スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビリベンジ

ゾンビリベンジ

ゾンビリベンジ海外タイトル: Zombie Revenge
発売日: 1999年11月25日
開発: AM1研
販売: セガ
機種: ドリームキャスト
ジャンル: アクション
価格: 5800円
製品番号: HDR-0026

同名アーケードゲームのDC移植版。「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」と「ダイナマイト刑事」をミックスさせたような内容。ゲーム自体の難易度はかなり高く、普通にクリアできる気は全くしないが、フリープレイがあるので、クリア自体は簡単です。何というか、毒島の場違い感を楽しむゲームですね。

参考文献
ゾンビリベンジ パーフェクトガイド(ケイブンシャ)



ゾンビリベンジ通常の攻略に関しては、こちら怒首領部通信様)や、こちら酷夢様)などを参考にしてください。

まずは、オプションで難易度をベリーイージーに(全然イージーじゃないんですが・・・)、コンティニューをフリープレイに変える。

ゾンビリベンジキャラクターは、当然のことながら毒島力也です。御覧のようにあのお方がモデルでございます。毒島がこのゲームの全てと言っても過言ではありません。こいつでゾンビに四の字をかましてやろうと思ったのですが、空振りばかりで全然決まらない・・・。空振りして地面でもだえる毒島も味わいありますが・・・

ゾンビリベンジフリープレイなんで、攻略もくそもなく、ただ乱射しまくって、死にまくってればよいだけ。制限時間も気にする必要なし。

ゾンビリベンジ後は画面に表示される指示に従って行動すればよい。扉の中には、蹴破ったり破壊しないと開かないものも何個かある。そういや、最初の方で3つのカードを選択させるものがあったが、あれでラスボスに変化があるらしい。一番左を選んでしまったが、右の青いカードがベストだったようだ。ま、フリープレイだから関係ないけど。

ゾンビリベンジこいつが悪の元凶であるゼド。ラス前で戦うことになる。

ゾンビリベンジゼドを倒すとラスボス登場。撃って撃って撃ちまくり、死んで死んで死にまくった末に撃破。

ゾンビリベンジというわけでエンディングです。エンディング後に採点みたいなのがされるのだが、レベル0って・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメント

楽しいゲーム

アクションゲームが苦手な人とフリープレイでクリアまでやったら面白かった。(^-^
毒島力也はおいしすぎですが残り二人とちゃんとコミュニケーションがとれているのか心配です。多分浮いてる。

やったことないけど
2人プレイは確かに面白そうですね
毒島の協力プレイって想像つかんがw

毒島にハマる・・・

毒島の濃さは最高ですね。

他のキャラクターとまるで会話が成立していないし・・・

変なクスリがキマッてるのかもしれないですね。
もぐらも近い将来レビューしたいと思います・・・。
(DCソフトを100本近く持っていますが、なかなか良い画像を入手できずに他の機種ばかりレビュー・・・)



これからも濃いソフトをご紹介ください!!

Re: 毒島にハマる・・・

ネタ的においしいゲームなので是非w
おいらはそんなにプレイしなかったので深いことは書けません

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。