ハートビートスクランブル

ハートビートスクランブル

ハートビートスクランブル発売日: 1996年9月6日
開発: 日本メディアプログラミング
販売: イマジニア
機種: セガサターン
ジャンル: 恋愛シミュレーション
価格: 6800円
製品番号: T-15014G

パッケージはアニメ絵ですが、中身は実写の恋愛シミュレーションゲーム。何もかもがB級といった出来です。



ハートビートスクランブル一応シミュレーションというジャンルではあるが、かなり大雑把な作りで、パラメータは体力のみな上に、別に体力がゼロになっても特別デメリットもないという(バイトが失敗してバイト代が減るくらい)。学校で授業を受けて、中間試験や期末試験などもあるが、別に成績が悪かろうとこれもデメリットが特にありません。ときメモや卒業のようなものを期待してはいけない。つまり、攻略もへったくれもない。

ハートビートスクランブル1年1学期
主人公は病院の院長の一人息子というセレブで、浦野さやかという彼女のいる高校一年生。ギャルゲーをプレイするほとんどの人間にはとても共感できそうにない勝ち組の男である。で、これがその彼女。うん、まあ、これならw。彼女の父親は「メカドック」という店でバイクの販売と修理をしている。よろしく。バイトに明け暮れながら、ゴールデンウィークを利用して別荘に彼女を招待したり(余計なのが3人付いてきたが)、彼女がいるのに幼なじみにちょっかい出したり、メガネっ娘優等生の背中にサンオイルを塗ったりと、青春を謳歌する。あと、夏休みにバイクの免許を取った。

ハートビートスクランブル1年2学期
彼女いるのに、メガネっ娘優等生をデートに誘ったり、自宅で一緒に勉強したりしつつ、誕生日やクリスマスにはプレゼントを渡して、彼女に対してもしっかりとケア。バイク屋の彼女の親父さんから、中古のバイクを格安の9万円で売ってもらった。ラッキー?スケベで、彼女のバスタオル姿を拝んだりもした。幼なじみのしのぶちゃんが、親友の徹と付き合っていることが判明。

ハートビートスクランブル1年3学期
メガネっ娘優等生の里美ちゃんに誕生日プレゼントでペンダントをあげる。すると、里美ちゃんの方から告白してきました。何の後ろめたさも感じずに即OKしてしまう主人公。というか、里美とさやかは友達なんだから、里美もそういうの承知で告白してきたってことですから彼女も大人しそうな顔して大したタマです。さやかの家で、平気な顔して3人で期末試験の勉強してるしなあ。

ハートビートスクランブル2年1学期
さやかと里美の二股をしっかりキープしつつ、病院の女医やナースにも手を出し始めるゲス男。親友の彼女でもある幼なじみとも、逢瀬を重ねております。

ハートビートスクランブル2年2学期
修学旅行や学園祭で盛り上がりつつ、週末は峠で単車を転がす日々。そこで出会った真っ黒いポルシェに走りで挑むも負け続け、最後はクリスマスイブでの勝負で転倒して病院送りに。冬休みを丸々病院で過ごすことになったものの、看護婦の恵子さんといい感じに。

ハートビートスクランブル2年3学期
前世では看護婦の恵子さんを狙って失敗したので、今回は親友の彼女であるしのぶを寝取ってみようと思う。

ハートビートスクランブル3年1学期
夏休みにみんなで海に出かけたが、しのぶの奴は徹とベタベタ。こんな状態でこの女を落とせるのだろうか?。かなり不安だ。とりあえず、さやかの家族旅行に付き合って、彼女の水着姿を拝んで我慢しておいた。保険もかけておかないとな。

ハートビートスクランブル3年2学期
体育祭の実行委員になったしのぶの手伝いをしたり、試験勉強を一緒にしたりと、しのぶとの距離が多少は縮まってきた感じはある。しのぶの誕生日に奮発してペアウォッチをプレゼントしたりもした。そんな中、新年早々に、通っている剣道場の師範の息子さんが、強盗事件で殉職してしまうという暗いニュースが飛び込んできた。

ハートビートスクランブル3年3学期
唐突にしのぶからデートに誘われていいムードに。そして、バレンタインでチョコレートゲット!。卒業後にそのまま付き合うことになったらしい。いくらなんでも急展開すぎてポカーンだし、親友の彼女を寝取ったにっしてはあっさりしすぎ。エピローグの様子だと、徹との友人関係は続いているようだし、これもう分かんねえな。

ハートビートスクランブルというわけでエンディングです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク