お嬢様特急 日本の車窓から 山口星奈編

お嬢様特急 日本の車窓から 山口星奈編


お嬢様特急(本記事)

「お嬢様特急」をストーリーを追いつつプレイ。メインヒロインっぽい山口星奈狙いで。

たった1度しか運行されない超特別列車ヴェガ……。各駅に24時間ずつ停車しながら15日で日本を縦断していくんだ。オレは今この列車に乗ろうとしている……。なんか、凄くワクワクするな。一体どんな旅になるんだろう……。車内にはオレと同じ旅人が一杯いるだろうから。友達を作るのも悪くないかもしれない……

お嬢様特急

とりあえず、自分の個室に行ってみようとしたら、乗り遅れそうになっていた女性が俺を呼び止め、手荷物をこっちに放り投げて、飛び込んできた。随分とがらっぱちな女だが、結構可愛い。山口星奈という名前だった。

お嬢様特急

札幌駅に着いたので星奈の明日の予定を聞きに行くと、テレビ塔のある大通り公園に一緒に行こうという話になった。翌日約束の時間にテレビ塔へ。周辺を散策していたが、夕日を眺めている星奈が、俺の話にも上の空。悩みでもあるのかと尋ねるが、そんなことないと言ってムッとしてしまう。それ以上は聞かないで欲しいと言われたので、これ以上詮索するのはやめた。

お嬢様特急

特急は札幌を出発。気分転換に娯楽車へ行ってみたら、星奈が山盛りのコインを抱えて遊んでいた。せっかくなので一緒にスロットで遊んだが、星奈は大当たりを連発していた。コインを床に落とした星奈がそれを拾おうとして、胸元がチラッ。覗いているのがバレて殴られた……。その後、スロットを楽しみつつも、目的地である松本の話になると顔を曇らせてしまう星奈に
「星奈のこと、心配なんだよ……」
と、再び理由を聞き出そうとしたが、結局はぐらかされて教えてはもらえなかった。

お嬢様特急

青森では、星奈と青森にもあるというベイブリッジへ行く。今度一緒にドライブに来ようと言われた。

お嬢様特急

仙台では、星奈と一緒に定禅寺通りへ行くことになった。人ごみにもみくちゃにされて星奈と急接近。

お嬢様特急

翌日、展望室へ行くと、プロレス中継を見ながら興奮している星奈がいた。一緒に応援しようと言うので、星奈の隣に座る。星奈は興奮のあまりソファから落下。俺の上でマウント状態になった。残念ながら、いい雰囲気になったところで車掌さんが登場。星奈に電話が入っているので呼びに来たようだ。気になったので聞き耳を立ててみる。母親に戻るように言われているようだが、星奈はきっぱりと拒否。
「我慢できないよ。あいつに会って一言いってやるんだから」
と気になることも言っていた。星奈が電話を切ったので、見つからないように離れようとしたが、バケツを蹴飛ばしてバレバレ。星奈は当然カンカンだった。

お嬢様特急

客車では泣いている星奈の姿が。放っておいてと言って逃げ出そうとする星奈の腕を掴んで引き戻したら、その勢いでブチューっと。ようやくしおらしくなった星奈に涙の訳を聞くが、今は気持ちの整理ができていないから東京まで待って欲しいと言われる。

お嬢様特急

東京駅に到着。夕方に待ち合わせの横浜の教会に到着。結婚式があったようで、星奈はウェディングドレスにときめいている様子。教会の中に入り、二人でバージンロードを歩く。
「汝は、山口星奈を生涯愛し続けることを誓いますか?」
と結婚式の真似事を星奈が始めたが、さすがに恥ずかしくて返事できないでいたら、星奈が更に念を押してきたので
「ええっと…は、はい!誓います!」
と宣誓してしまった。次に要求されたのが誓いの口づけ。本気にしてキスしようとしたら、冗談だと言われてガッカリ。しかし、星奈にいきなり抱きつかれ
「お願い……私のこと嫌いじゃなかったらしばらくこのままでいて……」
と言われたので、そっと抱きしめてあげた。ここでネタバレ。星奈は松本にいる父親に会うためにこの列車に乗っていた。父親は小学4年の時に母と離婚して以来全く音沙汰がなかったそうだ。それが突然、手紙で「会いたい」と言ってきたのだとか。星奈は父親が家族を捨てた理由を知りたがっていた。そして、俺は星奈と今度こそ誓いの口づけを交わしたのであった。

お嬢様特急

星奈の目的地である松本に着いたが、星奈は俺に黙って電車を降りてしまっていた。翌日、電車が出発という時になって星奈が姿を現した。黙って降りたのは、別れが言いづらかったからだと言う星奈。
「……星奈のこと、絶対忘れない」
そう俺は星奈に別れを告げる。

お嬢様特急

ついに終着駅の夢の崎に到着。電車から降りると、そこに星奈の姿があった。俺は星奈に告白し、俺達は正式に付き合うことになったのであった。

お嬢様特急

エンディング

お嬢様特急

あれから5年。やけに女っぽくなった星奈に「変わったな」と言ってみるが、俺を好きになった事以外は変わっていないと否定しながら、俺に口づけしてくるのでした。

(おしまい)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク