スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エターナルアルカディア 第5章「蘇る古代文明大陸」後編

エターナルアルカディア 第5章「蘇る古代文明大陸」後編


第5章前編はこちら



エターナルアルカディア

ダングラール基地から持ち出した大雲海潜航仕様書を元に新型エンジンを開発。これで大雲海での航行が可能となった。そして、ガルシアンの不穏な行動を知ったエンリックは、次の航海を最後にバルアヘ戻ることを決意した。

エターナルアルカディア

大雲海の海底でファイナの小型船の回収に成功。これで、エンリックとファイナとはお別れということになる。

エターナルアルカディア

感傷に浸る間もなく、デ・ロッコの旗艦カミュレオンが襲ってきた。デ・ロッコは鎖で船同士をつなげ肉弾戦を挑んできたが、パワーではデルフィナスの方が一枚も二枚も上手であった。憐れ、デ・ロッコは大雲海の藻屑と消えた。

エターナルアルカディア

エンリックを船乗り島へと連れて行くが、船乗り島で黒の空賊バルボアの手荒い歓迎を受ける。しかし、デルフィナスの前に空賊船など赤子同然であった。

エターナルアルカディア

エンリックとの別れ。
「船酔いすんなよ!」
と、明るく見送ってやった。

エターナルアルカディア

三日月島では、ギルダーとクローネも混じえて、ファイナの送別会が行われた。

エターナルアルカディア

と、そこへ爆音が轟く。アルマダが攻めてきたのだ。アサシンの部隊は倒したものの、そこへラミレスが登場。5つの月晶を渡すように要求してきた。
「渡せるものか!」
と、当然その要求を突っぱねたが、圧倒的な力の前に敗れ去り、月晶は全て奪われてしまった。ラミレスは、当初はバルアを利用して月晶を集めようとしていたが、そこで人間の醜さと愚かさを知った。人間は、力で世界を征服しようとしているガルシアンのような人物に支配されてしかるべきと考え、手を貸しているのだそうだ。さらに、かつての滅びの雨を降らせたのが、銀の文明の民であるという驚愕の真実も告げられた。そして、ファイナの体の中にある銀の月晶を奪おうとするラミレスだったが、ギルダー達がそれを阻止。ラミレスは一時退却した。

エターナルアルカディア

廃墟と化した三日月島を前に呆然とするアイカを
「勝負はこれからさ!」
と励ましてやる。一方、ファイナの心の傷は深く、一人にして欲しいと言われてしまう。
「……わかった」
と、今はそっとしておいてあげた。しかし、復旧作業に励むクルー達の姿を見て、再び勇気を奮い立たせたファイナは、俺達と一緒に銀の大神殿へ行って欲しいと提案するのであった。
「あったりまえだろ!」
そして、話を聞いていたギルダーも仲間に加わることとなった。その頃、バルアへと戻ったエンリックは、母親に国の方針を改めるように進言するが、テオドーラは、ガルシアンの求めている力を我が物にするため、あくまでも徹底抗戦の構えであった。武力行使でそれを阻もうとするエンリックだったが、ガルシアンの使者として送り込まれてきたベレーザによって阻止されてしまう。そして、ガルガンチュア要塞に閉じ込められてしまったのである。

エターナルアルカディア

ファイナの小型艇で銀の大神殿へと乗り込む。

エターナルアルカディア

長老達との御対面。ここで記憶の間に転送され、過去に起きた真実を知らされた。

エターナルアルカディア

かつて、この世界には6つの文明が栄えており、銀の民はその一つアトランティア大陸で暮らしていた。しかし、それぞれの文明はギガスを作り出し、覇権を求めて争い始める。人間の愚かさに絶望した銀の民はジェロスを作り、諸悪の根源である人間を無に戻し、世界を一から作り直すために「滅びの雨」を降らせたのであった。その後、ジェロスは封印され、アトランティア大陸と共に、大雲海の底へと沈められたのだという。

エターナルアルカディア

ファイナとラミレスに月晶を集めさせたのも、再び滅びの雨を降らせるのが目的であった。そして、俺達にも協力を求めてきた。
「ふざけるな!」
勿論、答えはノーだ。そしてファイナも、長老達の考えに異議を唱えた。

エターナルアルカディア

そこへガルシアンが登場。そして、ラミレスによって、大長老の体内にあった銀の月晶が奪われてしまう。高笑いしながら消え去ったガルシアン達を追って、俺達もアトランティア大陸へと急いだ。

エターナルアルカディア

ダングラール基地へと潜入。大艦巨砲キャノンという新たな武器を手にしたビゴロが立ちはだかったが、苦戦の末にこれを撃破。敗れたビゴロは、一番いい女を手に入れる資格があるのは一番強い男だと言って、潔くアイカを諦めて立ち去っていった。

エターナルアルカディア

基地の奥でガルシアン達を発見。二人は今まさに、銀のギガス「ジェロス」を復活させようとしているところだった。

エターナルアルカディア

それを阻止しようとする俺達の前に、アトランティアの衛兵ラプラタヌスが現れた。

エターナルアルカディア

どうにかラプラタヌスを倒したものの、時既に遅し、ジェロスは復活してしまった。そしてガルシアンは、アトランティア大陸の浮上をジェロスに命じる。俺達は、崩れゆくダングラール基地から命からがら脱出した。

エターナルアルカディア

アトランティア大陸が浮上し、その上空にあった神殿島と合体した。神殿島はアトランティア大陸の一部だったのである。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。