることはサンドア~ル見た目でインパクトあるのはやっぱり「カンフーまさつ」。乾布摩擦で、制限時間内に全身を真っ赤にするというゲームなのだが、成功した時のビジュアルも強烈です。これが選択肢に出たら真っ先に選んじゃいますね。

2度あることはサンドア~ルラスボスのサー・ク王。こいつの拳に昇龍拳を叩きつけると体力を削ることができる。拳が真っ赤になると攻撃してきます。攻撃のパターンが読めず、避けるのが結構難しいが、動かない方が当たらなかったりする。

2度あることはサンドア~ルサー・ク王を倒しました。これでもシリーズ最強のラスボスでした。

2度あることはサンドア~ルというわけでエンディングです。エンディングでは、コンティニューした回数によって称号が得られますが、私はグッドプレイヤーでした。当然ノーコンティニューでクリアすれば、最高の称号が得られます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク