ストライダー飛竜

ストライダー飛竜

ストライダー飛竜海外タイトル: Strider
発売日: 1990年9月29日
開発: カプコン/CS1研
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: アクション
価格: 7000円
製品番号: G-4037

全5ステージからなる、カプコンの同名アーケードゲームのメガドライブ移植版。「ザ・スーパー忍」辺りと同系統な、多彩なアクションや仕掛けが楽しめる傑作横スクロールアクションゲーム。難易度的には多少強引に進んでもクリアできるようになる。大味とも言いますが。移植度的には、ちょくちょく入る読み込みが難とは言えるが、そんなことが気にならないほど楽しいっす。



ストライダー飛竜オプションで、難易度イージー、残機5に変更。ゲームスタート直後、写真の画面になったら、ACBCAスタートと入力すれば、コンティニュー3回が可能になります。もうちょっとやれば、コンティニュー必要なくなりそうだったが。

ストライダー飛竜基本的には、歩いてジャンプしてサイファで攻撃の3アクションでクリアできるが、2面の最初だけはスライディングが必要です。ボス戦は、基本的にゴリ押しでよい。

アイテムボックスを破壊するとアイテムが取れる。剣を取るとサイファがパワーアップしてリーチが伸び、人型を取ると一定時間無敵。飛竜を取ると1UPとなるが、これは見たことないです。飛の文字はライフが1つ復活し、竜の文字はライフゲージが1つ増え、飛竜の文字はライフ全快です。オプションは、円盤型二足歩行ロボット、ヒョウ型四足歩行ロボット、タカ型ロボットの3つ。オプションを取ると、その時のライフの一番上の部分が赤くなり、ダメージを受けてその部分が消えるとオプションも消えます。ですので、わざとライフを最低にしてオプションを取ると死ぬまで消えなくなるというわけです。オプションに関しては裏技もありましたが、面倒なので使用しませんでした。

ストライダー飛竜ここからはボス戦を解説。とはいっても、前述のように基本ゴリ押しなんで説明する必要ないんですが・・・

ステージ1のボスはウロボロス(2000点)。24名の侯王たちの合体生物。頭部の3連装砲とカマ・トンカチで攻撃してくる。ここまでに死ななければロングサイファを持っているはずなので、距離を取ってサイファをひたすら連打。近付く前に倒せます。なくても強引に連打してれば、1ダメージで倒せる。

ストライダー飛竜ステージ2のボスは中国3人娘。常に3人で登場し、舞うような華麗な動きで攻撃してくる。体技は常人とはかけ離れたものを持っており、蹴りはサイファと同じプラズマ旋風を起こす。ここもゴリ押しで1ダメージで倒せます。3人娘の手前の砲台は無視してジャンプで飛び越えてしまえばよい。砲台で時間を食っていると3人娘が出てきてしまいますので。

ストライダー飛竜ステージ3のボスはキャプテン・ひげ丸Jr。かつての連合軍司令長官。グランド・マスターとの戦闘に破れ、片目、片足、片腕を失う。以来グランド・マスターの手下となる。こいつの乗っている浮遊船にさっさと飛び乗ることが重要。この時、鎖で弾き飛ばされて乗れないこともあるので注意。飛び乗ったらボコボコに。

ラストライダー飛竜ステージ4のボスはラゴウ・メカニック(2000点)。口から火炎竜を吹き、手先に巨大な爪を持つメカニカルサウルス。ロングサイファがあれば楽勝だが、なくても、爪攻撃をジャンプで交わしながらサイファで攻撃を加えていく。火炎竜に当たっても構いません。こいつは体力自体はしょぼいので、1ダメージで倒せるでしょう。

ストライダー飛竜ラスボスはグランド・マスター(5000点)。AD2042年にこつぜんと現れ、たった5年で全世界を征服した男。両手からイナズマを発射し、過去のステージボスを復活させ攻撃をかけてくる正体不明の敵。ひたすらサイファ連打っす。

ストライダー飛竜というわけでエンディングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク