ハングオン

ハングオン

ハングオン海外タイトル: Hang On
発売日: 1985年10月20日
開発: セガ
販売: セガ
機種: セガマーク3(マイカード)
ジャンル: レーシング
価格: 4300円
製品番号: C-502

タイトル: シェンムー 一章 横須賀
海外タイトル: Shenmue
開発: SEGA-AM2
販売: セガ
発売日: 1999年12月29日
機種: ドリームキャスト
ジャンル: レーシング
価格: 6800円
製品番号: HDR-0016

タイトル: シェンムーII
海外タイトル: Shenmue II
開発: SEGA-AM2
販売: セガ
発売日: 2001年9月6日
機種: ドリームキャスト
ジャンル: レーシング
価格: 7800円
製品番号: HDR-0164

世界初の業務用体感ゲームとして登場した歴史的名作。発売から14年後、「シェンムー」のミニゲームとして、初の家庭用完全移植が実現した。思い入れのあるゲームだからということもあるが、今プレイしても十分熱くなれます。当然ながらDC版でプレイです。



ハングオンレーシングコントローラーも使えることは使えるが、操作し辛いので、パッドでプレイした方が楽。基本的にブレーキは使わず、きついカーブはアクセルオフで対応です。タイムを縮めるには、カーブで極力減速しないように、きっちりインを突くことが重要ではあるが、敵車はカーブで内に寄ってくる性質があるので、基本は外から抜く。

ハングオン2面までは、基本ができていればさほど難しくはない。ちょっと重要なポイントとしては、ゲームオーバーになったら、そのままやり直すのではなく、一度ゲームを終了させてからやり直すことを挙げておく。というのも、2度目以降は敵車の出現パターンが変わってしまうからである。だんだんずれてきて3面以降は、毎度同じパターンというわけにはいかないが、2面あたりまでなら一定のリズムで走れて楽です。

ハングオン夕焼けの3面。この変からコースも難解になり、敵車も増えてきます。この辺からはある程度はコースを頭に叩き込んでおかないと厳しいでしょう。

ハングオン4面には有名な看板激突の裏技がある。前半部分のコース左に、「HANG-ON」という看板が並んでいるが、ここの「G」の文字の看板に激突することで、制限時間を20秒増やすことができます。遅く走れば当たる確立は増えるでしょうが、激突によるタイムロスなどを考えると、それではあまり意味がありません。最高速のまま一か八かでブチ当てる必要があります。クリアだけを考えるなら、ここまで無傷で来てるなら素通りした方がよいかと思います。

ハングオン激突に成功してタイム20秒加算です。

ハングオン最終面はコースは比較的簡単ですが、敵車がわんさか出てきます。とはいえ、外からがんがんブチ抜いていけばよい。

ハングオンというわけでゴールしました。スコアは約2400万点でした。ちなみに、私がシェンムーのネットランキングで入賞した時のスコアは3966万0100点です。今はもう無理。

ハングオンここで終わってもよかったが、マーク3版のハングオンは、ほとんど別物のゲームなので、一応プレイしておく。

ハングオンマーク3版では、BGMがないのが大きな特徴。後発の全機種版はこれより更にグラフィックはしょぼいが、きちんとBGMは鳴っていた。それからギアが3段階あって、当然自分で操作する必要があります。敵車は幅寄せしてきませんが、レベルを3にすれば幅寄せしてきて、少しはハングオンらしくなる。そして、どんなカーブでも減速しなくては曲がれない。てな感じで全然違いますね。昔はこれでも十分楽しめたんですがね。

ハングオンマーク3版は、敵車にちょっとでも触ると爆発するんですよね。今やると笑っちゃうなw。カーブはゆるいカーブはアクセルオフ、きついカーブはブレーキングというのが基本だが、きついカーブに敵車が絡んできた時は、シフトダウン(敵車と同じスピードになる)してもよい。とにかく無理をしないことがポイントだが、結構な回数爆発してもクリアできてしまったりもする。

ハングオンてなわけで1周クリアですが、ここで終わらずに次のコースへのチャレンジとなる。一応、コースは変わるようですが、5周しても先に続いたので、多分エンドレスではないかと。6周目でゲームオーバーになったので、その先は未確認ですが。

ハングオン全機種版はこんな感じ。基本はマークIIIに準規していますが、グラフィックはかなりアレですが、こちらはBGMがちゃんと鳴るので、むしろこっちの方がハングオンっぽい。操作性は悪い。


ドリームキャスト版

マークIII版
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ハングオン

良いですね、このゲーム。難易度が高いので1面ですぐ死にます(泣)

クリアするとはお見事です(^^)

出来ればシェンムー2に、マーク3版のハングオンを入れてほしかったですね。

カーブで敵車を抜くコツを掴めばよいかと
できればインから抜きたいが
慣れないうちは、インがガラ空きの時以外は
全て外から抜くのがよいでしょう
それでも左右に切り返すあたりで敵車が絡むと熱いですけど
後はコースを頭に叩き込む必要もあります

シェンムーはゲームセンターという設定なんでマーク3版は無茶かとw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク