ストリートファイターZERO

ストリートファイターZERO

ストリートファイターZERO海外タイトル: Street Fighter Alpha: Warriors' Dreams
発売日: 1996年1月26日
開発: カプコン
販売: カプコン
機種: セガサターン
ジャンル: 対戦格闘
価格: 5800円
製品番号: T-1206G

同名アーケードゲームの移植版。社会的ブームとなった「ストリートファイターII」に続くシリーズ作品で、当初はIIIまでの繋ぎとして作られたようだが、好評につきシリーズ化されている。「ファイナルファイト」からもキャラクターが参戦しており、クロスオーバー的な要素もあった。

参考文献
ストリートファイターゼロ ザ・コンプリート2 コンボマスター(講談社)



ストリートファイターZEROエンディングでスタッフロールまで見れるのは、CPUのレベルが6以上からで、操作はマニュアルじゃないとダメ。他はいじっても大丈夫なので、ラウンド数を1、ダメージを最大にした。これなら下手でも運良く勝てることもある。

ストリートファイターZERO使用キャラクターでラスボスは変わるが、リュウだとサガットがラスボスとなるが、特別な条件を満たすとラスボスが豪鬼になる。条件は、1P側なら1Pカラー、2P側なら2Pカラーにし、CPUレベルを5以上にする。そして、スーパーコンボフィニッシュを10回以上決めて、ノーコンティニューで8人目に到達すること。ただし、豪鬼を倒すとエンディングは拝めないらしい。

ストリートファイターZEROというわけでエンディングですが、この最後の家庭用版専用グラフィックは、CPUのレベルで変化します。最高難易度の8をノーコンティニューでクリアすると、リュウとケンのグラフィックが見れるようです。面倒なのでそこまではやらん。


スポンサーサイト

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~発売日: 1997年4月4日
開発: グラムス
販売: グラムス
機種: セガサターン
ジャンル: シミュレーション
価格: 6800円
製品番号: T-17402G

マクロスの美樹本晴彦氏がキャラクターデザインを手掛けたことで知られるシミュレーションゲーム「QUOVADIS」の続編。続編ながら、ゲームシステムは別物と言っていいほどに変更されており、前作はターン制のシミュレーションゲームだったが、今作はリアルタイムシミュレーションゲームに、艦隊戦だったのがロボット戦になっています。本格的なアニメムービーがふんだんに取り入れられるなど、かなり金のかかってそうな作りであったが、そのせいで開発したグラムスは、この作品を最後に倒産してしまった・・・

参考文献
QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~ パーフェクトガイド(ソフトバンク)



QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~全体的にリッチな作りだが、肝心のゲーム部分はチープですw。自分はこの手のゲームは好きなので、このチマチマ感がたまらないのだけど、攻略に関しては、敵の行動パターンが一定なので、先読みして潰していけばいい。部隊が突出したりしないように気をつけていれば、そんなに難しくはない。やることは移動先の指示と特殊武器の使用くらいなので、この手のゲームとしてはとっつきやすいとは思います。レビューで事前に分かってはいたが、噂通りにスナイパーが最強でした。

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~このイケメンがラスボスのディオン。最後はオヴァンとの一騎討ちとなる。

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~ディオンを倒してクリアできました。最後はかなり長いアニメムービーが流れますが、いろいろと悲しいことになっております。最後の最後には、前作の主人公だったハルも登場する。

QUOVADIS 2~惑星強襲オヴァン・レイ~というわけでエンディングです。さすがに声優陣も豪華ですね。


実況パワフルプロ野球'95 開幕版

実況パワフルプロ野球'95 開幕版

実況パワフルプロ野球'95 開幕版発売日: 1995年7月28日
開発: コナミ
販売: コナミ
機種: セガサターン
ジャンル: スポーツ(野球)
価格: 5800円
製品番号: T-9502G

人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」シリーズの1995年度開幕版。

参考文献
実況パワフルプロ野球'95 開幕版 Jリーグ実況ウイニングイレブン 完全攻略本(徳間書店)



実況パワフルプロ野球'95 開幕版エンディングを見るにはペナントレースではなく、シナリオモードを全てクリアする。シナリオモードは難易度設定などができず、走塁や守備はマニュアルだし、ミートカーソルもロックオンにできません。難易度的には、最高難易度の横浜ベイスターズ「奇蹟を呼べ!」がやはり難所です。5回裏からのスタートなので、猶予があるとはいえ、6点差をひっくり返さなければなりません。横浜の打線がいいのが救い。次いで苦労したのが、西武ライオンズのシナリオ。8回スタートで3点差をひっくり返さなければいけません。打順的にも苦しいし、清原は絶不調だし。ピッチャーは、やはりフォーク最強ですね。

実況パワフルプロ野球'95 開幕版最後の日ハムシナリオも難易度4と高いが、とりあえず1人ランナーを出して、田中幸雄かデューシーの一発が出れば勝てる。ちなみにPS版のシナリオはSS版とは異なり、どのシナリオも好きなチームでプレイできる。そっちの方が絶対楽しいし、難易度も低そうで羨ましい。

実況パワフルプロ野球'95 開幕版というわけでエンディングです。


ブログ内検索

RSSフィード

リンク