スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孔雀王2 幻影城

孔雀王2 幻影城

孔雀王2 幻影城海外タイトル: Mystic Defender
発売日: 1989年11月25日
開発: セガ
販売: セガ
機種: メガドライブ
ジャンル: アクション
価格: 6000円
製品番号: G-4017

ヤングジャンプに連載されていた「孔雀王」が原作の横スクロールアクションゲーム。難易度がかなり高く、特にジャンプ移動が難しすぎる。3面の飛び石で死にまくりました・・・。こんなのクリアできね~よ!ってことで初のクリア保留です。



孔雀王2 幻影城ステージ中には、赤い玉や青い玉が落ちている。説明書紛失のため、正確なところは分からないが、赤い玉を取ると、溜め攻撃の時の呪文(?)の長さが短くなるっぽい。パワーアップしてるかどうかはしらんが。青い玉を取ると、ライフゲージが1つ増える。最初は普通の気孔弾みたいなのしか持っていないが、アイテムを取れば、炎と跳ね返り弾と雷を覚える。これらはAボタンで切り替えることができます。プレイした感じだと、最初からある気孔弾の威力が群を抜いているので、基本はこれかな。

孔雀王2 幻影城クリアできなかったゲームを攻略するのもおこがましいが、一応行けたところまで。1面はまあパターンを覚えれば問題ない。中ボスのムカデは溜め一撃で倒せます。続く本ボスは、溜め二撃で倒せますが、炎で攻撃するのもよいかもしれない。回転している時は攻撃が効きませんので、枝を渡って回避。

2面は迷路っぽくて初めてだと結構迷う。ジャンプで渡る場所が何箇所かあるが、結構ギリギリなので、失敗して下からやり直しという羽目に何度あったことか・・・。ボスはゴーストで、消えたり現れたりする。跳ねっかえり弾が有効化と。今ひとつ出現パターンが掴めませぬ・・・

孔雀王2 幻影城3面の最初はあちこちに火を噴くオブジェが置いてある。顔が伸びる壁は溜め二発ほどで破壊できます。パターンを覚えれば無傷でクリアできそうなステージです。続く床が伸び縮みするステージが難関。というか、ここで断念。炎を出しながらジャンプしていけば何とかなりそうな気もしたが、ジャンプが難しくて次々に落下・・・

孔雀王2 幻影城一応、どんなものかとエミュでいんちきクリアしてみた。こいつがラスボスです。ラスボスは左端で下を飛んでくる弾だけ避けながら溜め攻撃していれば簡単に倒せるようです。とまあ、やってみた感じでは、クリアできるようになるまで相当な時間がかかりそうな感じなので、しばし休戦ということで。そもそも、ゲーム自体の出来がアレなんで、攻略意欲が全く沸いてきません・・・

孔雀王2 幻影城一応、エンディングはこんな感じでした。

Youtubeに動画があったので紹介しておきます。うますぎて全く参考になりませんが(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンディングでの格好が、なんか実機と違う・・・

評価1ですかw厳しいっすね~
このゲームは一度死ぬと復活が辛いのですが、死ななければ全然死なないゲームでもあります。
(死なずに順調に赤いアイテムを2個取れば、溜め撃ちがすぐ出せるようになるので)
私も最初は苦戦しましたが、今ではノーミスで、10数分でクリアできてしまうようになりました。
そうなると「俺つえー」感を味わえてなかなか楽しいんですけどね。
3面の飛び石は難所ですが、元から上下に動いてる石は乗っても沈まないと言う事を覚えれば
結構楽に進めると思います。アドバタイズ画面のプレイを参考にしてみては如何でしょう。

勿論別に難易度が高いから評価1ではないですが
例えばスーパー忍とかみたいに
難しいけど頑張ってクリアしてやろうという気が起きませんでした
アクションゲームでこれほど早々とクリアを諦めたのも珍しいのでw
確かにメガドライブに限らず当時のゲームには
最初は難しいが、鍛えればノーミスでクリアできるような
アクションゲームが多いですね
これもその一つであることは分かるのですが・・・
ま、いつかは乗り越えなければならないゲームではあるので
いずれアドバイスを参考に頑張る所存ではあります
その時また評価が変わればと

私はスーパー忍、挫折しました・・・

スーパー忍とは大体同時期の作品なんですよね。
一般的には、やはり孔雀王2の評価は低くなりがちで、俺涙目w
ただゲームフリークの杉森建はこのゲームを褒めており、救われた気分。
まぁ、彼自身もマイノリティーであることを自覚していたようですが。

ゲームの評価ってのは人それぞれだと思うので
自信を持って名作だと思ってよいかと
確かに自分の好きなゲームを酷評されているのを読むと
ちょっと悲しい気分になったりしますけど
それだけに一応評価するからにはきっちり最後までプレイする
或いは相応の時間はプレイするというのは気をつけてはいましたが
このゲームを評価するには大してプレイしてないんですよね
ちょっと反省かも

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。