ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説海外タイトル: Dragon Ball Z: Idainaru Dragon Ball Densetsu
発売日: 1996年5月31日/1997年6月20日(サタコレ)
開発: トーセ
販売: バンダイ
機種: セガサターン
ジャンル: アクション
価格: 5800円/2800円(サタコレ)
製品番号: T-13305G/T-13317G(サタコレ)

全8話。人気アニメ「ドラゴンボールZ」を題材にしたアクションゲーム。サイヤ人襲来からブウ編までのストーリーを、原作通りになぞっていく。分類的には格闘ゲームに近く、最大3人対3人で入り乱れて戦うのだが、非常に独特なゲームシステムになっており、ダメージの入り方など理不尽なところも多い上に長期戦になりやすく、売りの簡単操作がかえって仇になっている感もある。

参考サイト
ドラゴンボール考察所



ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説非常に独特な戦闘システムになっており、攻撃を当てて画面下のパワーバランスゲージの押し合いをします。このゲージが振り切れると、振り切った側がチェーンヒット必殺技を出すことができます。相手にダメージを与えることができるのは必殺技だけで、通常のバトルによるHPの削り合いは全く無い。大体必殺技を3回当てれば倒れます。操作自体は非常にシンプルです。基本的に戦闘で使うボタンは、上ボタン(敵に近づく)、Yボタン(気をためる)、Aボタン(ガード)、Bボタン(格闘攻撃)の4つ。一応Cボタンで気功弾による攻撃もできるのですが、気功弾を当てても全然ゲージが押せないので、正直気の無駄遣いなだけです。

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説基本的な戦術ですが、相手の攻撃をガードして様子を見つつ、相手が気功弾を出そうとしてきたり、気をためるモーションに入ると隙き出るので、そこで上+Bの打ち上げ攻撃からのラッシュ攻撃をする。ラッシュの途中で上+Bを入力すれば連続攻撃になり、ハイコネクトを稼いで大ダメージを与えることができます。投げがないのもあって、ガードしておけばどんな攻撃も防げるので、ゲージを押されることは100%ないです。ただし、強い敵にはカウンターされることも多いので、ヒットするまで耐えましょう。

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説とはいえ、ただたんに勝ち進めばいいというわけでもなく、Zポイントというのがエンディングに関係してきます。これは、原作通りの展開になるともらえるポイントで、例えばフリーザにクリリンが倒されて悟空が超サイヤ人になるみたいな感じ。これに関しては、上記参考サイトに条件が出ているのでチェックしてください。とはいえ、800点満点中450点以上を取れば真のエンディングなので、そんなに高いハードルではないです。

ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説というわけでエンディングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク