プロ野球チームをつくろう!

プロ野球チームをつくろう!

プロ野球チームをつくろう!発売日: 1999年8月5日
開発: スマイルビット
販売: セガ
機種: ドリームキャスト
ジャンル: スポーツ/シミュレーション
価格: 5800円
製品番号: HDR-0022

セガサターンの「プロ野球チームもつくろう!」の続編。年間135試合をこなすのが少々かったるいものの、育成という面ではサカつくよりは遥かに楽です。このDC初代には致命的なバグがあるらしく、デパートは建てないほういいようです。そこまでいくまでに優勝してしまったので確認してませんが。それから、能力のフローもあるとのこと。これもそこまで育てる前に優勝したので未確認。

参考文献
プロ野球チームをつくろう! コンプリートガイド 完全解明編(アスペクト)
プロ野球チームをつくろう! ガイドブック システム・データ解析編(アスペクト)
プロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイド(ソフトバンク)



プロ野球チームをつくろう!一番楽そうな巨人を母体にチーム作り。本拠地はセガ本社のある大田区に。

プロ野球チームをつくろう!つくろう選手は2人まで雇用できるので、ゲームを始める前に作っておくこと。ソニックだけに足の速い選手にしたかったが、序盤なので涙を呑んで即戦力に。

プロ野球チームをつくろう!アイテムを開発することで、様々な恩恵が受けられる。以下が全アイテムのリスト。「もつく」の攻略本からの引用ですが、多分同じだと思う。

まねき猫(500万円×1ヶ月・桜)観客動員増加
ほら貝(500万円×1ヶ月・桜)調子最悪の選手の調子が少しアップ
ゴーグル(500万円×1ヶ月・渡D)デイゲーム時の守備力少しアップ
赤バット(5000万円×1ヶ月・桜渡)巧打力少しアップ
カンガルー皮のスパイク(5000万円×1ヶ月・桜渡D)走力少しアップ
マジックグラブ(5000万円×1ヶ月・桜渡D)捕球能力少しアップ
水晶のネックレス(5000万円×1ヶ月・桜渡D)ケガをしにくくなる
ノートパソコン(5000万円×1ヶ月・渡D)キャッチャーリード少しアップ
グラウンド整備車両(3000万円×4ヶ月・D)体力の回復量アップ
銀の天秤(1億円×4ヶ月・桜渡D)トレード成功率アップ
ゴッドハンド(1億円×4ヶ月・桜渡D)ドラフトで4球団以上競合した時に、くじが1つ見通せる
救急箱(1億円×4ヶ月・桜渡D)ケガ発生時のケガの程度が軽くなる

プロ野球チームをつくろう!今作からはスカウトはただ見つけるだけではだめで、優秀な選手は好感度を上げて逆指名を取らないと中々獲れなくなっている。成功コメントは、選手の反応で判断できるので、自分で交渉すべし。成功コメントが分かったら、それでずっと交渉するだけ。

力説する・・・「燃えてきましたぁぁぁぁ!」「よし!がんばりますか!」「そうでもないでしょう!?」「そんなこと言われても嬉しくないですよ!」
ほめちぎる・・・「わたしがやるしかないですもんね!」「心をくすぐることをいいますね……」「わたしがそんな言葉にノルと思いますか?」「なに言ってんのよほんとにもう!」
世間話をする・・・「なんとなく、心の琴線に触れますね……」「力強いというか、あっさりとしてるというか……」「言葉だけかざってもだめなんですよ……」「そんなこといわれてもどうしろっていうんです?」
悩みを聞く・・・「ちゃんとわたしの不安をくんでくれてありがとう……」「言葉をきいて、安心したというか、自信がついたというか……」「球団のせいじゃないんです。単にプロでやっていく自身がないんです」「うーん、スカウトマンがこれでは……やっぱ、プロいくのよそうかなぁ」
将来を保証する・・・「安心して働けそうな球団ですね」「自分の自信を崩さない、無難な挨拶に感じました」「甘い言葉誘われてもねぇ……」「危ない危ない。こんな言葉を真に受けてたら、いくつ身があってももたないよ……」

プロ野球チームをつくろう!プレコ1年目
施設:グッズショップ、売店×2、トンボ&ローラー、ダンベル&鉄アレイ、パワーアンクル、ティー、まと
トレード:金子誠(ニ)⇔ニ志敏久(ニ)、中村紀洋(三)⇔入来裕作(投)大崎愛(投)、城島健司(捕)⇔松井秀喜(外)、マーク(投)嘉勢敏弘(外)⇔平松一宏(投)

5位 61勝73敗1分 .455
新人王:上原浩治

新人:遠藤一彦(投S)、テイルス(投)

高齢選手には御退場願い、20代の主力級はあらかた確保。とりあえずトレードで戦力アップしていく。練習は結構適当ですがハードに。最初のうちはケガが多いがリセットはせず。トレード要員は調整で。最下位になるとゲームオーバーだと思っていたので後半は結構リセット使った。それってセガサターン版だけの仕様だということに後で気付く。城島と松井のトレードは結構アツかったが、やはりキャッチャーは重要かなと思い、思い切った。1年目の最終的なレギュラーは写真の通り。横浜ベイスターズが優勝。

プロ野球チームをつくろう!プレコ2年目
施設:球場増築(2万人)、売店1、テーマパーク
トレード:岩村明憲(三)⇔元木大介(三)、山部太(投)梶田健二(三)⇔小田幸平(捕)、木村拓也(外)野村文夫(投)⇔池原誠人(一)、加藤初(投)⇔木村拓也(外)

5位 59勝75敗1分 .440
最多勝:小野仁(14勝)、MVP・本塁打王・打点王:中村紀洋(43本・93打点)

新人:大矢明彦(捕)、投手コーチ:鈴木孝政

2年目は最終節だけリセットしてギリギリの5位。つまり実質的には2年連続の最下位です。全体的に手応えは悪くなかったが。横浜が2連覇した。

プロ野球チームをつくろう!プレコ3年目
施設:マッサージ室

優勝 90勝45敗 .667
MVP・最多勝:岡島秀樹(17勝)、打点王:中村紀洋(96打点)、新人王:テイルス

3年目は面倒くさくなってトレードを全くせず、2年目に獲ったつくろう選手のテイルスが留学から帰ってきて15勝の活躍をした以外には、大してメンバー的には代わり映えしなかったが、いきなり強くなった(笑)。2位の広島に13ゲーム差を付けてブッチギリ。ここまで急変した理由が分からん。日本シリーズはダイエー相手に互角だったが、あっさり優勝した。もう1年やるのやだったので1回リセットしたけど。

プロ野球チームをつくろう!というわけでエンディング。この後、宇宙選抜という究極の目標もあるわけだが、それは「もつく」やる時にやってみます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロ野球チームをつくろう3 攻略のご紹介!

『プロ野球チームをつくろう!ONLINE』正式サービスを記念して ...ONLINE サマーキャンペーン」が開催されます。8月1日(水)〜9月3日(月)の期間中、「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」か「プロサッカークラブを

ブログ内検索

RSSフィード

リンク